50代脱出♀、ただいまノンビリとダイエット中

健康のために、自分のために、ダイエット、ダイエット

忘れてしまったらしい~父~

2015年11月29日 14時44分40秒 | 徒然なるままに。。あ~だこ~だ
今日は父の入所している足立区内の有料老人ホームへとダンナと車で行ってきた。

名前をつげると、偶然、ロビー横のエリアで点滴を受けている父がいた。。
風邪を少しひいているというからだと、常駐しているナースの方が言っていた。

父は私のことはあまり分かっていないらしい。
私のダンナのことは、「知らない」と。
尋ねることにも、返事も小さいし、視線が私のことを分かっていない様子がうかがえた。

認知症ではないはずなのに、とスタッフに尋ねたら、「病院でのことが大きいかも知れない」ということだった。
その方が病院まで迎えに行ってくれたらしいが、「入院中、拘束されていたので、それでこうなったのでしょう」と。
確かに父は病院内で、ベッドの上にゆるい拘束帯のようなものを装着されていた。
車いすでも、やはり車いすに固定されていた。
兄いわく、動き回るので、かわいそうだけれどもこうなったのだときいた。

入院していたのは2週間ちょっと。
最初に私が行った時は、父は普通だったのだ。
普通に返事をして、話して、帰って来た。
2度目にダンナと行った時も、大して変わらない。
それが3度目くらいで、様子が変になっていた。
一緒に帰ろうとしたりする。
「嫌なんだよ。帰りたいんだよ」と毎日顔を出す兄にそう言っていた。

その入院じゃなく、今の施設に入っていたら、あんな風にはならなかったに違いない。
認知症は徐々に進行するらしいが、父の場合はわずか1カ月。
もっと言えば、8月にいつも通りダンナの実家近くの卵を、私が持って行った時は、本当に普通だったのだ。

施設は、どうなんだろうと思っていたが、スタッフも多くて安心した。
日曜日の午前中ということからか、家族の訪問者も多く、5,6台ある駐車スペースはうちが最後の1台。
うちのすぐ後にいらした方は空くのを待っているような状態。
ロビー横の広いエリア(お食事?)には、スタッフが5,6人いる。
何名かが声をかけてくれる。
施設長らしい男性に声をかけられて、父は満面の笑顔。
不思議とその方にだけの笑顔だった。。。

認知症というよりも、忘れているらしい父に私はむしろ安心した。
これならば、あまり訪問しなくても、何も言われないだろうと・・・・・
今、借りたままになっているマンションの部屋もきっと兄は賃貸契約を解除するのだろう。

今は兄に任せようと思う。
何故に病院に入院させたのか、と聞いてみようと思ったが、ダンナに止められた。
「今はお兄さんがやってきているのだから、口をだすのは良くないよ」と言われた。
確かにそうだね。

この後、父がどうなるのか分からないが、施設も良さそうなので、安心したし、私のことも忘れているらしいので、その点も逆に責められないので良い。

この記事をはてなブックマークに追加

今は池井戸潤さん多し

2015年11月28日 14時12分30秒 | 徒然なるままに。。あ~だこ~だ
時代は移り変える(変わるではなく)のねぇ。。。

日本のドラマって、ある作家さんのドラマ化が当たると、どの局も、どの局も競い合って原作本をドラマ化したがるよね。

昔は西村京太郎さん、山村美沙さん、次に内田康夫さん、つい数年前までは東野圭吾さん、でもって、最近は池井戸潤さんという変遷

怒涛の如くドラマ化させるから、飽きちゃうのよね。
だって、その作家さんの傾向があるからね、
「この人は結局、最後は・・・・・」という同じような流れがある。
私も読んでいて、飽きてしまう。
亡くなられた方は別として、今も作家活動をされていても、飽きちゃって、最新刊が出版されても買わない、ってこと多々ありです。
もし分けない!m(__)m

この記事をはてなブックマークに追加

遠いから止めた

2015年11月28日 13時50分49秒 | 徒然なるままに。。あ~だこ~だ
今日はダンナは自分の実家に恒例の日帰り帰省

私の父が入っているホームに、今日、一人で行っちゃおうかと夜思っていた。
嫌なことを先延ばしにするのが嫌いな私、いやなことはとっとと終わらせたい。
だから日曜日まで待たずに、ひとりで電車乗り継いで、と夜に調べたら。

現在地点(家)からホーム最寄りのバス亭までで1時間20分ほど。
乗り換えの時間も含まれているけれども、それは便利な車両に乗った時の計測でしょう
良く知らない場所、駅、おまけにバス乗り場を探すことを考えると、
1時間30分~50分くらいかかりそう。

