http://www.威哥王効果.com

http://淫インモラル媚薬.com

本気で好きになった人 2

2017-04-25 15:57:44 | 時事通信
【女性側の画面には今日の誕生日の男性って載っているんですよ、

最近 いろいろ悩んでいて、ここで色々な人に話聞いてもらったりしていたん

だけど、なんか面倒になるみたいで続かないんですよ、真田さんのプロフを

見て良い感じの人かなと思ってメールしました。】 と返信が有った。



真田は、女性からメールがくる事なんて初めてだし多少は仲良くなれるかと

思って、ここで色々な話しを聞いた。

麗子はシングルマザーの32歳で子供が3人、仕事は整備工場の事務、週末は

スナックでバイト、半同棲中の彼氏36歳がいる。




その彼氏が、酒癖が悪く最近暴力を振る、嫉妬からバイト先の店に来て迷惑

を掛けるし、お金も持っていくし、別れたいらしいが、その話をすると暴力

を振るわれるから怖い、どうしたら安心して別れる事が出来るか悩んでいる

そんな感じだった。



そんな話を何度もメールでやり取りしていたが、【ポイント大変でしょう

ラインしていたら、そっちで話しません】と言う事で次の日からはラインで

話した、そのうちラインももどかしくて お互いの電話番号を交換して。




何日も同じ様な内容の話なんだが、彼氏対策を場面場面でアドバイスを

していた、そのほか生活も苦しいから時々ここで出会えた人に果物や野菜を

もらったりしている、そんな事も麗子は正直に話した。

そう言えば、サイトの望む相手の所に、話が分かって余裕のある人 みたい

な事が書いて有った。



最初にメールが有ってから約1ヶ月半位経った頃、一度会って見ないかと

提案してみた。

会う日は2週間後半同棲中の彼氏が出張の日そう決めた、それまでの毎日

昼休みには電話をして、今日はどうだったとか明日はどうしようとか真剣に

麗子の悩みを聞いていた。



麗子と初めて会うその日、指定の場所へ 向かった、入り組んだ住宅地だっ

たので、なんとかその場所へたどり着き待っていると、高いヒールの靴を履

いた黒いコートの女性が1秒間に一歩、そのくらいゆっくり車に近づいて来

た。



住宅地の街灯に照らされたその女性は、やや茶髪のロングヘアー、浅野温子

に少し似ていて とても綺麗な人で、夜の店が似合う感じの人だった。

事前に車番を教えておいたから 直ぐ助手席側その女性は廻った、

窓を開けお互いを確認、そして何時もしているドアロック解除。



麗子があまりにも綺麗過ぎて、この後怖いお兄さんが物陰から出てくるんじ

ゃ無いかと真田は少し思った。綺麗過ぎて緊張はしていたが今までラインや

電話で話して来たので、話す事は出来た。



車を出しながら、最初からホテルなどと全く思っていなかった真田は

【麗子さんの行きたい所に行きますよ】と言うと。

麗子は【ホテル行きませんか、男の人は行きたいんでしょう】

【いやいやほんと 俺は麗子さんが行きたい所でいいよ】

【人目につきたく無いしゆっくり話したい】と麗子は言いながら車の進行方

向を指差した。
男根増長素
蟻力神


【近いから ライズにしましょう】と麗子は言った。

ライズは知っているホテルだ、真田はそれでも【いいよ行きたいなら行く

けど、したく無かったら俺は何もしないよ】そう言うと真田はライズに向か

った。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イケメン年下男子に壁ドンさ... | トップ | 女の体を理解してほしい »

時事通信」カテゴリの最新記事