野球少年は夢を見る…

Hanshin Tigers Series 2017

俊介、6と8の間には…(6月13日・甲子園)

2017-06-14 18:28:18 | Inter League


 交流戦の(5月30日)初戦(千葉ロッテマリーンズ戦)に「6打数3安打4打点」の活躍をしながら、その後は16打数3安打と低迷(?)した7番(ライト)俊介(打率.261)。昨日の【2回裏】の1-OUT一二塁のチャンスで打席が回ってきても、期待感は高まらなかった(?)が、2球目(140km)を打って、左中間をるタイムリー(2点)ツーベース!! 
【3回裏】(第2打席)には(2-OUTランナーなしで)カウント「2-1」からの4球目(126km)を打って、左中間スタンドに第1号(32)勝ち越しホームラン! 

 背番号「68」。入団時は「7」だったが、メジャーリーグから帰ってきた西岡剛(32歳)に譲り(奪われ)、その西岡は(フリーエージェントで来た)糸井嘉男(35歳)に譲った「7」。以来ずっと、「68」などという(一軍クラスの選手としては)規格外の大きな番号を背負っている。いつか俊介の背中に「7」が帰ってくる日は来るのか? せめて、もう少し小さな番号に替えてあげて欲しいが、本人が頑なに「68」を背負い続けるかもしれない。そんな気骨のある男。ドラフト指名時に5位という評価に反発して(3位以上の指名でなければ入団しないと通知していた)社会人野球(東邦ガス)入り寸前だった男。

金本監督「まさか3打点とはね」俊介先発起用ズバリ(日刊スポーツ)

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 橘高さんと嶋田哲也(6月4日... | トップ | 7打数0安打の男、8連敗中のチ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む