立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

水橋漁港でモクズガニを獲る人たち・・・富山市・水橋漁港

2016年02月22日 | Zenblog
 空は曇ってやや寒い日です。水橋漁港も寒々としていましたが・・・、人影があって、たも網で何か穫ろうとしています。モクズガニのようです。話しかけると通じにくかったけれど、中国からの人のようでにこにこと応じてくれました。3人で来ていました。日本人はここでモクズガニを獲っているのをあまり見たことはありません。

(1)水橋漁港


(2)蟹が捕れた


(3)モクズガニのよう


(4)岸壁から下を覗き込んで


(5)岸壁の下をたも網で探っています


(6)いっぺんに2匹獲れました


(7)通じにくかったけれどニコニコと応じてくれて


(8)かなりの収穫です


(9)カモメが群をなしていました


標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の光あふれる東福寺野(4)・... | トップ | (ブログ再開) 雪の朝の常願... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
モクズガニ (tetumom)
2016-02-22 17:39:10
モクズガニは上海蟹みたいですね。内子が入ってたら大当りですね!
暢やかな書きぶりと写真で、いつも心が和みます。ありがとうございます。
水橋漁港でモクズガニ!! (はたやん)
2016-02-22 17:45:33
自分の小学・中学校時代は石垣コンクリート岸壁であって水際で同様のタモ(手網)を使ってモクズガニ(自分達はモズクガニと呼称)や手長海老(ガマダエビと呼称)を度々獲って砂浜海岸へ行って突堤に張り付いているカキも剥がして打ち上げられている枯れ草・枯れ枝で焚き火をして併せて焼いて食べていました!!/ガマダエビはイマイチでしたがカニミソは本当に美味しくカキは生が一番でした!!(モクズガニは上海ガニと同類です!!)
モクズガニは上海ガニと同類 (zen)
2016-02-22 22:18:25
 以前にも白岩川べりで、日本語の分かる中国人夫婦と出会ってモクズガニを獲っているので話しかけたら「これ上海ガニと同じで、美味しいよ」と話していました。モクズガニを獲ろうとしている中国の人に出会ったのは、これで3度目になりました。最初はこの近くの工場に働きに来ている若い女の子たちでした。
 上海ガニはよほど美味しいものに違いないと思うようになりました。
お邪魔させていただきました (pacific0035@北海道)
2016-03-03 05:10:02
 <あなたのブログと関連するかも?>というGOOBLOGのお誘いにのって、お邪魔させていただきました.

 しばしば北の窓越しに見る、山岳を紹介することがあるもので、自動的に紹介してくれましたですかねー.

 富山は黒部ルートを旅行するため、立山で着地したことがありますが、通過するばかりで.

 富山、伏木と古い統計ではお目にかかり、親近感があるのですが.
 竹久夢二の関係者が、そちらに<ゆかり>ありました、ですか?.違いましたかネー.小説で読んだような気がしましたけれど.

 お邪魔させていただきましたー.失礼いたしましたー.
pacific0035@北海道さん (zen)
2016-03-03 09:04:14
 ご訪問ありがとうございます。偶然の出会いかも知れませんが、よく訪問して下さいました。

 立山黒部アルペンルートは大半が富山県側です。富山県には富山湾から北アルプスまで見るべきものがたくさんあり、四季の変化にも富んだ土地ですので、どうぞまたおたずねください。

 富山の立山連峰を仰ぐ生活を送り、徘徊しているこのブログにもお立ち寄りください。ありがとうございました。
モズクが二をもっと知りたい! (森)
2017-11-10 13:49:31
初めまして、富山在住の森と申します。
去年のモズクが二ついてのブログを拝見いたしました。
上海蟹と同じ種類のようですが、是非捕ってみたいと思います。
詳しい情報を教えてください。
よろしくお願いいたします。
モクズガニ (zen)
2017-11-10 16:52:13
 よく間違われるのですがモズクガニではありません。私も詳しくはわかりません。水橋漁港や白岩川河口付近に岸壁の水中にくっついているようです、それを小さな網で取るのです。食べ方は茹でたりするのが普通のようです。
 モクズガ二はここだけでなく広く生息している蟹だとおもいます。

 大した説明ができなくて申し訳ありません。

コメントを投稿

Zenblog」カテゴリの最新記事