zen

ZEN ブログ 2013-2016

秋の恵みと生命の息吹

2016-10-19 20:09:00 | 一般系poem

春に田植えが始まり
夏に稲穂が実り
秋の収穫が訪れて
大地は大きくまた変貌していく

田んぼの回りのススキが揺れて
秋の風に梵
何となくトンボがやって来る

風で止まれずに
風に揺れすぎて
じっとしていられない


収穫の終わった田んぼに残された切り株
無数にそこからまた芽が出て
緑の絨毯のように変わっていく

土の香と藁の香り
秋の風の香りと実りの香り
空から秋風と日差しが注がれ
いつしか色合いの変化が始まる

ここはもうすぐ白い世界に覆われる
ここはもうすぐ赤い枯れ葉に覆われる
ここはもうすぐ眠りにつく
ここはもうすぐ静かになっていく


こんな日に空を見上げて
沢山のトンボが飛んでいるのを見つけた
逆光でどれも同じ色にしか見えないけど
本当は色鮮やかだったり
意外と地味だったり
大地から舞った藁の欠片が空へ

形を残さずに大地へ
また来年と願ってこの地へ
沢山の日差しと風を受けて
今年も大収穫がそこに

人はそんな恵みの中で生きて
人はそんな営みの中で生きて
人はそれを育てた人の苦労で生きている
そしてまた新しい生命がそこに


秋の空を見つめて下さい
秋の風を感じて下さい
小さな秋と小さな木の実
今年もまた大地へ命の息吹を落とし
小さな生命にも恵みを与える

春から始まった大地の恵み
刈り取って大地はまた来年に備えるために
この田圃を開放して
風と水と光を受けて
人へその生命の移行をする


秋は色々の人へ
沢山の恵みを齎す季節

風を知り
大地を耕し

光を知り
大地と共に生きて

水を流し
そこに命を吹き込み

秋にそれらを収穫する
あなたの命を手助けするために
また今年も小さな粒のお米が出来ました
沢山召し上がれ!?

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人に伝える文字と言葉 | トップ | この恋の果て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL