立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

立山は時雨れている、曇り日の白岩川かいわい・・・富山市水橋

2016年10月17日 | Zenblog
 立山が時雨れています。白岩川は風もなく静かで、秋に深く沈潜している風です。


(1)立山の方は時雨れていて、白岩川は静かです。



(2)静かな白岩川に、時雨れる立山。



(3)静かな水面にカヌー。空の一部が時雨れている。



(4)時雨れる立山。



(5)白岩川ぞいの空き地、秋の雑草。

 草モミジになりつつあります。エノコログサ(猫じゃらし)、クズ、ススキ、セイタカアワダチソウ、カヤツリグサ、ヨモギなどなど。


(6)曇り日の紅葉は深い色。白岩川に枝をさしかける桜の紅葉です。



標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の景色の中で白く光って揺... | トップ | 時雨の中、北前船の港町岩瀬... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (杉氏)
2016-10-17 19:21:30
この頃、歴史が逆流させられることが多い中、新潟知事選で事実上の野党統一候補が勝利したことは、胸のすく思いです。安倍政権はこの新潟知事選と東京10区補選、福岡6区補選で勝利して、来年1月に解散総選挙して、一気に憲法改悪の政局にもっていく意図だったが・・・。

小選挙区制がある限り、自公と戦うためには、1人区では野党統一候補を立てることが必須だと思う。
時雨がくると冬も近い (zen)
2016-10-17 21:05:15
 時雨が本格的になると、冬がそこまで来た感じになります。今は、冬が過ぎて春まではたして生きているのか、という風な気分です。
 春が来るのは当然と思っていたけれど、必ずしも当然でないのかもしれません。

 先の夢は語らず、ただ静かに暮らせたらいいという気持ちになると、少しは気分が落ち着きます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。