絶対合格

熱血塾教師35年+教育コメンテーターのオールマイティー井澤が 「受験」、「子育て」の成功法を公開!

このさとえ小人気はとどまることがない・・・・・(No.619)

2017年04月27日 20時50分43秒 | 受験・学校

先日(4/23)さとえ学園小学校の第2回学校説明会に出席してきました。

  ずいぶんたくさんの方々が参加されていました。下平校長先生によると前年同時期比で30%増しの出席者数とのことでした。素晴らしいです。このさとえ小人気はとどまることがないと思いますので、今年もさらに実質競争率が上がると予想します。そして、今の年中さんや年少さんが受験する頃にはもっと上がっているかもしれません。

  その証拠に例年お子様を預かってくれるのは年長さんだけでしたが、今年からは年中さんも預かってくれることになりました。これはお子様がまだ年中さんで入試まで1年余りあっても、さとえ学園小学校の説明会に参加される方が多くなってきたからだと思います。 

  つまり、用意周到な御父母様は早くから受験準備をされて確実に合格できるよう準備しているのです。そして、どうしても入学させたい私立小学校であるならば、早めに十分な準備をすることを強くお薦め致します。

 


この記事をはてなブックマークに追加

お受験教室の授業・教材はきっかけ?!(No.618)

2017年04月25日 14時26分27秒 | 受験・学校

 いやぁ~驚きました。(こんなに驚いたのは久々です。)

今まで他のお受験教室に通われていた御父母様から聞いたのですが、

 

某受験教室の先生:ここのお教室の教材だけでは受験勉強として全く足りません。お教室の授業は受験勉強の「きっかけ」でしかありません。だから、お母様が書店で問題集をたくさん購入し、ご自宅で計画的にやってください。それができたご家庭だけが合格していますから。

御父母様:お教室の教材の復習だけでは合格できませんか?

某受験教室の先生:はい、週1回60分授業の内容では全然足りません。

  これを聞いて、ビックリです。毎週通っているお教室の授業・教材が「きっかけ」でしかない。後はご家庭でやるもの。だから、合格・不合格も家庭の責任。そういう論法のようです。

 そのお受験教室の授業・教材だけでは足りないのなら、十分な内容の授業・教材をやるべきでしょう?!

 そこのお受験教室では不合格になると「不合格でしたか。お母様がご家庭で十分やって上げられなかったんですね。お母様が計画を立て、きちんとこなされた他のご家庭では合格していますよ。」こんなふうに言われるのでしょうか。

これはおかしいです。断じて間違っています。

 中高受験や大学受験の普通の塾・予備校ではそこの教材だけ全科目十分にマスターすれば合格できるのです。無論、赤本のような過去問集等の補助教材も必要ですが、基本は授業を休まず聞き、そこの教材を完全にマスターすれば、相当の実力がつき合格出来るのです。だから、「そこの塾・予備校の授業と教材がきっかけでしかない」というような塾・予備校はあり得ないと思います。

 ところが、くだんのお受験教室では自ら「このお教室だけでは全然足りません。きっかけでしかない。」と自己否定。こんなお受験教室、おかしいですよ。

 私は小学校受験でも、そこの塾・お教室の授業・教材を完全にマスターすれば、志望校に合格する力がつくというのが塾・受験教室の本来の姿だと思います。

 ですから、手前味噌になってしまいますが、ウエルストリームでは塾の授業・教材をマスターするだけで志望校に合格できるように組んでいます。だから、授業も年長クラスは週2回で1回2時間半もあるのです。

 ウエルストリームの卒塾生、たとえば、ウエルストリームからさとえ学園小学校へ進学した生徒さんのお母様に聞いてみて下さい。

「ウエルストリームの授業と教材で十分合格出来ました。」とおっしゃると思います。


この記事をはてなブックマークに追加

来年(平成30年)4月にスタートする新年少クラスの入塾受付を開始しました。(No.617)

