50代脱出♀、ただいまノンビリとダイエット中

健康のために、自分のために、ダイエット、ダイエット

友人との会食にて

2017年06月28日 22時06分36秒 | ちょっと病について
数カ月ごとに夕食を共にする友人と、先週も会った。
3人でいつもの「梅の花」銀座店でごはんを食べながら、この間亡くなった友人について話が及んだ。
私たち4人は同じ職場だった。私も含め3人が同じ年齢、あとの1人は5歳下。
でも同じ時期に同じ職場で机を並べた関係だ。

私が気にしていた3年ほど前、同じ年齢だった3人でやはりゴハン会をしたとき私が自らの子宮体ガンについて彼女に話さなかったこと。
私が話せば、もしかしたら彼女は自分の体調について気にして、医者に行ったのかもしれない。
そう思うと、ちょっと申し訳なく思う。
そうかもしれなかったね、と友人も言う。

別に私は隠そうと思った訳ではない。
現にあとの3人は知っていた。
ただ、積極的に話すような事柄ではないと思ったから話さなかったに過ぎない。
でも今にして思えば、体験談を話すことによって、自分に置き換えられる人もいるし、治療が早ければ、元気になれるんだと頑張れる人もいたかもしれない。

再発・転移しないガンでも、再発したけど、それでもすごい元気に暮らしているこの私。
放射線治療の後遺症は多少あるけど(血便がちょっと、たまに)、大腸内視鏡は異常なし、ポリープもない。
こんな人もいる、と分かれば彼女も治療したかもしれない。

友人によると、55歳になってもどうやら「生理」があるのだと彼女は言っていたらしい
本当はそれは生理ではなく、不正出血だったのだ。
あの時、私が自分のことを話していれば、彼女の生理だと思っていたものが、不正出血だと気が付いていたかも知れない。
普通の体ガンは、進行は決して早いものではないという。
だからあの時点なら、彼女は今も元気でいたかも・・・・

そう考えると、体験談として自らの闘病を話すことも、大切だと知った。
話さなかったから、彼女が気が付かなかったとは一概に言えないけれども、私なりに気に病む出来事であることは間違いない。

この記事をはてなブックマークに追加

受けて良かった

2017年06月16日 23時56分30秒 | ちょっと病について
大腸内視鏡検査、結果論だけれども、受けて良かった。
たまの排便時の出血は、放射線の副作用だと信じようとしていたけど、本当はずっと不安との闘いだった。
内視鏡検査受けなければ、受けなければともう1年以上も思っていたけど、怖くて怖くて一歩が踏み出せないまま。

ポリープはきっとあるだろうな、痔ももしかしたらあるだろうな、出血の原因は痔という可能性もあるだろうなぁ、ずっと色々と考え続けていたこの1年だった。
原因が判明して、良かった。
なによりポリープがないかったのが、驚きとともに喜びだった。
ただの大腸ポリープならば、いいけれども、一番恐れていたのが、私の患ったガンの転移のポリープだった。
それがなによりも怖かった
だから出血の原因が想像通りだったということ以上に、ポリープが1個もなかったことの方が喜びであった。

検査は少しも痛くもなかったし、あっという間に終わった。

これならば2年後、また受けても大丈夫かも、少なくても今回よりはドンと構えていられる気がする。

この記事をはてなブックマークに追加

1日半で2キロ減

2017年06月13日 12時34分03秒 | こんなダイエット中
昨日受けた大腸内視鏡検査で、検査を終了して自宅まで帰ってすぐにしたことは・・・・
体重を測った(笑)

前日は不安、恐怖、緊張のトリプルパンチで、食べる気になれず、朝ヨーグルト、昼プリン、夜うどんという質素な食事
当日は当然下剤で、中にあるものは全部出した。

飲むこともしないで、検査に臨み、終了した後も飲まず食わずだったもので、体重は2日前と比較して2キロも一気に減った。
それよりも体脂肪は2%減。
これは正直驚く。

しかし、しかし、今日はと言えば、昨日帰宅後うどん、夜砂肝煮とごはん、プリンなど食べたら、700グラム戻る!!!
あっという間です。
体脂肪にいたっては、全部戻るという始末・・・・
あ~、嘆く

これでわかったのは食事制限によるダイエットは、非常に戻りやすいってこと。
短期間と長期間では違うし、ダイエットで減らした訳ではないので、同じだとは言えないけど、似ている。

食事制限ダイエットは、それ単体ではなかなか維持が難しいと分かった。

この記事をはてなブックマークに追加

心配を払しょくするために~大腸内視鏡~

2017年06月12日 21時31分32秒 | ちょっと病について
3年2か月前の放射線治療(腔内照射)の副作用らしき、たまにある血便・・・
当時放射線科のドクターも婦人科のドクターも「副作用でひどいことがないなら、何もしなくてもいい」とはおっしゃっていた。
でもCTはずっと受けていたけれども、大腸はCTではなかなかうつりにくいとか。
ずっとたまにある血便、たいした量でもないし、いつもある訳でもない。
だからこそ、確認できた時に、ビックリするし、怖くなる。

そんな風に3年を過ごしてきた。
来月、本格的にプライベートジム形式のジム探しを始め、入会するにあたって、心配を払しょくしておきたいと思った。
そこで、思い切って、やってみた、大腸内視鏡検査!

