立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

八月の空の下、34℃の真夏を語る花、盆の到来を語る花、秋を密かにささやく花

2017年08月05日 | Zenblog
 34℃の強烈な暑さに見舞われています。八月の空の下、花々はそれぞれに咲競っています。花それぞれに語る言葉を持っているような気がします。私にとっての勝手な花の意味づけかもしれません。
 真夏の暑さや明るさを強く語っているのは百日紅(サルスベリ)や夾竹桃(キョウチクトウ)です。また、間もなくの盂蘭盆会に供えられる花々があります。ミソハギやいろいろな仏花です。少しだけ早咲きしているのは、密かに秋をささやこうとしているコスモスの花です。


(1)八月の花百日紅(サルスベリ)が咲き始めました。




(2)百日紅(サルスベリ)の花、木の幹は猿がすべるほどつるつるしていますが、花は縮緬のように縮れています。




(3)夏空に向かって大手を広げる百日紅。




(4)夾竹桃(キョウチクトウ)が咲く。この花の色はピンクでやさしいですが、やはり夏の強さを感じます。




(5)ミソハギのシーズンになりました。一名精霊花ともいい、盆花として使われます。この花を見ると盆が来たと思います。




(6)ミソハギの花(拡大)。




(7)盆に仏様に供える花々です。




(8)一輪二輪のコスモスの花が、ときを隔てない秋の到来を密かにささやいています。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日はギラギラと入道雲湧き、... | トップ | 熱中症指数「危険」、大きな... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まめな)
2017-08-06 12:12:03
お盆とサルスベリ、、、私には実家のお墓を思い出させる組み合わせです。墓前に生えていて、子供だった私には、花よりもツルツルの幹の印象が強い木です。お盆なのですね。庭の花でも供えようかな。先日のかぼちゃ電車と大根電車、懐かしかったです! 実家から見えてました。静かなところなので、窓を開け放っていたときには音も聞こえたり。暑い日が続くとのこと、Zenさん、どうぞご無理のありませんように。
百日紅(サルスベリ)はなぜか (zen)
2017-08-06 15:31:17
 百日紅はなぜかお寺とかお墓に植えられていることが多いように私も思いました。私の思い出も似たようなところがあります。
 この時期(お盆)だからよけい昔のことがいろいろと思い出されますね。

 暑い日が続くのにお気遣いいただいてありがたいです。暑さが響く年になりました。
 お互い元気に過ごしましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。