2017年04月21日 14時31分07秒 | 受験・学校

  先日4/3から「年少クラス」が始まったばかりですが、

  来年(平成30年)4月にスタートする新年少クラスの入塾受付を開始しました。

  手続きされた方には手続き者限定の『入塾までの日々の過ごし方(子育てアドバイス)』を贈呈しています。そして、特典として授業開始まで日々、子育てについての相談を優先していつでもすることが出来ます。

 

  年々難易度が上がっているさとえ学園小学校は現在2~3歳のお子様が受験する頃にはさらにレベルアップしていると予想されます。そうすると、「準備期間が1年~1年半では確実に合格できない。」という時代がやってきそうです。そのとき慌てずにすむのは早くから準備を始めていた御父母様です。それはそうです。年少4月からさとえ学園小学校の入学試験(例年10/1)まで2年半も勉強しているのですから。

  年少から年中9月までの最初の1年半は週1回受験対策水曜(木曜)コースで学習習慣をつけ、年長からの高度な問題の土台作りをします。

  さとえ学園小学校入学試験のちょうど1年前となった年中10月からは週2回のさとえ絶対合格コースで高度な問題を短時間で正確に解ける力を養成し、さとえ学園小学校に確実に合格出来る力をつけています。

 

  先々を見通されている方々は既にスタートされています。

  お子様が勉強大好きになるウエルストリームで良きスタートをきりましょう!

 


この記事をはてなブックマークに追加

私の人生の高い目標の一つが尊敬する渡部昇一先生です。(No.616)

2017年04月18日 11時28分15秒 | 本と雑誌

昨日4/17午後、渡部昇一先生が逝去されました。86歳でした。

  数日前昇一塾(渡部先生の公式ファンクラブ)より治療に専念するためメールマガジンを休刊するとの連絡がありましたので陰ながら御快復を祈念しておりましたが・・・・本当に残念です。

  渡部昇一先生のようにいくつになっても、世のため人のために働き続け、社会貢献をしたいと思っておりました。人々に勇気と希望を与え、日本と日本人のあるべき姿を提言し続けてきたその姿は正に私の理想です。無論私など渡部先生の足下にも及びませんが、私の人生の高い目標の一つが尊敬する渡部昇一先生です。  

  数年前に「昇一塾」講演会に出席したとき、講演終了後に渡部昇一先生と名刺交換をさせて頂きました。そのとき「さいたま市で幼児教室をやっています。」と自己紹介したところ私のような者にまで「これからも未来を担う子供達に良き影響を与えてください。」と優しく励まして頂きました。本当に有り難き幸せでした。 

  渡部昇一先生のご冥福を心からお祈りするとともに多くのファンの一人として、渡部昇一先生の御遺志を継承したいと思います。

                                                                     合掌

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

『2歳の女の子です。頭の良い子に育てたいのですが、今からできることでお薦めはありますか?』(No.615)

2017年04月17日 20時33分51秒 | 受験・学校

 

 はい、いろいろありますが、すぐに出来ることでいろいろな効果がある「読み聞かせ」をお薦め致します。

 0歳~6歳(年長まで)の時期はお子様が夜寝る前に枕元で童話や物語の読み聞かせを毎日してあげましょう!

 

読み聞かせの7つの効用

1、まず、お子様にとって毎日読み聞かせをしてもらうときは、御父母様の愛情を実感として感じられるときなのです。読み聞かせで御父母様と一緒に過ごす時間はお子様にとって1日で一番貴重なひとときかもしれません。

ちなみに、愛情一杯かけて育てるとお子様は素直で優しい子に成長します。 

2、お話を毎日耳で聞くことにより、耳から情報を入れることに慣れます。

私立小学校の入学試験は問題・解答用紙に問題文が書いてありません。問題文や指示内容は肉声または録音再生で生徒達に伝えられます。ですので耳から聞いて理解する力が乏しいと合格出来ません。毎日習慣として読み聞かせをすると、耳からのインプットに慣れるので、耳を通したお話の理解力も上がります。

3、記憶力がアップします。

読み聞かせをするとき、お子様にはお話を聞きながら、お話のその情景を心の中で思い浮かべるように指導します。そうすると、お話を内容を理解するだけでなく、次第次第に記憶できるようになります。つまり、記憶力もアップするのです。 

