ワカメと銭婆との喜怒哀楽

年式'00のビーグル犬ワカメと'51の妖怪!銭婆が俺を困らせ悩ませる 痛快娯楽な毎日

スズメのタラちゃん

2017-05-22 02:52:40 | ワカメ

 

 

 

 

ワカメさんが 11月に発作を起こしてから寝たきりになってしまい庭には出てませんでしたが

今でも朝夕と、スズメさんが ワカメさんの食べ残したオヤツを待っているんですよ^^

 

で最近 毎朝 銭婆さんがスズメさんのためにワカメさん用のビスケットを置いておきます。

スズメさんが来てくれると それだけでワカメさんが生きていた証のようにに思えるものでね

 

銭婆さんがビスケットを小さく砕いて置いている時、

 

待ちきれないスズメさんは ほんのすぐ近くで待っていて

「 早くしろ!」とばかりに周辺で落ち着きなくウロウロしてます^^;

 

 

ビスケットを置いて3歩も歩くと すぐにやってきて

 

 

 

 

 

食べまくりのスズメさん、

 

朝一番に待っているスズメさんは いつも一羽で その後、複数のスズメさんがやってきます。

最近 銭婆さんが その朝イチすずめに 「 タラちゃん 」と、名前を付けて

「 タラちゃんが餌くれって、鳴いてるから置いてこなきゃ ♪ 」と言いながら

オヤツを持って庭に行くんです^^;

 

以前、アヒルのカツオがいて、ワカメさんがいたので タラちゃんと命名した模様^^

 

最近、日の出が早くなってきて タラちゃんの催促する時間が早くなってきました。

一羽しか居ないのに 凄い声出して鳴くんですよね、

多分、あれは本当に催促しているのだと思います^^

 

タラちゃんは 食べ終わると すごく静かになりますから^^

って、何処かに行ったのかもしれません、

代わりに数羽、残ったビスケットを取りに来ますが

タラちゃんみたいに近づいても逃げない、って事はなくて近づくとすぐに飛んで行きますから、

 

 

これくらい離れてると タラちゃんは余裕で食事しております^^

 

 

 

 

 

一人でそんなに食べてると 太って飛べなくなるぞ(^◇^)

 

ビスケットが無くなると次のスズメさんのために

第二弾のビスケット撒きをして あげてますよ(*^_^*)

 

 

 

庭の薔薇さんのツボミも膨らんできました(*^_^*)

 

去年のブログを見ると すでに薔薇の花が咲いておりました。

今年は遅いのかなぁ 

 

 

 

「 アタイのオヤツ取っちゃやーよっ!」

 

 

 

 

 海外の反応 黒人外国人『日本には差別がやっぱりある!白人の方が好きじゃないか~』白人『お前はまず○○してみろ!』黒人『!?日本は自分を映す鏡だよ…』

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

頑張れ母ちゃん! 85歳の自転車練習

2017-05-20 04:13:35 | ウチの母ちゃん

 

 

 

12日(日) 

母ちゃんのために自転車の特訓に行きました。

母ちゃんは 「 こんなの恥ずかしいから何処か違う所で練習したい 」と言ってるので

会社の駐車場に連れていきました。

 

家を出る時 銭婆さんに 「 絶対に怒っちゃ駄目だからね 出来なくてイライラしても我慢して見てるんだよ 」

と、言われましたが  母ちゃんを乗せて会社に着く前に 近所の悪口を始めて

その話から 「 こんな新潟になんか来たくなかったんや!」などと言い出す始末、

 

以前、母ちゃんは父ちゃんと二人で 長野、九州、埼玉と転々と移り住んでおりましたが

父ちゃんが脳梗塞でマトモに動けなくなり15年程前にウチに転がり込んできたのです。

それなのにオイラが悪い様な言い方されて さすがにこの時はキレそうになりました

しかし、ここで銭婆さんの言葉を思い出し 今回は自転車の練習させなきゃ!

