ガッツ藤本(藤本正人)のきょうのつぶやき

活動日記ほど堅くなく、日々の思いをつぶやきます

絆を紡ぐ活動に感謝 ②

2017-07-23 19:28:00 | 行事を見たり聴いたり活動


にほんブログ村←クリックお願いいたします。


さあ、7月22(土)23日(日)は、すっかり夏休みに入って、街には断然こどもたちの姿が溢れ出した。

22日(土) まずは、朝6時半から 安松神社チビッ子ラジオ体操会 に出席する。

毎日やっているラジオ体操は関東地区の推薦も受け、ますます気合が入っている。これから夏休みの38日間は、こどもも一緒に体操する。
早起き、早寝。朝ごはんで こどもたちはきっと規則正しい生活を送ることだろう。



続いて、時間を置いて、まさに私の地元 三商北中・三商青葉台自治会夏祭り

子供みこしが地域を練り歩いた後、盆踊りが始まる。


そして、
 エステシティ自治会 今年は自治会ができて30周年 音楽家を読んで大規模に行われていた。

ここでは、自治会加入のすすめと自治会が所有し、維持管理している道路照明灯8400灯LED化のいきさつ、
日大芸術学部1,2年生が平成31年3月をもって、江古田に行ってしまうことも申し上げた。 

続いて、新所沢地区は 松葉町町会 夏祭り 商店街とも仲良いこの地域。食券を買いに並ぶ長蛇の列が出来ていた。
帰宅帰りの北高生もちょっと寄って、遊んでいく。



続いて、富岡の ネオポリス納涼夏祭り 地区計画を結んで、まちの団結を図る地域。いつも若い人の模擬店参加が目立っている。


そして、東所沢二丁目自治会 東所沢小学校の庭を使ってのお祭りも大規模。焼酎をいつも売ったり振舞ったりしておられるのも特徴かも。
ここでは、2020年夏にオープンするKADOKAWAさくらタウンのお話を申し上げた。


本日最後は、山口地区の 氷川町内会盆踊り 中氷川神社におけるお祭りも大きく、山口地区のこどもたちを一斉に集めていた。


その日は、帰りが9時すぎ。というより途中で健康のために車を降りて、歩数を稼ぎ、10時過ぎに帰宅。それから夕飯を食べた。

さて、23日(日)は、

まずは、第34回市長旗争奪男女バレーボール大会 若松クラブが7月末に全国大会に行く。 大分の豪雨災害に対する義援金も集めていた。



つづいて、 所沢中央病院新病棟開所式 中央病院は、市内救急の3割。年間3000人を受け入れてくれている市民にとって大切な存在。 なのに5年ほど前、古くなって改築したいので、安い土地を探してよそに引っ越したい、と言い出した。
そこで、 所沢市としては、条件をつけた上で、となりの市有地を優先的に鑑定価格にて販売することにした。
優先する代わりに、市民ギャラリーと北秋津地区集会所を作って欲しい、との条件だった。
5億2600万円で売却したお金は、その年議会に国保税値上げを認めてもらえなかったので、国民健康保険赤字分にそのまま流されたという経緯を有する。
いずれにしても、土地は鑑定価格で売れ、市民ギャラリーと集会所は作ってもらい、80床から160床に倍増して、
市民にとっての救急受け入れはさらに安定化していくだろう。



市民ギャラリーは来年4月にはオープンします。

つづいて、吾妻地区は 南住吉町内会 子供神輿祭り ちょうど子供たちがこれから南小学校を出て、町内を回るところに行った。
とても多くの、小学生、中学生が参加していて、どうも皆、南住吉の子どもらしい。
神輿が回ったあとは、一旦帰宅し、6時からお祭りが始まる。
 

そして、生涯学習センター 星空フェスティバル

北高、中央、所沢高校、西高校の学生さんや 所沢に本社がある株式会社ビクセン 図書館 中学校の先生方 などや、

市民学芸員さんのお力によって 楽しく興味深く 開催されていました。こういう企画に来る親子も アンテナが高い 親子さんです。



 

この2日間も こどもたちに 善きふるさと を伝えるべく 大人が連帯して 額に汗する姿をたくさんたくさん拝見した。

ありがとうございます。

感謝、感謝の2日間でした。 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民のための協定締結 そし... | トップ | 所沢農産物 親子料理コンテ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

行事を見たり聴いたり活動」カテゴリの最新記事