散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

ほおずき市(浅草寺)

2017-07-09 06:00:10 | 日記

       

 7月10日は、四万六千日の縁日にあわせて「ほおずき市」が賑やかです。ほおずきは実を水

で鵜呑みにすると、「大人はしやくを切り」「子どもは虫の気を去る」といわれる薬草として評判

だったものです。    

       

 江戸の昔、落雷のあったとき「赤とうもろこし」を吊るしていた農家だけが無事であったことか

ら、文化年間以後「雷除(かみなりよけ)」として、赤とうもろこしが売られるようになりました。と

うもろこしが不作で、赤く色づいたほおずきを売ったのが、その薬効もあって今に伝わったので

しょうか。子どもの頃、実の皮を破らないように種を出して、ふくらませて面白い音色出す笛の

ようにして遊んだことを思い出します。音を出すのがむつかしかった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恵比寿ビール記念館(2) | トップ | 恵比寿横丁 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ほおづき市 (hibochan)
2017-07-09 07:10:13
数年前お参りしました
粋なあねさんの掛け声が響いてました
もうそんな季節
ほおづき茨城産が多いとか
茨城産 (sanpo63)
2017-07-10 09:54:46
 そうですか 茨城産のほおずきがねぇ

 鬼灯とも書きますが 薬草になるとか

 子どもに食べさせるなとかいろいろですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。