と、怒りをグッと堪えて 会社まで行きました。

 

会社に着くと グチグチ言ってた本人はストレスも発散出来たのか スッキリした顔してます。

代わりにオイラがストレスを溜めてしまいました(-_-)

 

しかし、この自転車、恐ろしくサドルが下がる自転車です(^_^;)

 

まるで母ちゃんのために 生まれてきた自転車のようです。

前の週に母ちゃんが試乗した20インチのアシスト付きよりサドルの高さが低い気がします^^;

 

「 8月までまだ日にちがあるから あせらずマイペースで行こうや、」

と言って この日は 足で蹴って進む練習だけをする事にしました。

無理にペダルに足を乗せてバランス崩して転ばれても困りますからね、

 

子供のチャリ練習と同じく キックしながら進んで真っ直ぐ進んでバランスを取るところからのスタートです

 

 

「 このまま地面蹴って進めばええん?」

 

そうそう、頑張ってバランス取って走ってね~(*^_^*)

最初はフラフラしてバランス取るのも大変そうでしたが・・・

 

すぐにスムーズに漕ぐ事が出来るようになりました。

 

 ああ、よかった(^_^)

ここで駄目だったら自転車なんて乗れないのかなと思ってましたから

上手くいって良かったです。

まだまだ先は分かりませんんが 取りあえずひと安心です。

 

この駐車場、いままで気付きませんでしたが  真ん中部分が少し高くなっていて

カマボコ状になってます 真ん中に行くまで やや上り坂っぽく、

足で漕いでいても大変そうです

しかし、一旦真ん中までくると 下りに変わりますので 楽に進めます。 

 

写真見ても何となく下り坂になっているのが分かるでしょう、

 

母ちゃんがいるあたりから下りになってます。

やっと分かるくらいの勾配ではありますが こうやって練習していると凄くわかります 

 

 

85歳 自転車練習

 

上の動画では 後半、下りにさしかかると とたんにスムーズに進むのが見て取れます^^ 

 

 

良い感じになってきました(*^_^*)

 

ここで おだてて気分良くさせねばなりません、

もう、あだてまくりましたから~(^_^;)

 

 

 

会社の人が見学にやってきたので・・・ 母ちゃんってば、 

 

ペダルに足を乗せて カッコ付けようとしますが 上手くいかず(^_^;)

オイラに「 まだそんなことしなくていいから!」と、言われてシュンとなってました。

 

キックの練習は良くなったのですが 何せ年寄りですので

無理させると また後で 「 あそこが痛い、ここが痛い 」などと言って

その後、練習するのが嫌だと言われても困ります。

 

で、スタンドを立てて 漕ぐ練習、

 

そしたら、この自転車のサドルを最低に低くしてるので ペダルとサドルの間隔が狭くなりすぎて

ペダル漕いでクランクを回している時、ペダルが一番上にくると

母ちゃんの足はそれ以上曲がらないくらい足の位置が上にきて その前に膝が外側にきます。

ですから、途中でガニ股になる様な格好になり

多分この自転車でペダル漕いで 自転車に乗るのは大変なんだろうなと思いました。

ただサドルを低くすればいいって問題では無いと気付きました、

 

アシスト自転車が来たら この点がうまくいってるように願うばかりです(^_^;)

 

 

やる気の母ちゃん、すぐに自ら進んで練習を始めました。

 

少しして、「 そろそろ終わりにしない? 」と言って母ちゃんの自転車練習を終了させました。

「 今日は暑い日やったねぇ 」と、言いましたが まだ午前中です。

母ちゃんの一日はこれで終わったのでしょうか^^;

 

母ちゃんちに到着、自転車君、もう少しお付き合いお願いしますね^^

 

 

 

 

 

 

駐輪場で 鍵の掛けると この自転車に愛着が湧いたようです^m^

 

「 また来週 練習しような~ 」と言って別れてきましたが

家に帰ると、

 

 

 

この日は母の日で この花を持ってくのを忘れてました(-_-)

 

すぐに電話して この花を持って行ったら…

 

 

「 何だ、花とか言いよるから仏壇にあげる菊とかやと思っとったのに残念やわぁ 」

などと言ってガッカリさせたようですが もう花あげた方もガッカリですわ(`´)

 

 

「 まぁ、怒らず焦らず… だね 」

 

 

 

コメント (14)
この記事をはてなブックマークに追加

自転車買ったのにまた新車自転車

2017-05-17 04:47:44 | Weblog

 

 

最近は近所の小学校のヤギさんとこには行かなくなりましたので

銭婆さんの朝の散歩のついでに写真を撮ってきてもらいました。 

 

 

やはり子ヤギちゃんがいました(*^_^*)

 

 

 

 

 

窓を開けてカメラを向けたら固まったまま動かなかったそうで

 

 

 

 

 

今年の子ヤギちゃん、少し顔立ちが違うみたい(*^_^*)

 

話は変わりますが

母ちゃんのためにアシスト自転車を注文したのですが

一カ月待ちとなり その前にも練習させたいのです。

何しろ自転車に乗れないとは思いませんでしたのでね、

8月に免許を返納する母ちゃんの足が無くなる訳ですから せめて自転車がなければどうにもなりません、

 

そう云えばオイラが高校生の時にお世話になった自転車屋さんに相談しに行こうと

銭婆さんと一緒に行ってみました。

こんな事になるならアシスト自転車をこの店で買えば良かったと思いました。

 

「 足付き性が良い 安い中古自転車とか無いでしょうかねぇ?」と尋ねると

「 外にサドルの低い新車の自転車があるよ、安くしとくから持って行ってよ 」

と言いながら 外に出ました。

 

いっそ、この3000円の折りたたみ何かどうだろう・・・

 

なんて言ったら、

「 駄目駄目、年寄りなんてこんなの乗れやしないよ 」と言われましたが

やっぱりそうだよね^^;

と、その脇にある 自転車を引っ張り出して…

 

「 これこれ、新車だよ!」

 と、オジサンは言いますが どう見ても新しい自転車には見えません、

「 ウチに3年は置いてあるけど正真正銘の新車だ 」と言い張ります^^;

値段のついた取り説とかもありますので本当なのでしょうが

一カ月の練習用にこんな高級自転車など贅沢すぎます。

元々、33000円位のポップが付いていましたがその脇に 9800円とオレンジ色の紙が付いてます。

 

サドルにはピンク色したビニールカバーがしてあって

「 外に置いてたらサドルが傷んでね 」と言ってました。

「 ナショナルだよ~、このタイプがこんな値段では買えないよー 」

とか言われても、一カ月で良いのですから一万も出して要らないのですが

 

 

しかし、サドル位置がかなり低くなりますしねぇ、

 

アシスト自転車が来るまでどうしようかなぁ、

とか言ってますと、

「 いいよ、一カ月でも三カ月でも持って行って乗ってればいい、いやならそれで返してくれてもいいから 」

と言って、無理やりオイラの車に載せたって、感じになりました^^;

 

おお、この 「 好きに乗ってもいいよ 」というセリフは 凄く懐かしい(*^_^*)

 

高校生の時 この店で展示してたバイクの中古車を借りて長い事 乗りまわしてたりもしましたから^^;

GT380やDT400とかRD250とか、まだまだ沢山借りて遊んでました^^

中にはそのバイクを友達に紹介して売ってあげたりもありましたが、

 

まぁ、いいや、

これで母ちゃんに練習させなきゃ、

 

 

「 婆ちゃん、自転車乗れるといいなぁ 」

 

  

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

母ちゃん、自転車と大格闘

2017-05-15 04:47:34 | ウチの母ちゃん

 

   

ウチの母ちゃん今年85歳になります。

オイラは以前から母ちゃんの自動車の運転には不安があって

出来たら運転はやめて欲しいと頼んでいましたが それでも自動車を降りませんでしたが

この8月で車の車検が切れるので それを理由に免許を返納してくれると言ってくれまして

心からホッとした次第であります。

 

それに伴い 「 私が乗れるような自転車を買ってくれんか 」と言われましたが

車で事故を起こして人様を傷付けると思えば安いもんです。

 

やっぱ年寄りには電動アシスト付きの自転車がいいよな、

と思い、母ちゃんを自転車屋に連れてく前に 銭婆さんと様子見に行ってきました。

 

 

三条にある大きめの自転車屋さん、

 

しかし、こんなに大きな自転車屋さんでも 小さな母ちゃんに合うアシスト付きの自転車は 

一台しか無くて選択肢もありません、 

って、20インチの小さなアシスト付き自転車って、各メーカー 1台づつしか無い感じ、  

 

