ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

もったいないプロジェクト 食品ロスゼロ協力店がTVにでた!

2017-04-21 12:28:51 | かんじたこと、つぶやき


にほんブログ村←クリックお願いいたします。



もったいないの心の実践

これは、所沢市の歩む方向性を定めた『マチごとエコタウン所沢構想』の3本柱のうちの1つだ。

日本で食べ残されたり捨てられている食品は、世界が食糧援助している量の2倍はあるという。

25mプールにすると1万7500杯分

もったいない・・・

昔は親から『もったいない』とよく言われたものだった。

「お百姓さんが一生懸命作ってくれたものです! ご飯粒が残ってる!」 とたしなめられたものだ。

また、外食しても残ったら、店に頼んで持って帰ったものだった。

そして、私が3年間住んでいたNYニューヨークでもその文化はしっかり息づいていた。

1人住まいの自分は、よく中華屋で夜ご飯を食べ、一部を持って帰り、翌日の弁当に使ったものだった。

まず、のこさないように注文する。そして残したら持ち帰る。

外聞を気にする日本、何かあったら責任が取れないと責任論を怖がる日本だが、

もっと単純におおらかに、もったいないから持ち帰る、でいこうではないか。

所沢市では、「もったいない!もって帰ろう!」運動と、宴会の最後の15分を「食べきりタイム」と宣言し、

残さないようにする運動を実施中。

それがTV取材されて、市内の協力店の動きが取り上げられた。

「野菜と食べる焼肉&ホルモン わ」 と「BUGZY」だ。

みなさん、ぜひごらんください。

フジテレビ みんなのニュースからここをクリック↓
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00355879.html


食品ロスについてはこちらが詳しいです。
政府広報http://www.gov-online.go.jp/useful/article/201303/4.html


  
               食べきりタイム で宴会しよう!



              もったいない 持って帰ろう!



                雑紙だって リサイクルできるんだ!




                      これが市で頒布している持ち帰り容器

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北野下富線 島忠からの26... | トップ | 市長のこんにちは訪問 ゆう... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。