処遊楽

人生は泣き笑い。山あり谷あり海もある。愛して憎んで会って別れて我が人生。
力一杯生きよう。
衆生所遊楽。

平塚七夕

2017-07-12 22:27:30 | 四季

故郷平塚の七夕。5年振りになろうか。

ここ数年、雨模様の年が続いたが、今年は期間中炎天下。

今年から期間が3日間に短縮され、模擬店いわゆる屋台も大幅に制限された。にも拘らずの大量の人出に驚く。

露店は、国道一号線の竹飾りのメイン通りから外れた一角に集められて、売り声、臭い、泣き声、嬌声が一段と賑やか.

願いごとが描かれた短冊がビッシリ。暑くなければ、寄っていちいちに読んでみたかったが・・・。 

金魚すくいやユーヨー釣りなど、時代の流れでどんどんヴァリエーションが増えている。

暑さ凌ぎのため、西口前の中華料理屋で冷やし中華。

ひとまず落ち着いたところで、友人宅に河岸を変えて小宴会。酒類のメインは、「富士山麓」。箱の中に美味しい飲み方の栞。

まずウイスキーを入れる。次に氷。スライス・レモンを置く。最後に炭酸を好みの量で、となる。

      

                                     

ご近所さんから戴いたとかで、めだか談義に花が咲く。

くろめだか。おととい子供が産まれたとかで、その世話に主は夢中らしい。一日一回でいい餌やりを三回も。水草や藻を変える。酸素を送る。エトセトラ。

タイプにノーマル、ダルマ、ヒカリなどがあり、種類には、アカメダカ、アオメダカ、キメダカ、、アオダルマ、チャダルマ、楊貴妃などがあり、最も高価なのが琥珀という。

近いうちに我が家にも分けて貰えそうで、どうしよう。死なせるわけにはいかない。責任重大だ。

かれこれ8年前になるが、メダカ、そのあとにグッピーも飼ったことがある。グッピーは小さいくせに傍若無人で、可愛いことは可愛いのだが、可愛らしさに欠ける。

いい加減に飽きて、池に開放したのだが。メダカは果して憎らしくならなかろうか。

 

 

『神奈川県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハクソー・リッジ | トップ | 太宰治記念館(斜陽館) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL