処遊楽

人生は泣き笑い。山あり谷あり海もある。愛して憎んで会って別れて我が人生。
力一杯生きよう。
衆生所遊楽。

空飛ぶタイヤ

2017-06-13 22:28:03 | 

著  者 池井戸 潤

出版社 実業之日本社

 

   

面白い。極上のエンターテインメント。

死亡事故を起こした小運送会社の社長が、汚名挽回、名誉回復に戦う姿。

文庫837頁。3cmの厚さと重さは、鞄に入れても手に持っても不都合。でも、ちょっとの間でも読みたい。「この先どうなってんの」

朝晩の通勤の1時間余、読んでいればラッシュが苦にならない。気にならない。立ち続けても。

人物描写がよい。性格と立場と物言いと一人ひとりが的確な場所に配置されている。「居る居るこんなの」

思うに、池井戸潤が描く世界は、かつての全共闘世代の共感を呼んだ高倉健の世界と二重写しになる。

耐えてこらえて我慢して。やがて最後に一挙の逆転。義理と人情。勧善懲悪。正義が勝つ。

ブログ主も愈々『水戸黄門』愛好世代か。嗚呼。

 

 

『本』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山陰旅行(松江・出雲・安来) | トップ | 獺祭 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
空飛ぶタイヤ/池井戸潤 (本と映画、ときどき日常)
読み応えありました~♪ ハードカバー上下段で500ページ余り。 トレーラーの走行中にタイヤが外れ母子を襲う。 そして母親が死亡。 原因は”整備不良”なのか…。 中小企業......