処遊楽

人生は泣き笑い。山あり谷あり海もある。愛して憎んで会って別れて我が人生。
力一杯生きよう。
衆生所遊楽。

獺祭

2017-06-19 18:53:00 | 

友人より、” 純米大吟醸 磨き二割三分 ”を頂戴した。

名にし負う名酒である。昨今の酒好きは皆、目の色を変えて、もとい喉を鳴らして飲みたがる。

古い酒蔵が多いこの業界では、どちらかというと新進気鋭の部類に入るだろうか。

このネーミングは、カワウソが獲物を岸に並べた賑わいの如く、飲みつつ詩・俳句・散文に遊ぶ図を意図したようだ。粋ですね。

      

この図は、川端龍子が描く『獺祭』である。(旭酒造HPから)

       

酒とともに木箱に入っていた説明書きには ”二割三分"について大綱次のようにあった。

当初25%の精米で進めていたが、途中で灘の酒蔵が24%を市販していることを知り、6昼夜の精米日数にさらに1日をかけて実現させた。2000年元旦の正月絞りである。そこにさる海外の国から注文が寄せられたのだが、休日のため通関業務はアウト。結局社員が自ら手持ちで、そのさる国の元首級に持参したという物語である。

木箱を開け、有り難く戴いた晩は、梅雨の晴れ間の満月。しかも明日は休み。

     

 

それはそれは美味しく戴きました。

家人と二人、見え隠れする月を愛でながら。感謝。

 

 

ジャンル:
お酒・お茶
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 空飛ぶタイヤ | トップ | 愛の終着駅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL