続・老鼠和猫的愉快的日子

中国生まれの鼠(♂)と日本生まれの猫(♀)が出会って・・・♪
鼠猫が生まれて♪

大阪観光

2017-06-11 00:22:25 | 旅行
やっと終われそう、冬の旅日記。

左・中:伊賀のバス停のトイレの表示、かわいいですよね。
右:大阪行きのバス。忍者ライナーだっけ。
大阪での目的地は大阪城。ヤンヤンと二人NHKの大河ドラマ「真田丸」にはまって見てたので、すぐに「大阪城行ってみよう!」って決まりました。猫は2回目だけど行ったのはかなり昔なので、初めて行く気分。

大阪に着いたとたんヤンヤンが「あれ乗る!」指さすは駅の近くの観覧車。
中:まぁ、こんだけがっつり景色を眺めてくれれば勿体なくはないよね。
右:大阪城のお堀の中もとりあえず覗いてみる。

左:いい天気で、観光客もいっぱい。海外の人も多くて、天守閣の入場券買うのも入場するのも結構並びました。
中:猿回ししててヤンヤン大喜び。
右:お城の井戸も覗いてみる。余すところなく見学するヤンヤン、連れて行きがいがあります。
天守閣の中では「あっ!六文銭!六文銭!」と太閤さんそっちのけで幸村さんの展示に吸い寄せられるヤンヤン。

お城から出ると今度は大道芸人トルマリさんに釘付け。お正月だからかこの後も行く先々(神社)で猿回しやってて、ヤンヤン大喜び。

左:夕方の大阪城もきれいですね。
中:こんな方もいらっしゃって、もちろんヤンヤン吸い寄せられます。
右:出世しますように・・・太閤さんそっちのけだったから無理かもよ。

左:帰りに大阪駅近くのお初天神によって。
中:またまた焼き鳥食べて・・・酔っ払ったおっさんみたい・・。「美味しい~幸せ~」の図なんですけどね。
右:この夜行バスで帰りました。
終わった。夏前に終わってよかった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

伊賀でお正月

2017-05-28 01:46:23 | 旅行
ゴールデンウィークの二日後、職場でくしゃみを3発したら・・・9年ぶりに腰椎間板飛び出ました。ヘルニアで貴重な有給休暇を何もできないまま4日も使ってしまいました。なんとか普通に歩けるようになりましたが、まだまだ痛いです・・・夕方になると体の色んな所が疲れすぎて熱出るし、つらい。でも、猫が動けない間にヤンヤンが成長しました。洗濯やら風呂掃除やらできるようになり、猫の杖代わりになり、本当に助かりました。
ゴールデンウイークのことも書きたいけど、まだ冬旅行が終わってない・・・。

京都から伊賀に帰って29日から2日までは伊賀でまったりゆっくり過ごしました。

左:家でこんなことしたり・・
右:大晦日には温泉でゆっくり。
もっと遊べばよかったと今更ながら思いますが、名古屋と京都旅行で疲れてて、ゴロゴロゴロゴロ・・・。猫に大掃除をしてもらおう!と思っていたらしい老鼠の期待も裏切って、なーんにもしませんでした。
そして2日の朝老鼠にサヨナラして、バスで大阪に向かいました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

嵐山

2017-05-01 00:06:46 | 旅行
5月になっちまいました・・・うん、夏までには書き終わろう、冬休みの思い出

京都2日目は前日の雨が雪に変わり、寒い寒い。ホテルで朝食を食べた後、近所を散歩したい猫ヤンヤンにふられます「お母さん行ってくれば~。僕テレビ見てる。」・・・ここはヤンヤンの成長を喜ばねば。ええ、一人で行きました、近くの神社までお散歩。
猫がお散歩から帰ったら、ホテルでまたバスの1日券を買って嵐山へGO。途中で車折神社によりました。目的は車折神社の中にある芸能神社。

左・中:ヤンヤン真面目にお参りしてます。1月にヤンヤンが通ってるダンス教室に地元のテレビ局が取材に来て、ダンスする様子がテレビに出るってことで「失敗しませんように~」とお願い。この後周りに誰もいなかったので神様の前でダンス披露して帰りました。ご利益があったのかテレビカメラの前でもカッコよく踊れました
右:たくさんの芸能人の方の玉垣。

ヤンヤンには嵐山の景色を楽しむなんてことはまだ早かったようで・・・はい、食べずにはいられないアイスクリーム。雪がちらつく寒さだろうがアイスクリーム。1年中アイスクリーム。猫も暖かい室内でなら食べたいアイスクリーム。でもヤンヤンは場所も気温も関係ない。

左・中:その後嵯峨野の竹林&野宮神社へ。いいですよねこの雰囲気。田舎でさんざんタケノコ掘ってるのに、竹林なんて珍しくないのに、京都で見るとどうして素敵に見える???人が少ないとき狙って写真撮りましたが、この日も外国からの旅行客でいっぱいでした。
右:野宮神社は縁結びの神様って書いてました。ヤンヤンに可愛い彼女ができますように。猫は・・・そうね、職場でいい仲間に恵まれますようにかな。この鳥居が渋くて素敵。
この後本当は伏見稲荷にも行きたかったのですが、神社巡りに飽きてきたヤンヤンに却下されました。京都には結構行ってるのに、いまだ一度も行ったことがない伏見稲荷。いつ行けるかな?残念でしたが、ヤンヤンは今回猫のわがまま京都旅によく付き合ってくれたと思います。
伊賀への帰りのバスも乗客が少なくて「もう、お好きな席へどうぞ~」で、快適でした。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

