納豆臭い(笑)パウヨ兵頭二十八と百田尚樹を討つ!劣島の反韓反中日猿と読売・産経を斬る! 動画 BD DVD ダウンロード

嫌日Web 2ch まとめ 中国 韓国 ニュー速 ニコニコ動画 ZIP コミック 声優 アニメ 画像 動画 ダウンロード

狼花 新装版: 新宿鮫9 (光文社文庫) 動画 画像 感想 トレント zip rar BD DVD ブルーレイ ダウンロード

2017-04-28 22:22:38 | Weblog
新宿鮫シリーズを90年代初頭から読み続けているファンは成熟した大人が多いので
誰も鮫島をスーパーヒーローだなどと思ってないが?w
それこそ、2作目の毒猿の時点で鮫島の新宿御苑などでの超人的活躍にリアリティが欠けると疑問符が付けられていたくらいだ
まぁ子供がそういった経緯を知らなくても無理はないがw

明蘭のリアリティが荒唐無稽な物語を救っている。ヒロイン以外の男キャラがどれも滑稽
鮫島・香田・仙田らの荒唐無稽な物語を、ヒロイン明蘭のリアリティが救っている作品だ
彼女は男にとっても日本人にとっても都合の良くない、実にリアリティのある女性として描かれている。
その点が他のハードボイルド(笑)作品と一線を画するこの作品の素晴らしい部分である。
この作品に否定的な反応を示しているタイプに多い、
女慣れしてない男が書いたような、低評価を付けてる輩に多い、まるで勘違いした的はずれなレビューは邪魔でしか無く、読むに耐えない。
本作のヒロイン、明蘭は、まさに女性視点のストリーテラーだ。これまでの大沢作品にあった
男にとって都合のいい女像をかなぐり捨ててまさに意思を持ったキャラクターとして
作品の進行の屋台骨を支えている。物語の進行上、彼女の視点がなければただの滑稽な
自己陶酔型男小説で終わっていただろう。まさに思考の矮小な男に冷水を帯びせる存在だ
このヒロイン以外の男キャラはどれも滑稽でしか無い

更には、昨今増殖している、外国人排斥の毒虫共を先取りするような
香田の荒唐無稽な外国人犯罪者排斥攘夷運動。攘夷は必ず失敗すると歴史が教えているのだが。
日本人の民度が知れる浅はかさだ。
鮫島の冷静な現実路線のツッコミが痛快である。
外国人に依存しなくては生けていけないこの国が、外国人を敵に回したら自滅するしか無い
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Yahooニュース 竹島(正式名... | トップ | ベルセルク 17話 次篇 第二... »
最近の画像もっと見る