ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

芸術と所沢とまちづくりと ところざわ文化創造会議 に 文化芸術シンポジウム

2016-10-13 17:54:45 | 視察関係

にほんブログ村 ←クリックお願いいたします。

所沢市民は文化的な素養のある人が多い と感じている。

そこで、

文化の風 薫(かお)るマチ 所沢 を標榜(ひょうぼう)し、

文化的な人々の素養を生かして、気品と誇りの厚みのある都市 も目指して5年。

まずは、音楽のあるまち から始めているが、なかなか一足跳びにはいかないものだ。

でも、気持ちも確かに、いろいろと観て、学んで、花開かせよう、と今は活動しているところ。

日大芸術学部、埼玉県立芸術総合高校

こんな宝も活かせないか。互いの存在をWINWINで伸ばせないか。

何とか所沢の街のために活躍してもらえないか?



現代美術に属するのかしないのか、それは私にはわからないが、

このところいくつかの芸術展を見学している。



さいたま市が行っている さいたまトリエンナーレhttps://saitamatriennale.jp/














日大芸術学部による 柳瀬荘アート教育プロジェクト「間の共振」



岡山芸術交流 http://www.okayamaartsummit.jp/

こと所沢に目を転じてみても、実は

引込線 郷土美術館 長屋門能面美術館

小野家 斉藤家 秋田家 の住宅、蔵

重松流祭りばやし保存会 と ところざわ祭り

演劇でも

銀杏の会 おしゃれ大学 にこっと茶 演劇を見る会 こども劇場  もちろん 美術連盟

など多様にして多才である。

まずは、文化とどう関わるか?

ビジョン策定に向けて

11月12日(土) 午後1時より ミューズを会場に

『文化芸術シンポジウム』を開く。

基調講演は あのオリンピックメイン会場を設計し、KADOKAWAのサクラタウンを設計する

建築家 隅研吾氏 分科会も3つ開催。 以下是非ご参加いただきたい。


 
 
さらに、KADOKAWAとのクールジャパンフォレスト構想実現のための

『文化創造会議』10月22日(土)午後1時より

くすのきホールにて(所沢駅東口前)



(株)KADOKAWAの角川会長  (㈱)西武H.D.の後藤社長 ご参加のもと

台湾、中国、韓国から有名なブロガーや声優の白石稔さんもお招きしての

発表やパネルディスカッションになる。

あっ、イイとこTVの仁科美咲ちゃんも出演される。

皆様ぜひおいでください。

以上、
そんなわけで、所沢市は 文化 について 今 模索中なのであります。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 島川選手に特別顕彰 岩渕選... | トップ | スポーツの秋・文化の秋 そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。