ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

名誉市民にご推挙しました 斎藤博氏

2017-07-08 00:21:09 | 議会のこと


にほんブログ村←クリックに感謝です。


それでは、名誉市民にご推挙いたしました 斎藤博氏 です。

以下は、議会で述べた文章そのままです。

「次に、議案第78号でありますが、名誉市民の推薦について「斎藤 博(さいとう ひろし)氏」を推薦いたしたく、
同じく規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。 

斎藤 博氏は、市議会議員を8年、県議会議員を12年務められた後、「生活優先・文化重視」を基本理念に、
平成3年から平成19年まで16年間、市長を務められました。
また、その間、埼玉県市長会会長全国市長会副会長などの要職も歴任され、
埼玉県内及び全国各市の連携協調を図り、市政進展と地方自治の興隆繁栄にご貢献されました。

市長在職時の16年間で、乳幼児から高齢者まで、健康づくりを支援する保健センターを開設され、
また、介護保険制度導入にあたっては、いち早く情報を収集され、他市に先駆け、万全の運営体制を整備されました。

また、防災対策の強化による災害に強いまちづくりの推進や市内循環バス「ところバス」の運行を開始するなど
市民生活優先の諸施策を展開されました。
また、当時、赤字決算に陥っていた競輪事業に臨んでは、国、県を相手取って制度改革の必要性を提起し、ついに改革は達成され、
合わせて撤退を完遂されました。
このほか、高レベルの大会を招致できる、グッドデザイン賞も受賞した西川材を使用した市民体育館
また、市民武道館、北中運動場などのスポーツ施設やカルチャーパークの建設。

さらに、新所沢跨道橋を有する都市計画道路「上新井富岡線」やあらく跨道橋を有する「新所沢駅前通り線」、
さらに、「北原安松線」、「稲荷林西富線」、「松葉道北岩岡線」などの道路整備も進められました。

環境面では、全国で初めて「所沢市ダイオキシン類等の汚染防止に関する条例」を制定される一方、
林立していた産業廃棄物中間処理施設の煙突を撤去へと導かれました。
さらに、より厳しい環境基準に対応した東部クリーンセンターを整備するなど環境全般に対する数々の施策は環境先進都市として
高い評価を得たところでございます。 

また、国際交流面では、中国・常州市および韓国・安養市を訪問し、日中友好姉妹都市締結および日韓友好姉妹都市締結の調印を行うなど、国際交流活動の推進にご尽力されました。

このように四期16年間、所沢市発展のためご尽力され、多大なるご功績を残されました。

既にこれらの功績を評価され、旭日中綬章、総務大臣表彰を受賞されているところであります。

斎藤 博氏は多くの市民から敬愛される方であり、名誉市民にふさわしい方と考え、ご推挙申し上げるものであります。

何とぞ、ご同意賜りますようお願い申し上げます。」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名誉市民にご推挙しました ... | トップ | サイレンが聞こえる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

議会のこと」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。