ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

安達 野澤 佐藤選手に 特別顕彰を 贈呈

2016-10-30 19:26:25 | 市役所でのこと


にほんブログ村 ←くリックお願いいたします。

10月24日(月)

                  左から  安達阿記子選手 野澤啓佑選手 佐藤拳太郎選手

リオのオリンピック・パラリンピック出場の3選手に特別顕彰を贈らせていただきました。

安達阿記子選手 パラリンピック女子ゴールボール  新所沢東地区在住 

野澤啓佑 選手 オリンピック 400mハードル   小手指地区在住

佐藤拳太郎選手 オリンピック 1600mリレー   狭山ケ丘中学出身



安達選手は、市内小学校でゴールボールの紹介による障害者スポーツの普及と障害への理解促進にご尽力いただいています。過去2回のパラリンピックでは優勝でしたが、残念ながら、今回はメダルを逃しました。
ブラジルは日本チームに暖かく、ただ、明るい民族なので応援も静かにならず、耳を頼りとするゴールボールでは、静かに鳴るのを待つ一幕もあったと伺いました。

野沢選手には先日の市内陸上選手権でも 模範で来場いただき、サイン会もしてくださいました。早稲田を卒業しMIZUNO所属、いまは早稲田大学のグランドでも練習されているそうです。



佐藤選手は、狭山ヶ丘中の野球部出身。現在 城西大学2年生。 リオでは、タクシーに乗ったらお金を忘れて、日本円で交換してもらい、帰りは3時間走って帰ったという逸話も伺ってしまいました。

リオに行ってみてのお話をたくさん(根掘り葉掘り)聞かせていただきました。

それにしてもスポーツの一流選手は、皆、素直な気持ちを持っている方々です。

先日相撲担当をしたことのある新聞記者さんが、「一流選手になるには、まず素直であることが一番。」と言われていた。

そして、その次に条件が加わるようです。

さて、今回3人の選手にお会いしてみて、全くその通りでありました。

みなさん、これからさらに活躍される方々です。

市内に住んでいらしたり、出身であったり、それは市民の誇りです。

我々は安易に「4年後を目指して頑張ってください。」なんて言うけど、選手にとっては、4年は長く、辛いと思います。

その重さを知った上で、静かに、私たちは言いたいと思うのです。

私たち市民は、応援しています!! 

どうぞご活躍を! 心から祈っています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出来事 | トップ | ディケーター市との姉妹都市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。