散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

常燈明台(九段坂上)

2017-04-07 06:00:05 | 日記

       

          田安門

 九段坂は勾配が厳しい坂で、昔は坂の上から東京湾が見渡せるほど見晴らしがよかったと

いいます。田安門前にある常燈明台は、東京湾を行く交う船の安全を守るために作られた燈

台で、かつて坂上の靖国神社前にあったものを移築したといわれいいます。    

        武道館の屋根が見える

 品川や房総からも灯りが見えたといいます。今は林立するビル群で見えなくなりました。この

燈台の隣には、明治期の陸軍大臣、海軍大臣を歴任した西郷従道の銅像があります。(写真

Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 力道山のお墓(池上本門寺) | トップ | 大山巌・品川弥二郎(九段坂... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
九段坂上 (hibochan)
2017-04-07 07:13:28
常燈明台は 知りませんでした
灯台が九段にあったとは
田安門から武道館へ桜がきれいだった記憶が
hibochanさん (sanpo63)
2017-04-07 11:04:59
ここの燈台の灯りで東京湾の船舶が
運航していたというのは 素晴らしい

 現在では考えられないことですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。