錦市場

2017-04-08 22:25:44 | 旅行
今年もお花見しないまま春休みももう明日まで。ヤンヤンは3年生になります・・・早い!この時期の京都って桜できれいなんでしょうね。以前紅葉時期に嵐山に行って、背の低い猫はもみくちゃにされながら人の頭ばかり見て帰ったことがあります。それでもやっぱり行ってみたい桜と紅葉の時期の京都。

さて、京都鉄道博物館を満喫した猫たちはとりあえずホテルに向かいました。今回お世話になるのはリノホテル京都。便利な場所にあって、ツインで朝食バイキング付きで2人で9200円。いいじゃんいいじゃん、何なら2泊しちゃおうかなと思ったら翌日は同じ部屋でも30000円也あきらめました。そっか年末年始のオンシーズンになるからね~。12月25日~27日ってお得だと知りました。しかもホテルに着くと部屋が空いてるからと最上階のお部屋に同じ値段でランクアップしてくれて、とってもラッキー。

左:天気が良ければね~もっといい眺めだったんでしょうけど。
中:浴衣じゃなくてこんなパジャマの方が助かります。
右:廊下。京都っぽいですね。
ホテルに荷物を置いて猫たちが向かった先は、錦市場。食べ歩き&お土産購入がしたかったんです。

左:唐辛子好きな猫、ここでラー油ふりかけ購入。おいしくていつもお弁当のごはんに振りかけてます。そんなに辛くなくてヤンヤンもお気に入り。
中:ここ何屋さんだっけ?和菓子?湯葉だったかな?ヤンヤンは冬でも食べたいソフトクリーム。
コロッケやらだし巻き卵やら買ってつまんで楽しかったです。そして外国からの旅行客が多いこと多いこと。
ふりかけにお菓子に湯葉にと、ついつい買いまくる猫にヤンヤンが「お母さん!買いすぎ!お買い物ストーップ!」叱られました・・・・


ホテルに帰って近くの焼き鳥屋さんで晩ごはん。猫はこの山芋焼いたのが大好き。ヤンヤンは焼き鳥が大好き。ヤンヤンは好みがおっさんです。猫が職場の飲み会に連れまわした結果、ファミレスより焼き鳥屋にしっくりなじむ小学生になってしまいました・・・。今日も「お母さんカルパス食べたい。」それつまみでしょ?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

京都鉄道博物館

2017-03-22 00:34:07 | 旅行
近所に木蓮を植えているお宅があって、毎年それが咲くのを楽しみにしてます。花の中で木蓮が一番好きかも。特に白い花が。

さて、伊賀に行っても老鼠は仕事なのでつまらない、どうしようかな~と思いながら何気に三重交通のHP見てたら目に入ってきた「京都行バス1000円キャンペーン」ヤンヤンと2人で往復しても3000円。うん、京都に行こう!
何ならホテルも見てみる、27日って安いじゃない、よし、泊まろう!ってことで京都へGO。
夜勤から帰ってきたばかりの老鼠にバス停まで送ってもらい、バスに乗り込みました。大きなバスに乗客は7人ほど。予約で席も決まってましたが「もう、好きなところに座っていいですよ~」と快適な旅の始まり。1時間半ほどで京都に着きました。
バスの1日乗車券を買って目指すは京都鉄道博物館。京都水族館でもよかったのですが、名古屋で水族館行ったばかりだし、男の子ならきっと鉄道関係喜ぶだろうと鉄道博物館を選んだ猫にヤンヤンは「え~っ!僕、鉄道興味ない。」
なんですと!でもほかのプラン立ててなかったので、無理やり強行実は猫が前から行ってみたかった。大人¥1200・小人¥500ですがバスの1日乗車券持ってると1割引きになりました。

左:京都駅。残念ながらお天気はいまいち・・・仕方ない、猫は雨女
中・右: ヤン「ここでご飯食べる~!」 食堂車のような処で新幹線弁当とマーボー丼。
 やっぱりこの形の新幹線がかわいらしくて好き。

さて、「興味ない・・・。」とほざいていたヤンヤン、お母さんほったらかして夢中です。ほら見ろ!楽しいじゃないかぁ。室内も見るもの満載です。

左:テラスからは走ってる電車も見えます。京都駅がすぐそこなので色んな車両が通過して楽しめますが、寒かった・・・。奥に見える五重塔がまたいい感じ。
中・右:おおっ!トーマスの世界だ~。
猫 「そろそろホテルに行こうか、で、どうだった?」
ヤン「めっちゃ楽しかった!」
うんうん、それはよかったよかった。猫は鉄道オタクではないけど、とても楽しめました。今回はバスの旅ですが、鉄道の旅がしたくなります。駅弁が食べたくなりました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加