、お話を読み聞かせることにより、国語力が養成できます。

昔話や童話の文章は当たり前ですが、日本語として正しい文章です。ですので毎日それを読み聞かせで聞いていると自然と正しい日本語の語順(文法)や語彙が身につきます。

読み聞かせを毎日してもらっているお子様は「わたし いきます とうきょうへ。」なんて決して言いません。勉強として教えなくても正しい文法が身についているからです。

5、昔話や童話は当たり前ですが、お話として優れています。お手本となる文章です。だから、昔話や童話をまねすることで自分でも良いお話を作れるようになります。これは私立小学校入試の「お話作り」や「生徒面接」で役立ちます。そして、入学後は作文力がある子になっていきます。

そして、作文力があるお子様は読解力も高くなります。 

6、読み聞かせする本を選ぶことにより、公徳心(道徳心)、常識、教訓、しつけ、などを楽しく学べるようになります。

7、読み聞かせをしていると文字に興味を持ち、お子様は自分でも本を読みたくなります。だから、文字を自分からすすんで憶えようとします。そして、本が好きになります。本が好きな子は読解力が上がります。すべての科目の基礎である力(読み、書き、文章構成力)がついて、学力が上がります。

読み聞かせはたくさんの効果があり、お子様を頭の良い子に育てる原動力ともなります。昔の人がやってきたことはやはり意味があるのですね。

是非毎晩読み聞かせをして上げて下さいね。


この記事をはてなブックマークに追加

星野学園小学校新1年生の御母様からこんなメールを頂きました。(No.614)

2017年04月14日 09時56分49秒 | 受験・学校

  先日星野学園小学校に入学したXさんの御母様からこんなメールを頂きました。ブログ掲載についてXさんのお母様よりご許可を頂きましたので以下紹介致します。

 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 こんにちは。

  土曜クラスでご指導いただき、星野学園小学校に入学しましたXの母です。

昨年度は大変お世話になりありがとうございました。

直接、お目にかかりお礼と報告をお伝えしたかったのですが、メールで大変失礼いたします。

  4月10日、無事に桜が満開の校舎で、中学生のお姉さん・お兄さんの拍手に迎えられ、入学式を迎えました。

  昨日から東大宮駅発スクールバスでの登校がはじまりました。

朝は東大宮改札口でシルバーの方に迎えられ、バス出発場所まで誘導していただいています。

  帰りは星野キッズ(学童)を最終時間まで利用し、スクールバスで東大宮まで送っていただいています。

  昨日は思っていたよりバスがやや早く到着し、私の到着までの間、同乗している星野学園の高校生のお姉さんと一緒に駅で待っていてくれました。教頭先生が「小・中・高一貫の良さ、中学生、高校生がとてもよく小学生の面倒をみてくれ、助けてくれますよ」とおっしゃっていましたが、登校初日から助けていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

  Xは「きょう、いちばんたのしかったのはママがいないときに、おねえさんとあるいたこと」と笑顔で話してくれました。今日からはキッズ携帯のGPS機能を活用して遅れないようにお迎えにいかなければと思っています。 

 星野キッズは4月3日から利用させていただき、他学年のお友達もできたようです。

共働きの我が家にとってはありがたいです。

 星野キッズの習い事には「プログラミング」を選択し、毎週水曜日はロボットを動かしたり、ゲームをつくったりするそうです。こちらも楽しみのようです。

井澤先生に星野学園入学のチャンスをいただけたことに感謝いたします。

  お礼と ご報告をしたく、長々と書いてしまいました。お忙しいところ読んでいただきありがとうございます。

 子どもたちの今を、そして未来をつくるすばらしいお仕事をされている井澤先生に出会えたことに本当に感謝いたします。どうぞお身体に気をつけて、これからもたくさんの子どもたちをお導きくださいますようお願いいたします。また、お会いできる機会を心待ちにしています。

ありがとうございました。

追伸:毎日、「げんき~げんき~元気、エイエイオー」と言って、親子で互いに勇気づけています。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

