野球少年は夢を見る…

Hanshin Tigers Series 2017

芦原英智、どうしようかなぁ?(5月16日・甲子園球場)

2017-05-19 09:54:32 | Koushien Stadium


 火曜日の中日ドラゴンズ戦「3対1」2点リードの【5回裏】阪神タイガースの攻撃。先頭の(左打席)大和(打率.333)がセンター前ヒットで出塁して、3番・糸井嘉男(打率.320)の6球目に二塁盗塁を試みたが、判定は「OUT」。しかし、滑り込んだ左足ではなく、瞬時に右足にチェンジして、滑り込んだ大和。遊撃手の(大和の左足への)タッチよりもく右足(後ろ足)が二塁ベースに到達していた。
 その光景を至近距離で見ていた二塁塁審=芦原英智(9年目)。一瞬、判定を躊躇し、その右手は一瞬「セーフ」の挙動を示していたが、なぜか断念して右手を挙げた芦原。タイミング=アウトだったから、先入観を持って判定を下そうとしたのだろうが、大和が信じられない“曲芸”をやって見せた。そのアドリブに付いていけず、先入観を優先した芦原。その眼は「セーフ」の判断を下そうとしていたのに……もっと己のを信じるべきだ。

阪神・秋山が7年ぶり完投勝利「まさかできるとは」 自己最多12奪三振(デイリースポーツ)



『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 片岡コーチ、悪魔の囁き(5月... | トップ | 岩崎、粘りの投球で継投!(5... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む