今を生きるためのBlog

東京在住、現在28歳のBlog。仕事で関係する中国、米国公認会計士の話題をはじめ、日々の思いを綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

AUDは何故難しいか

2005年07月17日 | CPA・日商簿記
飲み友達でANJOに通う友人から、5月に受けたAUD(監査)が不合格だったとの連絡があった。彼は昨年の時点で残り3科目に合格しており、残り1科目で2回つまずいたことになる。

CPA4科目のうち、AUDが一番難しいと考える受験生は多いのではないだろうか?実は自分もそう思っている。何が難しいか正確に言うと、勉強しても点数が伸びにくいのだ。現に自分はCPA試験を3回受けたが、3回全て受けたのはAUDだけだった。1回目は60点台半ば(詳細は忘れました)、2回目は74点、3回目は77点。相当勉強したのに77点というぎりぎりの点数での合格だった。

難しい理由として「より実務に近い内容で、監査の実務経験がない人にはとっつきにくい内容だから」という意見を聞いたことがある。でも自分の感覚から言えばこうは思わない。逆に内部統制や実証テストなど監査の現場が垣間見えた気がして為になった。少なくとも、FARE(財務会計)の膨大な量、REG(税法)のややこしい数字の暗記などと比較すれば理解しやすい科目だったと思う。
ではなぜ難しいのか?2つほど思い当たる点がある。

1.計算問題がない
よく言われることだが、米国人は計算が苦手である。義務教育での数学のレベルは日本人の方が格段に上をいく。FAREの計算問題が簡単な計算に留まっているのも、米国人の数学レベルを考慮してのことなのかもしれない。FARE、REG、BEC、全ての科目には数字が出てくるが、日本人にとってはややこしい計算問題はない(一部AUDでもPPS SAMPLINGが出題されるが)。こうした問題は米国人にとってはいっぱいっぱいなのかもしれない。その代わり、彼らは暗記項目には強い(母国語であるから当たり前のことかもしれないが)。AUDは計算がない以上、暗記に頼る部分が多く、日本人は相対的に点数が伸びにくいのではないか?
CPA試験は絶対評価であり75点を取れば合格と言うが、ANJOが出している合格率を見る限り、どの科目も均衡している。自分が推測するに、何だかの形で相対評価が加味されているのではないか。

2.出題範囲
これはANJO以外の受験生にはあてはまらないかもしれない。ANJOの竹下先生は人気講師の一人であり、確かに授業は分かりやすい。しかし、彼の授業を何度か聞いてきて思う点が1つ。それは、彼がREVIEW・COMPILATIONの後(テキストで言うと第7章)は合否を分けるほどの分野ではないので、あまり力を入れなくて勉強しなくて良いとアドバイスする点。第7章のOTHER SERVICE AND REPORTSは確かに監査ではマイナーな部分かもしれない。しかし自分の経験から言うと、ここもしっかり出題される。第6章までを完璧にこなしていれば受かるという竹下先生のアドバイスは現在の出題を見る限りは時代錯誤だと思う。むしろこの第7章とシミュレーションがカギを握るのではないだろうか。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のれん代の一括償却を禁止 | トップ | 講演するということ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (vivi)
2005-07-18 10:30:19
始めてコメントさせていただきます。



米国人が数字に弱いというのは本当です。

その代わり彼らは理論には強いから問題でも計算問題より文章問題のほうが難しいです。英語での表現でも英文慣れしていない外国人にはすぐに理解できないものもあったり、。



AUDは難関なんですね 覚えておきます~。
やはりそうですか・・ (zhuoshi)
2005-07-19 12:22:29
AUDはまさしく理論なので、点数が伸びにくいのでしょう。

そう言えば、留学する際に勉強するGMATでも、日本人は数学についてはほぼ満点を取れるそうですね。他の分野が相当厳しいようですが。
Unknown (vivi)
2005-07-19 19:30:52
学校では数学成績下位に近いぐらい数学嫌い+補習組だった私ですが 米大の統計学クラスでは毎度A+。日本人の数学世界基準はかなり高いと実感しました。 AUDにはまだまだ手が届いていないのですが 今から覚悟しておきます。
鋭い分析と思います。 (たら)
2005-08-02 10:34:12
私も、監査がなぜ点数が伸びないのか、不思議に思っておりました。大変鋭い分析をなさっておられ、感心しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL