夢の未来

夢や希望が失われる時こそ、信仰心を持って明るい未来図を描きましょう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゼファーが最近の霊言を聴いていて思ったこと考えたこと。

2010年03月25日 09時39分48秒 | Weblog
最近、多くの高級霊の方々の霊言を聴かせていただき、あらためて主エル・カンターレ大川隆法総裁の偉大さを確信しました。 天上界におられる高級霊の方々は、24時間眠らずに365日仕事をしていらっしゃるそうです。 それに比べ、主エル・カンターレ大川隆法総裁先生は、肉体に宿って、肉体の制約があるにもかかわらず、菩薩や如来の方々以上のお仕事をされています。大川隆法総裁は、これまで2回も心臓が停止し、医者から見 . . . 本文を読む
コメント

地球文明の近未来予想

2010年03月24日 08時13分09秒 | Weblog
地球文明の近未来予想 地球文明の未来は霊的科学の時代である。信仰と科学融合の時代であり、人間の霊性の開発の時代である。霊界宇宙と物質宇宙の関係を解明する中に未来の発展がある。 1.重力制御装置とテレポーテーション 人類の霊的進化により、テレパシー補助装置が発明される。この装置によりテレビやラジオやパソコンや携帯は不要となる。小さなメガネとイヤーホンを装着し、テレパシーによる通信装置が開発される。一 . . . 本文を読む
コメント

幸福の科学 大川隆法総裁による西郷隆盛との対話、拝聴してきました。

2010年03月23日 01時50分59秒 | Weblog
幸福の科学 大川隆法総裁による西郷隆盛との対話、拝聴してきました。 この国は一度つぶれるな。そして反省せねばなるまい。 地の底までいったん落ちるだろう。 そこから這い上がってこなければならない。 あなたがたは、そのための縄ばしごである。 奈落の底より国家を再生せよ。 この国の国民は政治を見せ物にしている。 闘牛場のように思っている。国民にも反省を迫らねばなるまい。 各自に投票権が与えられるまで、 . . . 本文を読む
コメント

邪教レムリアルネッサンスは悪魔アマリエルが指導している

2010年03月22日 22時40分15秒 | Weblog
9次元霊であるマヌ様からの霊言で、邪教レムリアルネッサンスの正体が明かされました。   マヌ様曰く、悪魔は正体が見破られるのを一番恐れているのです。 そのレムリアという団体もGLAの混乱から生まれた邪教ですね。 GLAの弟子達が後継者を決める段階で混乱した時代に、主エル・カンターレの霊言が始まりました。 しかし、太陽の法が説かれた段階で、この問題は終わっていたのです。 高橋信次霊の . . . 本文を読む
コメント

大川総裁による幸福の科学の職員の憑依霊と守護霊の実態

2010年03月22日 22時07分40秒 | Weblog
動物霊に憑かれている人の言動が、やや歯切れが悪いことです。  理路整然と話が出来ていないのです。  「人は心に引っかかりがあると、言動にあらわれる」と言うのが良く分ります。  地獄にいる霊(悪霊)に憑かれている人には、映像を通してなのですが、何か影があるように感じました。  4人のうちの二人目の職員さんは、20年くらい幸福の科学で働いているそうですが、職場で「違和感」 . . . 本文を読む
コメント

民主党小林みちよ逮捕時間の問題

2010年03月22日 08時12分38秒 | Weblog
 民主党の小林千代美衆院議員=北海道5区=陣営が昨年8月の衆院選に際し、北海道教職員組合〈北教組(ほっきょうそ)〉から違法な選挙資金を受けたとされる事件で、札幌地検が参考人として小林氏に行った事情聴取は、13日午前から数時間にわたった。  関係者によると、聴取は東京都内のホテルで行われたという。小林氏は北教組からの資金提供を認識していたかなどを尋ねられ、「知らなかった」などと答えたとみられる。 . . . 本文を読む
コメント

 里村編集長の過去世仙童寅吉物語 平田篤胤筆記

2010年03月22日 04時15分02秒 | Weblog
高山嘉津間、元の名を寅吉という。はじめ山崎美成のところに身を寄せていたが、いまは我が家におり長く逗留することとなった。その事情については別に記したものがあるのでここでは概略を記すにとどめ、いまはただ問いに答えたことのみを記そうと思う。山人に誘われた経緯を尋ねると寅吉は次のように答えた。 「文化九年、七歳のときだった。無性に卜筮を習いたくなった。茅町の境稲荷の前に住んでいた貞意という卜筮者はよく . . . 本文を読む
コメント

リバテイー・セミナー一部紹介 2月21日(日)

