散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

久保田一竹美術館(河口湖)

2016-10-30 06:00:56 | 日記

       

        

 染色家久保田一竹(1917~2003)が、1994年建設した「一竹辻が花作品」を常設展示する美術館です。

 内外壁の全てが琉球石灰石(サンゴ等の堆積岩)でできた、世界的建築家ガウディの建築物を思わせる稀

有な建物です。 辻が花作品は、室町時代に栄えた縫締紋の紋様染で、初めは庶民の小袖から始まったとい

われ、高級品として一世を風靡しました。      

         

           

 しかし、江戸時代初期にその姿を消します。諸説ありますが、より自由に絵画的表現の出来る友禅が台頭

し、辻が花染は衰退したという説があります。後に、久保田一竹が「辻が花」の研究に取組み、20年間の研究

の結果60歳で完成したのが「一竹辻が花」です。見事な作品が並んでいますね。(写真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コキアの群生・山は紅葉(大... | トップ | 富士御室浅間神社(河口湖町) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
河口湖 (hibochan)
2016-10-30 07:29:30
美術館知りませんでした
辻が花徳川時代と思ってました
テレビで見るだけ一度見てみたい

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。