野球少年は夢を見る…

Hanshin Tigers Series 2017

俊介、6と8の間には…(6月13日・甲子園)

2017-06-14 18:28:18 | Inter League


 交流戦の(5月30日)初戦(千葉ロッテマリーンズ戦)に「6打数3安打4打点」の活躍をしながら、その後は16打数3安打と低迷(?)した7番(ライト)俊介(打率.261)。昨日の【2回裏】の1-OUT一二塁のチャンスで打席が回ってきても、期待感は高まらなかった(?)が、2球目(140km)を打って、左中間をるタイムリー(2点)ツーベース!! 
【3回裏】(第2打席)には(2-OUTランナーなしで)カウント「2-1」からの4球目(126km)を打って、左中間スタンドに第1号(32)勝ち越しホームラン! 

 背番号「68」。入団時は「7」だったが、メジャーリーグから帰ってきた西岡剛(32歳)に譲り(奪われ)、その西岡は(フリーエージェントで来た)糸井嘉男(35歳)に譲った「7」。以来ずっと、「68」などという(一軍クラスの選手としては)規格外の大きな番号を背負っている。いつか俊介の背中に「7」が帰ってくる日は来るのか? せめて、もう少し小さな番号に替えてあげて欲しいが、本人が頑なに「68」を背負い続けるかもしれない。そんな気骨のある男。ドラフト指名時に5位という評価に反発して(3位以上の指名でなければ入団しないと通知していた)社会人野球(東邦ガス)入り寸前だった男。

金本監督「まさか3打点とはね」俊介先発起用ズバリ(日刊スポーツ)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

橘高さんと嶋田哲也(6月4日・甲子園球場)

2017-06-06 08:44:40 | Inter League


 前夜(2日)「21」とリードしながら、【9回表】にクローザーのラファエル・ドリス(防御率1.64)の投球(乱調とは呼ばない)で(北海道日本ハムファイターズに)「24」逆転負けを喰らった阪神タイガース。3日(土曜日)も「42」2点リードして【9回表】のマウンドにドリスを上げたが、連打を浴びて、1-OUT二塁三塁のピンチを招いて、得点圏打率.488の3番・近藤健介(打率.412)。
 カウント「2-1」からの4球目(157km)を内角低めに突いて、一瞬「ボール」だと観念したが、判定は「ストライク」。思わず球審の顔を見返す左打席の近藤。その球審=橘高淳さん(33年目)。阪神タイガースOB(元捕手)に助けられた。(感謝!)

 翌日(日曜日)「1対3」2点リードされながら【9回裏】2点を返して「33」同点に追いついて迎えた延長【11回裏】タイガースの攻撃。0-OUT一塁二塁のチャンスで代打・北條史也(打率.207)の(初球)バントは投手正面。投手が素早く三塁に送ったが、二塁ランナーは快足大和(四球で出塁)。明らかに大和の足が速く入っていたかに見えたが、三塁塁審は(阪神タイガース元投手)嶋田哲也(19年目)。後ろから見ていて、送球のワンバウンドの瞬間を見逃していたのだろう(OUTの判定)。……絶好のチャンスを逃したかに見えたが。

阪神・岡崎、プロ13年目で放った初本塁打 愛妻が涙した記念球“回収”の舞台裏(SANSPO.COM)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外野手なのにフライが捕れない、フライを捕るのが苦手な外野手。(5月26日・甲子園球場)

2017-05-28 10:41:31 | Koushien Stadium


 金曜日の横浜DeNAベイスターズ戦「の6回」と言われた【6回表】2-OUT満塁のピンチで3番ロペス(捕邪飛、左飛、遊ゴロ)がレフトへ大飛球! その瞬間、レフトの伊藤隼太(2011年ドラフト1位)は二歩、三歩、に出て、それから慌ててろに下がって(後ろ向きに)ジャンプしたが、捕球できず……走者一掃の二塁打で「05」試合がれた。

 今シーズンスタメン。今までは全て代打での起用だった。代打だけで起用されるには、明確な理由(わけ)があったのだが、金曜日は何故かレフトでスタメン起用されて、まんまと打球判断をった。その日は強風が吹いていたが、そんなこととは関係なく、完全に打球判断を誤った。打球が上がった瞬間、前に出るとは……

捕ってくれよ…阪神・隼太、満塁で飛球の目測誤り3点二塁打に(SANSPO.COM)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋山に背番号18をあげたい…(5月23日・甲子園)

2017-05-25 09:27:14 | Koushien Stadium


 火曜日の読売ジャイアンツ戦。先発の秋山拓巳(3勝2敗、防御率2.44)が(再度)菅野智之(5勝1敗、防御率1.78)に投げ勝ったら、来シーズンは背番号「18」をあげたい! (球団に)あげて欲しいと思いながら見ていたが、「0対0」で迎えた【7回表】に失点して、投げた。
 しかし【3回裏】にはレフト前ヒットで出塁! 初球のストライク(143km)を見送った後、2球目(148km)ファウル! 3球目のチェンジアップにも付いていって(ファウル)、4球目(148km)ファウル! 5球目のフォークボールを見送った後、6球目のチェンジアップを捉えて、流し打った! の「菅野キラー」は自分であることを実証して見せた。

 7年前に高卒ルーキーで4勝して、「未来のエース候補」が現れた、と思ったのに、その後の6年間ずっと“冷凍睡眠”に入ったように続け、阪神タイガースは「エース候補」を欠いたまま、優勝を逃し続けた。今シーズンようやく目覚めて、タイガースは優勝できるのか? 

阪神・秋山拓巳、8年目の「脱スピード」で蘇った高校時代の凄いキレ(web Sportiva)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

岩崎、粘りの投球で継投!(5月21日・神宮球場)

2017-05-22 11:26:47 | Tokyo Swallows


 3連敗中の阪神タイガース。4連勝中の東京ヤクルトスワローズ。【7回表】に「54」タイガースが逆転して、迎えた【7回裏】スワローズの攻撃。マウンドには3番手、左腕の岩崎優(防御率1.62)。1-OUT後(2番打者にストレートの)四球を出して、な感じ。3番打者を何とか(カウント「3-2」から)ファーストフライに打ち取って、2-OUT。
 4番打者(雄平)にもカウント「3-2」になって、苦しい投球。歩かせたら、次は【2回裏】に先制の2ランホームランを放っている5番打者(バレンティン)。6球目(141km)7球目(141km)8球目(142km)9球目(139km)ファウル! 変化球が「あるかもしれない」と待っている打者に強気の真っ直ぐ勝負! そして10球目ににスライダーを投じて、空振り三振! 岩崎の価値ある投球。

阪神D2・小野、4失点ホロ苦デビューも金本監督「次もいく」(SANSPO.COM)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加