2010年03月21日 19時45分09秒 | Weblog
2010年3月21日(日)は、ハピテレ最終日です。 里村さんとトムさんで私達スペースブラザーズと言ってハグして終わりました。(笑) 皆様のお陰を持ちまして、月刊リバティーは、創刊から今年で15周年を迎えることが出来ました。 15年前と言えば、地下鉄サリン事件がありましたね。当時は社会党の村山首相の時代です。とても変なことが多かった時代です。阪神淡路大震災があり自衛隊反対の村山総理の判断が遅れ、救出 . . . 本文を読む
コメント

世界20億のクリスチャンの父なる存在である主エル・カンターレ

2010年03月20日 07時32分56秒 | Weblog
2007年幸福の科学のハワイ支部で、「幸福の科学」大川隆法総裁は、現地のクリスチャン達の前で、「イエスキリストが「父」と呼んだのは私である」と断言しました。 キリスト教徒にとっては、兜割をされ、脳天を斧で割られるくらいの衝撃です。 その時、大川総裁は、「私がイエスを指導していました。彼は、私のことをファーザーと呼び、毎日、私に祈っていました。そして私は、「人々に何を説教すべきかは、そのときそのとき . . . 本文を読む
コメント

幸福の科学「霊的世界の本当の話」は宗教的入門の話です。

2010年03月14日 07時04分46秒 | Weblog
「幸福の科学」新刊の「霊的世界の本当の話」は宗教的入門の話です。 幸福の科学の基礎知識を勉強し直すのも良いし、初めての方に差し上げたり、宗教について話すのにちょうどよいテキストです。 宗教学者に「神と悪魔」という題を出して、論文でも話でもいいから答えろと言って答えたら大したものですね。 宗教学者は、いろいろな所で文献を引用してくるのが精一杯で、神と悪魔を実態としてつかんでいたら大したものです。 . . . 本文を読む
コメント

吉田松陰先生の霊言 (幸福の科学総裁による霊言)

2010年03月13日 02時11分32秒 | Weblog
吉田松陰先生 霊言 1.活動推進局長への指導 あなたは、発想が営業マンなんだよ。まだ、商品を人に売り込み実績を上げてなんぼという考えがある。それが他の人々に伝染するんだよ。幸福の科学は、本気で世界宗教を目指しているんだ。 もう一段高次な、高邁な精神を持って実践しようとせよ。あなたは、魂の殻が充分に割れていない。 在家時代の自分の実績があるから心に自惚れあり、己を捨てて、大いなる使命に目覚めなさい . . . 本文を読む
コメント

「ヒーリング・パワーを得るための祈り」講義の一部

2010年03月10日 18時38分55秒 | Weblog
「ヒーリング・パワーを得るための祈り」は、幸福の科学グループ総裁である主エル・カンターレ大川隆法総裁が救済仏としての面を強く現した祈りである。 「ヒーリング・パワーを得るための祈り」は、全国、全世界の精舎で受けられる祈願である。 病気全般に関して効く祈りである。この祈願の内容を読んでみれば、イエス・キリストが 病気治しができた理由がわかり、その時指導していた天上界の神が誰であるかが分かる。 あ . . . 本文を読む
コメント

真の保守政党とは

2010年03月01日 01時53分49秒 | Weblog
アメリカのオバマが大統領になって、世界は左翼化し、社会主義化しています。 日本も、左翼マスコミの支持を受け、左翼民主党が政権を取りました。 皆さんは、国民を乞食集団と見なして、バラマキ政策を打ち出す民主党の奴隷になってよいのか? 幸福実現党は自由の大国、日本を守るため、世界の北極星となるため立ち上がりました。 鳩山氏の言う友愛は、フランス革命の自由、平等、博愛から来ています。その博愛のもと . . . 本文を読む
コメント

降魔

2010年02月28日 22時15分32秒 | Weblog
降魔とは、悪霊、悪魔の攻撃を見破り、撃退することである。 悪魔は、この世的な欲望を持っている人が大好きである。 悪魔は、この世的な権力欲、支配欲、権勢欲をもっている人が大好きである。 悪魔の餌は、悩みである。 あなたが、悩みの虜になっている状態は、悪魔にとって美味しい餌みえる。 悩みとは、迷いから生じている。 迷いとは、霊肉の葛藤から生じている。 この世が全てという無明の人生観を持つ . . . 本文を読む
コメント

どんなに偉くなっても心が真っ黒なら地獄に堕ちる。

2010年02月28日 20時46分14秒 | Weblog
たとえノーベル平和賞を貰っても、心が真っ黒なら地獄へ堕ちる。 たとえ総理大臣になっても、腹黒く貪欲なら地獄へ堕ちる。 たとえ大統領になっても、心が冷徹で、人を殺して平気な人は地獄へ落ちる。 たとえ教祖でも、社長でも、大金持ちでも、貧乏人でも、死んで持って帰れるものは心しかない。 あらゆる人が死の下に平等である。 あらゆる人が死後、神仏の尺度(良心)において、公平に扱われる。 . . . 本文を読む
コメント