野球少年は夢を見る…

Hanshin Tigers Series 2017

今季初登板の石崎!(8月11日・横浜スタジアム)

2017-08-13 09:36:18 | Yokohama Baystars


 毎年(ルーキーイヤーを除いて)セットアッパーとして期待されながら、毎年、期待を切り続けている、石崎剛(2014年ドラフト2位)。今シーズンもウエスタン・リーグで防御率3.77(平凡な数字)。このまま二軍にんだままなのかと思ったら、8月9日に(今シーズン初)一軍登録され、金曜日(11日)の横浜DeNAベイスターズ戦「81」と7点リードした【9回裏】のマウンドに立った。

 久しぶりに見る石崎、背番号「30」。先頭の4番ロペス(打率.307)に初球153km! 外角低めにズバッと決めて、思わず3塁側ダッグアウトを振り返っている。いている。2球目(152km)3球目(153km)ファウル! いずれも振り遅れている。4球目(138km)5球目(132km)スライダーを続けた後、6球目(152km)を叩かれて、左中間を破るツーベース!! 最後の決め球が真ん中に入ってきた。2球スライダーを続けたから、完全に(真っ直ぐを)読まれていた。
 5番・宮崎敏郎(.340)は初球(151km)を打ってセカンドライナー! これも真ん中の甘い球だったけれども。6番打者(.213)は2球目(151km)を打ってショートゴロ。7番・梶谷隆幸(.253)は4球目(151km)で空振りを取って、カウント「2-2」から5球目(148km)で空振り三振! 梶谷から空振りをった。

 正規(しかもエース格)の先発投手を2人もいた阪神タイガースは弥縫策として、中継ぎ投手(松田遼馬)を今日(13日)から先発に回す。その中継ぎのを埋められるか、石崎。背番号「30」を毎試合のように見られる日が来るか? そのようないが込められて、授けられた番号なのだから。

岩田快投2勝目!試合前ミーティング参加メッセの魂受け取った(デイリースポーツ)

『野球』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隼太の一撃!(8月6日・京セ... | トップ | 秋山と藤浪、両雄並び立たず…... »
最近の画像もっと見る

Yokohama Baystars」カテゴリの最新記事