散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

古地老稲荷神社(港区白金台)

2017-05-20 06:00:07 | 日記

       

        

 昔「江戸の名物は火事」といわれたほどで、火伏せの稲荷信仰がさかんでした。中でも古地

老稲荷は「あが縁日が存続する限り この地に出火をみせじ」の強いご神託により文政12年

(1829)、日吉坂上に鎮座されたものです。  

 大正の関東大震災でも、戦時中の空襲でも火災を免れたのは、祭神のご利益と信仰されて

います。古くは明和9年(1772)、目黒行人坂の大円寺から出火した火災で、周辺一帯が大き

な被害を受け、文政12年(1829)前身である古地郎稲荷が日吉坂上に設置されました。(写

真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高輪消防署二本榎出張所 | トップ | 東京競馬場(府中市) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。