全日本相撲甚句協会:情報

大相撲につながる伝統唄「相撲甚句」会の紹介と普及活動など

◇第19回相撲甚句発表大会 二日間盛況賑わいに終了。主催 全日本相撲甚句協会 師範:国錦 耕次郎。会場 東京両国 相撲甚句会館「館主 国錦」。

2017年04月23日 | 情報
主催 山下 晃生 会長の開会のご挨拶。
◇国錦師範念願の「相撲甚句会館」を昨年開設し、今日ここに二日間にわたる相撲甚句発表大会を開催の運びになって十二分に日頃の相撲甚句習得の成果を発表しましょう。
ご来場の皆様には、是非最後までご覧いただきたい旨のご挨拶と開会宣言。
1枚のはがきからご来場も。

◇各相撲甚句の発表風景に幾コマかのシーンを写真でご披露いたします。全団体すべきですが、スペースの事情と合わせて、各団体(会)さんで、これをと望まれる写真を是非ご提供お願いします。交互に掲載させて頂きたく思っています。 先ず公開しましたが、おいおい更新していきます。 記 林 太一

◇トップ出演、牛久相撲甚句会(1組)観客満席のなかで開催二日間のスタート登場、喝采。

◇八千代相撲甚句会の1組の面々秋には相撲甚句千葉県巡業を。九十九里海岸から太平洋に向かって唄い、ハワイ、その先までもとどかせよう企画中だそうです。

◇名門:新潟市相撲甚句会の皆さま昨年10月には、新潟市相撲甚句大会を主催し、全日本相撲甚句新潟市巡業とし。新潟市会員の皆さま他新発田相撲甚句会の皆さま共に、大盛況に開催されました。

◇チャリティ募金贈呈、「銀鈴会」様今年16回(16年)です。会場においでの皆様と、出演団体の会員も共に募金をし、即日贈呈させていただいています。因みに前述名の会は、喉頭摘出されお声を失った方々が発声回復の努力に支援される、公益社団法人です。当会をしていささかでもお役に立てるかと念願です。

◇東京足立相撲甚句会三組中3組の皆さんです。

◇29年3月25日26日二日間の大会を盛況りに終え、国錦師範による「相撲甚句教室」そしておなじみの「当地興行」の全員合唱で閉めました。あとは交流会の楽しみ・・・。

◇出演組授与式、交流会持期待の受賞それぞれ発表評価の賞の授与です。写真は「野州相撲甚句会」さま、組の代表者に会長より授与の一コマです。

◇国錦師範。国錦・親娘子の相撲甚句、そしてゴスペル歌手。幸子さんの素晴らしい美声と迫力に魅了されました。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇全日本相撲甚句協会 相撲甚... | トップ | ◇〝両国にぎわい祭り〟時、国... »
最近の画像もっと見る

情報」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。