  星野学園小学校の小中高一貫教育の良さやしっかりと運営されている星野キッズ(アフタースクール)そして、スクールバス通学の様子と校風の良さがうかがえるメールです。そして、ニコニコしながら星野学園に通っているXさんと成長した我が子の姿を微笑ましく見守っている愛情いっぱいのお母様のお人柄を感じさせるメールですのでここに紹介した次第です。

 星野学園小学校もかなり良いですよ。小中高一貫の校風の良さ、一見の価値あります。お薦めです。


この記事をはてなブックマークに追加

今年はさとえ学園小学校に24名入学!(No.613)

2017年04月10日 13時44分44秒 | 受験・学校

 今春ウエルストリーム出身の生徒たちがさとえ学園小学校に24名(新小1が22名、新小2、新小4各1名)入学しました。この24名入学はウエルストリーム史上最多です。

 

4/9(日)今年もさとえ学園小学校の入学式に来賓の一人として参列しました。

  

   ちなみに、「新入生代表誓いの言葉」を立派に担当した女の子はウエルストリーム出身のZさんでした。

                      

 ウエルストリーム出身の生徒たち、合格してから半年あまり、あれからまた一回りも二回りも成長され、いっそうしっかりとしていました。

 それはそうです。懸命に努力して、合格。合格して「やればできる!」という自信がつき、その後も継続して学習を続け、成長していく。そんな良い循環の初めの1歩を踏みだすことができたのですから。

 御父母の皆様も満面の笑顔です。家族全員が幸せ一杯の様子を拝見して、私自身も幸せ一杯です。というのは、この良き日を無事迎えることができてはじめて御父母様の御信頼と御期待に応えることが出来たと言えるからです。

 さあ、年長生はもちろん、年中生、年少生もしっかり努力し、実力をつけ、素晴らしい先輩達に続きましょう!

 私井澤もウエルストリーム創立時の初心を忘れることなく、全身全霊をあげて指導にあたる所存です。


この記事をはてなブックマークに追加

新年度絶対合格土曜コースの優先受付を開始致しました。(No.612)

2017年04月07日 11時16分29秒 | 受験・学校

  絶対合格土曜コースは新年長(現年中)を対象として12月第1週からスタート致しますが、例年ご希望の方が多く、申込受付開始後すぐに満席となってしまいます。

  そこで、水曜(木曜)コースに通塾している方から優先受付をすることになりました。

 つまり、現に年中クラスに在籍し、通塾している方のご希望を優先して4月から受け付け、9月末時点でまだ空席があれば、新規の方からのお申し込みも承ることとなりました。

 ですので、「私立小学校受験対策はウエルストリームの土曜コースで!」と今から決めていただいている方は、まずはすぐに御入塾いただき、水曜(木曜)コースで受験勉強をスタートし、その上で土曜コースをお申し込み願います。

 以上よろしくお願い申し上げます。


この記事をはてなブックマークに追加

本当に有り難き幸せです。(No.611)

2017年04月04日 16時30分57秒 | 受験・学校

  昨日(4/3)この春4月から高校に入学するとのことで、ウエルストリームの卒塾生のYさんが数年ぶりにお母様といっしょに来てくれました。Yさんを私が教えていたのは幼稚園から小学校低学年までですが、素敵なお嬢様に成長されていました。

  Yさんはウエルストリームからさとえ学園小学校に入学し、その後、お父様のお仕事のご都合で鹿児島県に転居され、公立中学校に入学しました。そして、高校受験で鹿児島県内有数の進学校に合格され、この4月入学することになったとのことです。

  この度関東にお越しになった折りに、ウエルストリームまでお越し下さいました。鹿児島県に転居されたと聞いていて、本当に久しぶりにお会いし、ちょっと驚きましたが、わざわざお越しいただき、とても懐かしくも嬉しかったです。

  高校受験勉強で塾の先生が驚くほどYさんは頑張れたとのことです。そして、そのようにYさんが頑張れたのは幼児の頃からウエルストリームで努力され、良き学習習慣をつけたからとのこと。それで御礼にいらしたとのことで、恭悦至極でした。

