zen

ZEN ブログ 2013-2017

旅路

2016-09-15 20:45:57 | 一般系poem

ある晴れた日に外は良い天気
偶然にも体は元気一杯!
予感や五感は研ぎ澄まされているかのように
何か不思議な感覚が有ります

目指すあてなく旅に出ました
地図は捨て軽い身のこなしのために軽装で
行く先は解らない
そんな旅もたまには良いのかも知れない気がして


朝、輝く太陽が昇って起きて
夜、素敵な夕日が沈む時に眠る
何も変わったことをする訳じゃない
自然にあるがままに行動する旅

 

風と共に眠り、太陽と共に起きる生活
周りには何もない場所
不器用な人間もここでは自然に生きる知恵を身につけます
それは人間の本能や生き方が自然に有るから
まるでとらわれた生き物の様に囲いの中で生活する人間
それは普通でも有るのかも知れない
また、不自然に有る形かも知れない
そんな空間を忘れさせてくれるのが旅かも知れない

現実の置かれている場所を出て自然に触れる一時
本能とあるががまの生き方を感じる時
疲れた心と傷ついた心を洗い流し明日の太陽を待つ夕暮れ
星達はいつも輝いています
月明かりはいつも何処かで輝いています

空を見上げる気持ちが出来たなら出発です。
貴方の旅路の始まりです
行方は知らなくて良い
当てなんて解らなくて良い
人生はそんな物です

 

優しさや美しさそして輝き
見えない物から生まれる感情と息吹
それらは誰がしなくてもあるがままの心から沸き上がる物です
素敵な洋服に身をまとった貴方は誰?
装飾品に形作られている貴方は誰?
沢山の色とデザインのとりこになっている貴方は誰?
化粧と言う二面に形を変えている貴方は誰?
大切なことは人それぞれ違う物です
例えそれが本来必要な物でも生きるためには必要な事?
貴方は勝手に自分を演じているだけじゃ無いの
本来の自分を忘れ何かの為に変身しそして無理を繰り返す姿
いつか人間を通り越して不思議な生き方を生み出してしまう

 

旅路

 

簡単な事かも知れません
無理しなくても良いのです。
ゆっくり進む時間が有っても良いのです
先を誰かに越されても時はいつも先へ進むから仕方がない
その先は誰にも解らない事だから

一つの生命に宿った心は一つです
新しい生命に伝えるために磨く本能
旅はそんな沢山の何かを教えてくれます
見える物がすべてじゃ無い
感じる物、支える物、愛しい物、尽くす物
言葉では伝えきれない想いを伝えるために


旅路
それは、その先に何かが有るから
生きるという時間を
そこから見つける
そんな事かもしれない

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 心の想い | トップ | この世に生まれて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

一般系poem」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL