立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

晴れ、立山の上には刷毛で掃いたような雲、日の当たる秋の野・・・富山市水橋

2016年10月14日 | Zenblog
 立山の上にはハケで掃いたような雲があるだけで、気持ち良く晴れています。立山の初冠雪は来週ぐらいとの予測です。野には日が降り注いで秋が進みます。


(1)晴れた立山連峰。

 今朝の北日本新聞には昨日(13日)早朝剱岳に雪が薄く積もった写真(富山市水橋二杉から撮影)が掲載されていました。そして天狗平にも積雪があったと報じています。ただ平地の富山地方気象台は初冠雪とは言っていません。初冠雪は来週ぐらいかと書いてありました。私は残念ながらその積雪を見ることはできませんでした。


(2)日の当たるコスモスと剱岳



(3)フウセントウワタと呼ばれている風船植物

 花と果実が同居する、木か草か分からない謎のような植物。切り花としても使われるようです。


(4)菊の花と蝶



(5)葉が落ち莢も枯れたように見える大豆畑。



(6)カリンの実がなっている。



(7)長々と走る貨物列車、背後は僧ヶ岳と毛勝三山。



(8)立山連峰の背後(僧ヶ岳の右)に冠雪した後立山の白馬鑓が岳(はくばやりがたけ)が見えます。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立山の初冠雪はまだか、ツタ... | トップ | 快晴の日の夜明け、日の出前... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何が起こったんやら・・・ (杉氏)
2016-10-14 20:54:40
夜中に、ドスン!!!とベッドから転落した!!!逃げる夢を見ていて60cmの高さから転げ落ちたのだ。しばらくは何が起こったのか、わからなかった。立ち上がろうとしたら臀部が痛い。頭でも打っていたら、大変なことになっていただろう。
御身お大切に (zen)
2016-10-14 21:52:10
 年齢になると何が起こるかわかりません。私の身にもいろいろと起こります。どうぞ、御身お大切にお過ごしください。
 (tetumom)
2016-10-15 15:03:55
1の写真、劔付近の雲 同じ雲見ましたよ。朝は彩雲になっていました。
7の写真、さすがに日本海縦断貨物列車。先頭の機関車EF510は赤色か青色か 目を凝らしましたが、画面からはみ出したようですね。青色と銀色は、震災後の常磐線で、貨物ひいていたのをよく見かけたので、懐かしいです。がんばろう東日本、つながろう日本のステッカーつけて、平成の団結列車でした。昭和の団結列車とは異なり、妙に力づけられたのを思いだします。
さすがtetumomさん (zen)
2016-10-15 16:27:13
 日本海縦断貨物列車ですか、おそれいります。脱帽ですね。列車に目をつけてそこまで語るとは、なかなかのものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。