  塾を辞めてから数年も経っていて、かつ、Yさんの高校受験指導に全くタッチしていない私井澤にこうして遠方からわざわざ御礼に来て頂けるなんて、本当に有り難き幸せです。今回もたくさん感動を頂きました。

 そして、今、YさんとYさんのご家族のますますのご健勝とご発展を心から祈念しております。


この記事をはてなブックマークに追加

日々感動を頂いています。(No.610)

2017年03月31日 13時09分28秒 | 受験・学校

  ウエルストリームでは現在春期講習中です。たくさんの生徒さんが毎日朝から来ています。

  ふだんは週1~2回の授業が、この講習期間は毎日になります。どのお子さんも楽しそうでニコニコして勉強しています。「塾に毎日来るのが楽しみで、朝自分から起きてきます。」や「お家に帰ると塾での様子を嬉しそうにたくさん話してくれます。」という嬉しいお言葉も多数頂いております。

 私もお子様たちに毎日教えるのを楽しみにしています。

  いままでずっと出来なかった問題が春期講習の授業で出来るようになったとき、そのお子様の笑顔たるや・・・・光り輝いています。

「すごいね、やっぱりやれば、できるね!」「次もやってみようか?!」「また、出来たね、いいねぇ~、この調子!」

  難しく見える問題もヒントをすこしずつ与えていくと、お子様達は諦めないで自分で考え出し、出来てしまいます。「ほら、自分で考えたら、できたじゃない!」「頭をつかえば何でも出来るね!」そんなことを言いながら、一人ひとりの生徒さんの小さな喜びの場に日々立ち会えて、私自身も感動しています。と言うよりも有り難いもので「子供達から日々感動を頂いています。」

 

「ウエルストリームでお勉強したら、勉強大好きになりました。」「学習習慣がついて、自分からお勉強をしようと言ってきます。」そういうことを積み重ね、結果私立小学校受験も確実に合格!、そして、入学後も勉強大好きなので、自ら勉強をしていく。何事も全力で努力する習慣がつき、中高大学受験も希望校に合格。

  自分の人生を自ら選べる-そんな人生の最初のステップを乗り越えるお手伝いが出来れば幸いです。


この記事をはてなブックマークに追加

「日本人の傾向と対策」おすすめです。(No.609)

2017年03月28日 12時49分06秒 | 受験・学校

このところいろいろあって、ブログの更新ができませんでした。

ブログ更新を楽しみにして頂いている方へ、申し訳ありませんでした。

 ところで、「日本と日本人について、日本人自身が語るより、外国人が語ったほうがインパクトがある。」ということはよくあります。日本でも有名なあのケント・ギルバードさんがその著書で堂々と語っています。

トランプ大統領が嗤う 日本人の傾向と対策
ケント・ギルバート
産経新聞出版

「日本人は米国依存症。」

「GHQの洗脳政策」など必読です。

  お薦めです。


この記事をはてなブックマークに追加

3/18から始まった「大エルミタージュ美術館展」にさっそく行って来ました。(No.608)

2017年03月20日 21時28分34秒 | アート・文化

3/18から始まった「大エルミタージュ美術館展」にさっそく行って来ました。

  三連休の中日の午前中でもあり、けっこう空いていて、すぐに入れました。だから、ゆったりと思う存分鑑賞できました。夫婦で落ち着いた時間を過ごせるので美術展は良いです。

         

  エカテリーナ2世が収集した膨大な作品群の中からオールドマスターズと呼ばれる巨匠の200~300年前の作品中心で、どれも見応えありです。イタリア、オランダ、フランドル、スペイン、フランス、ドイツ,イギリスのたくさんの画家達の作品が一堂に会し、展示されています。

  手持ちのブリューゲル画集中のお気に入り作品の一つである≪スケートをする人たちと鳥罠のある冬景色≫も展示されていて、実物を間近に鑑賞できて一人感動していました。 

  また、≪ヴェネツィア、運河に面したドゥカーレ宮殿前の眺め≫(1710年頃)を鑑賞して、描かれている人の服装や船こそ違いますが、現在のヴェネツィアの港の様子や元刑務所などの建物が300年前とほとんど同じであることに気づき驚きました。日本に300年前とほとんど変わらない建物が建っている港があるでしょうか?

