50代♀、ただいまノンビリとダイエット中

成果はなかなか出ないけど、健康一番に痩せようとしている今日この頃

旧盆だからと、思う

2017年08月10日 19時58分19秒 | 父や母のこと
旧盆を前に父や母を想う・・・

レンジの横のラックに「味の素」の瓶が2つ。
父が施設に移り、おそらくもう二度と千駄木のマンションには戻らないだろうという頃
兄が「いるものがあれば持って行っていいよ」というので、何回かにわたって色々と持ち出した。

その中に、その味の素の小瓶が2つあった。
認知症の表れだったのか、それともうっかりだったのか、それとも入れ替えるのが面倒だったのか、それともそれとも安かったからか、
とにかく2つの瓶

父も母も味の素が好きだった。
つけものに、ひとふり、冷ややっこにひとふり、おひたしにひとふり・・・・
とにかく切らしたことはなかった家庭だった。
その反動なのか、私は逆にほぼ買ったことはないまま過ごしていた。

でもその味の素の小瓶を見つけた途端、迷わず持ち帰る包みに入れた。
料理好きの父は、ちょっとしたつまみなどを自分で作るのが好きだった。
母が亡くなった後で、父はひとりつまみや料理を作りながら、この味の素を振り入れていたのだろうか
そう、想像すると、悲しみがまた押し寄せてくる。
どんな気持ちだったのか、なんて想像するまでもない。
ひとりになってしまった悲しみと寂しさで、やるせない気持ちでいっぱいだっただろう。

娘は月に1度しかこない、息子は毎日来るけれども、あっという間に話すまもなく帰ってしまう、ひとりの孫は忙しくてこない。
父の日記代わりの手帳にある「さびしい」という言葉が、私の全身に突き刺さる。
もう今更だけれどもね。

母は79歳で逝った。
父は89歳で逝った。
母は晩年はすい臓がん(発見から1年未満)で苦しんだだろうけれども、きっとそれ以外は幸せだったと思える。
でも父はどうだったのだろうか。
私には想像ができない。
あの世の父にたずねたい、

「お父さん!ねぇ、お父さんは幸せだった?」ってね。。。。。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝くじと投資 | トップ | 買っちゃった »
最近の画像もっと見る