先週、区内の「痛くない大腸内視鏡検査」と書いてあったところを受診して、本日やってきた~~~~

昨日の夜の下剤、今朝の大腸洗浄の「ニフレック」・・・・・
いやはや、相変わらずの辛い・・・・・
夜の下剤は関係ない、問題はこのニフレックだ。
2時間に2リットルというのが、辛いのだ。
味はフレーバーウォーターに塩分の強いポカリを混ぜたような・・・・
私自身は味は飲めない味ではないが、2リットルという量が辛い。
一度に二口飲もうとすると、思わず吐きそうになった。

下剤を飲んで以降、平均7回のトイレらしいが、私は何と15回も行きました。
もうもうお尻が痛い。
あれって普通のお腹を壊した下痢と違って、すこしも肛門に負担がないみたいな下痢ですねぇ。
2011年体ガンの手術をする前にも私はこの下剤を飲んでいるので、その大変さは知っていたのが、少しは良かったかも。

でもって、大腸内視鏡検査ですが、鎮静剤を点滴で入れてくれているので、ちょっとポワポワしていた。
検査時間は15分ほどだった。
短かったので、ちょっと一安心
着替えて、すぐにドクターのお話

やはり放射線の副作用による直腸炎ってことで、一安心
広い範囲ではないので、特に至急に何かしなければならないことはないとのこと。
わずかだけれど出血は毎回あって、それがカサブタになり、大きくなって破裂するってこと。
だから便潜血の大腸検査は意味ない、つまり必ずひっかかかるからだと。
なるほど、なるほど
ひどくなれば、対処方法もあるらしいし。

そういう結果が分かって本当に本当に良かった。
血便は始終あるもんじゃないし(実際は微量にあるのだろうが)、拭けばそれで終わってしまうくらいだから、原因がはっきりしたからこれからは気にしなくていい。
それよりも、ポリープはまったくないって!!
これが本当に一番よかっかことかも。

いずれにしても良かった。
6年間色々と心配ばかりしていたけれども、これで本当に安心できた
主治医も内視鏡は受けた方がいいよ、と言っていたけど、怖くて避けていた。
でももう大丈夫

この記事をはてなブックマークに追加

北海道~~

2017年06月08日 13時44分19秒 | 旅行
4年ぶりの北海道旅行~
4年前はちょうど体調に変化が始まってすぐの時だった
出血が月に1、2度あり、検査をしても異常なしという状態
再発しないはずの上皮内癌が再発確定する1年前だったっけ・・・・

今回は、というと、な~んにもない!
太っていること以外は(笑)

 太平洋フェリー新いしかり
これで仙台から苫小牧まで

札幌ではホテルニューオータニイン札幌
まあ正直、ここは不満だらけ
ただここにしたのは、これがあったから
風水的にここはとても良いらしく、この玉がパワースポットらしい。
今、私のスマホのロック画面になってます

このホテルは喫煙可能の部屋があるので、ダンナがたばこを吸うので、ここにしたのですが、
喫煙者であるダンナでさえ、「臭っ!!!最悪」(怒)と言うくらい。
チェックインして部屋に入ったすぐに、まるでさっきまでたばこを吸っている人がいたみたいな強烈なにおい
次回からは絶対に嫌だとダンナでさえの感想

でもこの風水のパワーを信じて、ロック画面中です。(笑)

函館では、ホットペッパーで予約した居酒屋さんで食べた活イカ刺しに感激
今まで食べたイカの中で最高!

帰りは津軽海峡フェリーで青森にわたり、星野リゾートの奥入瀬渓流ホテルに宿泊
ここは思いのほか良かった。
バイキングもすごく充実していて、良かった。
このホテルから奥入瀬渓流にシャトルバスが出ていて、早朝、行ってきた。
 

ここを見ることが青森宿泊の目的だったので、満足満足

結局、往復仙台にちょっと寄った以外は、道内はほぼ雨、雨、雨、雨・・・・
旭山動物園で曇りだった以外は、とにかく雨
ここまで雨しかない旅行は人生で初めて、とても印象に残り、きっと一生忘れられない旅行になった。
北海道は、5泊6日でもキツイ(道内は3泊だけだけど)

初めて青森に行ったけど、ゆっくり見たい土地だと強く思った私です。
帰りは仙台経由でとにかく運転の連続だったダンナに感謝です。
ちょっとマイナスなアクシデントもあったりしたけど、印象深い旅行になりました。

さて、来年はハワイの予定

この記事をはてなブックマークに追加