  クラーナハの≪林檎の木の下の聖母子≫をはじめとして、レンブラントの≪運命を悟るハマン≫、ルーベンスの≪マリー・ド・メディシスの戴冠式≫等々、期待以上の作品が多数展示されていて、本当に行って良かったです。お薦めです。

  じっくり鑑賞した後、ミュージアムショップで図録を購入し、そのまま六本木ヒルズ内で昼食。「ベジタブルハウス ヤサイヤメイ」という野菜料理専門店に入ってみました。予約していなかったので少し待たされましたが、新鮮な野菜のお料理を美味しく頂きました。

       http://www.roppongihills.com/shops_restaurants/restaurants/00177.html

  こちらもお薦めです。


この記事をはてなブックマークに追加

皆様、ウオーキングしていますか?(No.607)

2017年03月17日 13時48分35秒 | 健康・病気

    ウオーキングは健康に良いとわかってはいても、忙しさにかまけてなかなかできません。

それにただ自宅の周辺をストイックに歩きまわってもつまらないです。なにか目的を持って歩く方が楽しいし、満足感があります。

  そこで、連休がとれると、1泊2日か2泊3日でいろいろな観光地に行き、現地で観光しながらたくさん歩くことにしています。いわば、「観光ウオーキング」です。

私がここ数年の間に行ったところでお薦め第1位は世界遺産となってる「熊野古道」です。

  熊野古道は和歌山県、三重県、奈良県と広範囲に分布しているので、2泊3日でも熊野古道のほんの一部しか歩いてまわれません。ですから、天候の良い日にテーマを決めて何度も行くことにしています。

  自然の野山の中に何百年も前から参拝道が整備されているので、歩きやすいし、森林浴効果もあり気分が爽快になります。そして、そもそも熊野古道とは神社を参拝するための道ですから、途中たくさんの神社・仏閣を参拝します。神域に入り参拝すると心も洗われるようです。加えて、日本史の勉強にもなります。そして、1日中歩き続け、疲れた身体を温泉宿で癒やす。これ最高で~す。(*^_^*)

  観光ウオーキング、皆様もいかがですか?


この記事をはてなブックマークに追加

皆様の暖かいお心遣いに心より感謝しております。(No.606)

2017年03月14日 07時06分32秒 | 受験・学校

  一昨日(3/12)さとえ学園小学校の第9回卒業証書証書授与式に今年も来賓の一人として出席しました。私がウエルストリームで教えた生徒達がさとえ学園小学校入学し、この6年間で立派に成長され、卒業していきました。今年もいろいろな意味で感慨深い卒業式でした。

     

                            

                                           

昨日電報が届きました。

電報の配達?!いまどき電報?

すぐに、開封。

さとえ学園小学校第9期卒業生のうちウエルストリーム出身12名の生徒連名でこんな電報を真っ赤なバラと素敵な漆塗りの小箱とともに頂きました。

                       

 

                         

  電報の文面を読んで・・・・・、有り難き幸せであります。「塾教師をやっていて本当に良かった。」-そう思える日がこうして何度もやってくるので、この仕事に人生かけています。

 

 電報を送って頂いた卒塾生御父母の皆様へ

  こんな素敵な電報を送って頂き、身に余る光栄と存じます。

そして、素敵な電報を送っていただけるウエルストリーム卒塾生とその御父母様を私は誇りに思います。    

 皆様の暖かいお心遣いに心より感謝しております。

 有り難うございました。

 

(尚、差出人12名のお名前は「個人情報」でもあるので本ブログでは伏せました。)

 


この記事をはてなブックマークに追加

車内でお子様とクイズ(なぞなぞ)遊びをしましょう!(No.605)

