ZENZAIMU(全財務公式ブログ)

本ブログは全財務労働組合の取り組みや職場の状況等について、中央本部及び地区本部役員が持ち回りで掲載しています

イクメン

2016-02-16 21:10:03 | 主張

世の中を賑わせている『イクメン』なる言葉。

イクメン推進、大いに賛成。

ただ、その目的を誤ると、とんでもないことになる。

何のため、誰のために、男性の積極的な育児参加が必要なのか。

受け手の子供やママは、本当は、何を求めているのかを、よくよく見つめ直して欲しい。

育児をする女性は、決して、イケジョとして、褒め称えられることはないのだから。

 

イクメンタレントとして知られるつるの剛士さんだが、ご自身のツイッターで、こうつぶやいている。

児のため仕事を休む期間は、日頃子育てに携わる妻の心情を理解するための「妻助休業」や仕事の基盤となる家庭環境を整える「家庭月間」と表現するほうがしっくりくるといい、育児休暇やイクメンというワードに馴染めない』と。

心から共感するところである。

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プロ野球キャンプ | トップ | 暑いし、寒いし・・・ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共感 (北九N)
2016-02-21 23:58:35
 組合役員として「ワーク・ライフ・バランス」を口にする機会がある私ですが、今回の主張を読んで、その意味について改めて考えさせられました。
 思えば、子供が生まれて朝から晩まで24時間乳飲み子のために自分の全ての時間を費やす妻の姿を見てからというもの、毎週金曜日には「今週もお疲れさま」の言葉を添えて少しばかりの甘いお菓子を妻に持ち帰るようになったり、時々ですが、子供は自分が面倒みるから外に出でリフレッシュしてきてなどといったやりとりをするようになりました。
 数年たった今も、これらの行為は続いていますが、伝える言葉は次第に疎かになってきているように思います。
 その家々で、家庭内における夫婦の役割分担や関わり方は異なるのでしょうが、良い関係を続けるために大切なのは、相手が頑張っている姿を心に留めて感謝の気持ちを新たにすることだと思うし、今回の主張は、今の状況について改めて振り返る良い機会となりました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。