立山日和。

立山連峰の山々を眺め富山県内を徘徊する日々を綴ったフォト日記。2014.11.3.までは友人の中国旅を毎日掲載した。

昭和の香りが残る道・・・富山市水橋~滑川市

2017年07月11日 | Zenblog
 昨日の続きです。運河にかかる橋のあたりから東へ、旧北国街道を滑川に向かって移動していると、いかにも昭和の香りが残る(とくに昭和の前半)たたずまいの家が残っていたりしてタイムスリップする感がありました。


(1)旧北国街道の富山中心部方向への道。左に見える欄干は運河にかかる橋のものです。




(2)運河の橋から見ています。道路標識にしたがって右折すると旧北国街道の滑川・魚津方面です。この道を進みます。




(3)街道の交差点にある古い店。昭和の名残を感じさせる自転車店です。




(4)自転車全盛の時代には繁盛したであろう面影が残ります。




(5)昭和の香りがする民家です。街道に面していますが、町外れだったからか商家ではありません。




(6)二階建てで細かな格子が美しいです。




(7)さらに滑川市中心部に向かう旧北国街道です。細かく見れば、昭和の香りを残す家がところどころに見られます。




標題をクリックするとページが開き、下にコメント欄があります。一言書いていただくと幸せです。
右下の「コメント」をクリックしてもページが開きます。
ぜひブログランキング・にほログ村へにクリックを!
『富山県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白岩川河口近く、運河付近の... | トップ | いつもの蓮池を見に行ったが... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フェローMAX (SDTM)
2017-07-11 23:07:25
☆ 1970年代を象徴する360cc軽自動車の勇、
  フェローMAXの看板に感激しました。

  弊BLOGのモーターショーでのMAXをトラバ
  させて頂きました。
フェローMAXの看板 (zen)
2017-07-12 06:12:49
 誇らしげにフェローMAXの看板が掲げられていますが、もうこの頃には自転車の時代は終わりかけ、モータリゼーションの大波が押し寄せて、自動車の時代に入ってきたのですね。
 そのころからこの自転車店は自転車店としては立ちゆかなくなって、その看板が最後に残ってしまったという皮肉ですね。
 時代の移り変わりというものを感じます。

 フェローMAXについての補足をありがとうございました。

コメントを投稿

Zenblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ダイハツ フェローMAX 【第17回東京モーターショー:晴海】1970.NOV (SDTMの気まま空間)
☆ ダイハツ フェローMAX 【第17回東京モーターショー:晴海】1970.NOV キャッチコピーは「40馬力のど根性!」 真っ黄色い車体が似合っていました。 ラリー仕様の様でした。 【タ......