2017年03月10日 11時20分12秒 | 受験・学校

「塾まで距離があって車で通塾していて、運転中はもちろんチャイルドシートに座らせます。座るとすぐに眠ってしまいます。塾に到着したときには熟睡していて、起こすと大変機嫌が悪く泣き出し、大騒ぎです。どうしたら良いでしょうか?」

 そうですね。午後2時~3時という時間帯はちょうどお子様が眠くなる時間帯ではあります。普段聞き分けのイイお子様も眠いとき、聞き分けが悪くなり、訳のわからないことを言い出しますね。眠いときはどのお子様も2歳くらい若がえりますから。

  それで対策ですが、まず、塾のある日の前日は夜更かしをさせず、早めに寝かせ、睡眠時間を十分にとらせましょう。

  それでも車に乗ると眠くなるのは、車内がつまらないからかもしれません。車内でお子様が目を輝かせるようなことをしましょう。無論御父母様は運転中ですから、直接面倒を見てはあげられませんので、安全運転をしながらできることをすれば良いのです。その一つにお子様とのクイズ(なぞなぞ)あそびがあります。

 ところで、私立小学校受験ではさまざまな知識が問われています。いわゆる生活常識からはじまり、季節常識、昔話・童話の知識はもちろん理科分野まで広く出題されます。

 だから、受験対策としても、テキスト(ペーパー試験問題)上だけで教えこんでしまいがちです。しかし、それではあまりにお子様がかわいそうです。

 入試に出題されている生活常識や季節常識についての知識は本来日々の生活の中で身につけるものであって、受験知識として暗記するものではありません。ご家庭できちんと子育てをされていれば自然に身につくものです。そして、多くの私立小学校では「きちんと子育てされたお子様」を歓迎しています。

 例えば、昔話や童話の登場人物(動物)を問う問題はお母様が昔話や童話を毎日読み聞かせをしていれば、お子様は自然に憶えてしまうものです。

 季節常識も日々の生活の中で季節毎に教えていればほとんどが自然と身につくものです。

 そして、お子様が「何でも新しく何かを憶えることが楽しい。」となれば、私立小学校受験の「はじめの一歩」はクリヤーです。逆に「何か憶えることが面倒くさい。」という子供にしてしまうと先行き大変なことになります。お子様がどちらのタイプになるかは御父母様次第なのです。

 

 では、どうすれば何かを憶えることが好きになるのでしょうか?

 実は簡単です。お子様が何かを新しく憶えたら御父母様をはじめとして周囲の大人達が大げさに褒めちぎれば良いのです。お子様は御父母様や周囲の大人達から褒められたい一心で次々と憶えるようになります。そして、車の中や交通機関の中でお子様が最近憶えたことについて親子でクイズをするのです。

 例えば、お子様が季節の野菜を憶えたら、

御父母様「夏の野菜で上から読んでも下から読んでも同じ名前の野菜はな~んだ?」

もし、すぐに正解できなければ、

御父母様「じゃあヒントを言うね、赤い野菜です。」

「うーん、じゃあもう一つヒント本当は夏の野菜だけれどスーパーにはいつも売っています。」

お子様「・・・・・・」

お母様「それじゃ最後のヒント、きのう晩ご飯のサラダに入っていて、○○さんは美味しいねぇと言って食べていました。」

お子様「ト・マ・ト」

御父母様「ピンポーン、ピンポーン正解です!すごいねぇ~もう憶えたんだ。○○さんは頭いいね!」

 ほとんど9割以上ヒントを与えているのだから実は正解して当然なのですが、そこはそうは言いません。正解を口にしたのはお子様なのですから臆面もなく褒めちぎります。

こんなやりとりを車の中ですると楽しく知識が身につき、眠らなくなります。

 塾から距離があって通塾時間がかかるという一見マイナスに見えることも工夫次第で楽しい親子の時間となり、知識も身につくのです。世の中ピンチはチャンスなのです。一見不利に見えることも、考えようと工夫次第でプラスに転化出来るのですから。

お薦めです。是非試してみてくださいね。


この記事をはてなブックマークに追加