あまりにも遠いので、やろうという意思が消え失せた。

一人で行って帰ってきて、往復4時間近い、というのは無理っす。
この遠さは、私にはあまり来なくてもいいよ、ということだと納得!
さすがに、義姉もウダウダ言わないでしょう。

ちなみに義姉は優しそうでいて、うつなので、時々嫌な奴に変化する。

考えたら、我が家とそのホームは、東京の地図で言うところの、上はしっこと、下はっしこの位置関係
そりゃ、遠いわなぁ。

ということで、今日は選択して、ひとりでグズグズ生活を楽しんでいる
面倒くらいわんこ2匹もダンナと同行しているので、ただいま私は最高!

この記事をはてなブックマークに追加

気分転換に

2015年11月28日 13時43分49秒 | 徒然なるままに。。あ~だこ~だ
髪を切った。

ここ1年以上、基本伸ばしたいという意思のもとで美容院に行っていた。
でもって、ずっと10年以上ショートが当たり前だった私が、肩の下10センチくらいまでに到達!
縮毛矯正もして、サラサラヘアー!!
半年ほど経験したので、

飽きた!

そこで昨日はバッサリ行っちゃいましたぁ~。
なんの未練もない。
昔々から、私は髪を切ることになんの躊躇も未練も持たない性格です。

う~ん、でもずっとショートでもロングでも最近はボブスタイルで、今回もそんな感じ
なので、今一「変わった~~~」ということもなし。
美容師さんと相談して、次回はパーマをかけることにした!
パーマなんて何年振りだろうか。
多分、20年以上???(笑)

それにしてももう3年くらい同じ美容師さんなので、以心伝心
行く前に自分なりにああしよう、こうしようと思っていたら、美容師さんが私が思う通りに提案してくれた!
まだ何も言っていない状態だったのに!
ちょっと、うれしかった。

この記事をはてなブックマークに追加

今度のお正月がきっと最後かも

2015年11月25日 14時02分24秒 | 徒然なるままに。。あ~だこ~だ
父のことです。

脳も内臓も悪くないけど、歩けなくなったので、一人暮らしは無理になった。
そこで、10月から兄の仕事場の近くの介護付き有料老人ホームに入っている。
当初は、そこではリハビリもやってくれるので、歩けるようになるまで数カ月の間だけ入っている予定だと兄からきいていた。
その前にも入院中も「帰りたい」と言うし、帰ろうとするので、ホームに入ってからも落ち着くまではと兄から名前も場所も聞いていなかった。
しかし、昨日、留守になっている父が住んでいた賃貸マンションの空気の入れ替えなどをするために私が行くので兄に連絡をした。

「もうマンションには戻れないかもしれない」と兄。

多分、歩くことが困難なのだろう。
兄がやっとホームの名前や場所を教えてくれて、行ってやってくれと。

以前、書いたが私は父が苦手だ。
小さいころから、父の顔色を伺いながら暮らしてきた記憶がある。
B型という血液型診断が本当にぴったりするくらいの、性格の父。
思うことは口にだし、機嫌が悪いと顔にだす。

母が亡くなって以後、一人暮らしの父のところに顔を出すのが、私はとっても憂鬱だった。
嫌で仕方がなかった。
何か言われる訳ではない、きっと思うままに生きてきた父の弱った姿を見るのが嫌なのかもしれない。

でもそろそろそれも終わりに近いようです。
昨日、兄から「マンションには戻れないかも」と聞いた後、帰宅したダンナに報告するのに、私は「不覚にも」涙が出てきてしまった。
もう終わりかもしれない、と思うと例え嫌いな父でも深く思うところはあるみたいだ。

嫌いでも、父や母が働いて、育ててくれた。
お金がかかっただろうが、私立の学校にも中学高校と通わせてくれた。
私が30過ぎても結婚もせず、一人暮らしをするのに、10年近く家賃を負担してくれた。
こんな風に思い返すと、感謝こそすれ、嫌いだなんて言う筋合いではないのだ。。。。

過去の言われたことなどは、水に流して、父に感謝して行こうと思う。
それから色々と当たり前のようにやってくれている兄にも大いなる感謝をしよう。
兄は決して私に無理強いはしないし、金銭面でも負担を強いることもない。
介護を手伝え、なんて一言も言わない。

ありがとう。
父にも、兄にもありがとう。

この記事をはてなブックマークに追加