散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

戸田茂睡の墓(浅草奥山)

2017-05-07 06:00:05 | 日記

        戸田茂睡の墓

 ここに元禄時代の歌人戸田茂睡のお墓があります。大正8年に東京府の旧跡に指定されて

います。徳川氏の家臣、渡辺忠の六男に生まれ(1629)のちに本多政長に仕えましたが、延

宝年間の末致仕して浅草寺近くに居をかまえました。    

 「梨本集」を著して和歌の制の無用を説き、世に詠歌の派を立てました。「紫の一本」「御当代

記」などの作品があります。「塵の世をいとう心の積もりては 身の隠れがの山となるらん」と詠

んで、隠れ家の茂睡と時の人に呼ばれていたといいます。   

        半七の塚

 半七の塚  茂睡のお墓の近くに「半七捕物帖」の主人公、神田三河町の目明し半七の塚が

あります。江戸川乱歩ら捕り物作家クラブ同人が、岡本綺堂の業績を記念して昭和24年11月

に建立したものだそうです。茂睡と半七とは面白いですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 喜劇人の碑(浅草奥山) | トップ | 雷おこし本舗(雷門) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。