野球少年は夢を見る…

Hanshin Tigers Series 2017

メンデス、何で今、筑後にいる?(21日・タマホーム スタジアム筑後)

2017-04-21 21:20:25 | Western League


42」阪神タイガースが(福岡ソフトバンクホークスを)2点リードした【9回裏】マウンドに上がったのは(6番手)ロマン・メンデス(26歳)。なぜ今、筑後にいる? 東京ドームに向かったのではないのか? 

 初球(149km)外角に大きく外れた後、2球目(150km)も外角低めに外れ、3球目(151km)で空振り! 4球目(152km)を(左打者の)内角低めに決めて、5球目(152km)ファウル! 6球目(150km)をセンター前にされて、一塁に釜元豪(23歳)。
 続く(左)打者に初球(148km)をセンターに飛ばされたが、センターフライ。い球だった。どん中の球だった。続く(左)打者に初球のチェンジアップ(135km)ファウル! 2球目(136km)はスプリットで「ボール」。3球目に速球(147km)でストライクを取って、4球目(135km)のスプリットで空振り三振! 4人目の(左)打者は初球(149km)を打って、センターフライ。

 マルコス・マテオ(33歳)が2けて(4月19日、20日・ナゴヤドーム)リリーフに失敗した。素人目に見ても、昨シーズンの良い時の(スライダーの)キレが無いと思えるのに、使われ続けるマテオ。代わりにメンデスの昇格を推奨したいところだが……ファーム9試合で(5セーヴ)防御率0.00。成績は申し分ないが……しかし、現状のマテオよりはマシに思える。

阪神マテオ痛恨、ビシエドに被弾「ついてなかった」(日刊スポーツ)


『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 復活の藤浪(13日・横浜スタ... | トップ | 6打数0安打の1番打者、レフト... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む