散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

ジョセフィーヌの鐘

2017-06-15 06:00:05 | 日記

      

 キリスト教が解禁されて間もない明治10年(1877)、築地に聖堂が完成しました。二つの鐘

がフランスから選ばれて「アンドレード・ジョセフィーヌ」と名付けられました。二つの鐘は築地教

会で二重奏を奏でていましたが、ジョセフィーヌは1920年に関口教会に移されました。

       

 ルルドの洞窟 ルルドはフランスの西南、ピレーヌ山脈の奥池にある町です。約120年前の

1858年キリストの聖母マリアが、町はずれの洞窟で、ベルナデックという少女に現れて、世界

の人々の改心のため、また平和のために祈るようにすすめました。この洞窟は実物と同じ大き

さで、明治44年(1911)に仏人宣教師が建てたものです。(写真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カテドラル関口教会(文京区... | トップ | 護国寺(文京区大塚) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
築地 (hibochan)
2017-06-15 07:43:41
騒動中ですが確か立教大学の発祥の地
関係あろのでしょうか
聖路加病院屋上からの隅田川思い出します
hibochanさん (sanpo63)
2017-06-17 07:56:39
たしか築地本願寺の北側の道を東へ
進む と立教の発祥とかいろいろと

 やがて隅田川へ 佃大橋が見えます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事