散歩の時に見つけた!

東京都内を散策しますが、こんな所にこんなものがと再発見します。写真を添えて紹介します。

旧吉田茂邸と庭園(2)

2016-10-09 06:00:31 | 日記

        

          

 この庭園は、心字池を建物正面に配した池泉回遊式の庭園で、細かく曲がりくねる園路は歩み

を緩やかにし、ところどころ立ち止まらせ、池や池畔のウメ、ツツジ、モミジなど、花木や紅葉を楽

しむことを促します。園路を散策していると、池を見下ろしたり丘の中腹に建つ「七賢堂」などを見

上げることができます。    

          七賢堂

          

 七賢堂は、明治36年伊藤博文の自邸、大磯の「愴浪閣」にあったものです。はじめに、明治維

新の元勲のうち、岩倉具視、大久保利通、三条実美、木戸考充の4人が祀られた「四賢堂」でし

た。その後、伊藤博文が祀られ、昭和35年には吉田茂がこの地に移設し、西園寺公望を合

祀し、吉田茂本人も死後に合祀され、現在の「七賢堂」となりました。この地の歴史を感じさせ

る貴重な建物のため、公園の一部として残すことにしました。(写真Mr麹町)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 旧吉田茂邸と庭園(大磯) | トップ | 横穴古墳群(大磯城山公園) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。