「 でもこれって 凄くちっちゃいからいいんじゃないの? 」

 

オイラはアシスト付き自転車の良さは知ってますので

アシストに乗った事のない銭婆さんが試乗してみました。

 

 

「 うわー! コレ凄くいいじゃ~ん ♪ 」

 

そうでしょう、年寄りとかが自転車に乗る時

発進の際、最初は力入れて漕ぐ時に ハンドルがフラフラして上手く行かなくて

転倒する場合とか多々あるんですよ、

それをアシストして軽く スーッと発進出来ますので転倒するリスクも少なくなるんです。

 

新潟平野の ど真ん中に住んでいるオイラ達は 全て平地で

坂など皆無の状態ですが 唯一、川の橋を渡る時、土手に上がる時と橋の形がアーチ状になっていますので

そこだけ坂になっていて、 普通の自転車ではキツイですが

母ちゃんはその橋をよく渡るそうで 尚の事、アシスト付きでなきゃ駄目かなと思いましてね、

 

銭婆さんもアシスト付き自転車の良さが解ったようです(*^_^*)

 

 

で、後日 母ちゃんと二人で 母ちゃんを連れて その自転車屋に連れて行きました。

車の中では母ちゃんはたいそうご機嫌で

「 この帽子、オマエが買ってくれたの憶えとるか? 」とか言ってます^^

「 おお、そうだ! その帽子は九州行った帰り道、姫路城の売店で買った帽子だ(*^_^*) 」

 

とか言ってるうちに自転車屋さんに到着

 

 

車を駐車スペースに入れてる間に勝手に降りて一人で店に入ってく母ちゃん

 

もう、かあちゃんは やる気満々のようです(^_^;)

 

 

 

店員さんの説明を聴居てるフリをする母ちゃん

 

説明を聴いてる間、「 フンフン 」と言いながらも

「 全然解らん 」と、申してありましたから^^;

まぁ、そのうち乗ってるうちに理解出来るでしょう^^;

 

 

説明を聴きながらも早く乗ってみたい母ちゃん、

 

 

 

 

 

ヒモで繋がれた犬が一刻も早く散歩したいようになってる母ちゃん

 

 

 

 

 

「 ここで乗ると危ないんやないの?」

 

「 それでは外の駐車場で試乗していただきましょうね 」

 

 

 

「 これはあーで、こちらがこーで・・・ 」

「 今そんな事言われても全く解らんで、いいから早よ出しよー 」

 

 

 

 

 

「 乗る前に このスイッチがあーで・・・ 」

「 ふんふん、」

早く返事をして すぐに乗りたいだけで説明は全く解ってません(`´)

 

 

で、ついにこの時が来たーっ!

母ちゃん、自転車にまたがって、元気に行ってみよー(^◇^)/

 

 

ん、 母ちゃんどうしたの?

 

 

 

少し沈黙して ポツリひと言・・・。

 

 

 

「 あかん、乗り方忘れよった 」

 

 

 

何言ってんだよー!

マジかいな\(◎o◎)/!

 

 

「 困ったでぇ、全く乗れんわ 」

 

冗談でしょー!?

冗談だと言ってくれよー!

 

「 だいたいこの椅子が高いんやわ 」とか言ってますが言い訳にしか聞こえません(;O;)

そしたら店員さんが 「 少し低いサドルを持って来ましょうね 」

 

と言って 別売りの低くなるサドルに付け換えました。

 

もう、見た目から低! って感じになりましたが・・・

 

 

 

今度は能書きばかり垂れてなかなか跨ろうとしません… (-_-)

 

どうでもいいから早く乗ってみろよー!

 

 

今度は 乗る事が出来るのか?

 

 

 

 

 

嫌な予感は的中、やはりまったく乗る事ができません、

 

 

 

 

 

そう云えば母ちゃんは オイラが小学校3年生の頃

 

練習して自転車が乗れる様になり それから5年程しか乗って無い様な気がします。

ですから45年程 自転車に乗ってません、

そして車の免許を取ってずっと車ばかりで移動してましたからね

 

でも、免許証を返納すると移動手段は無くなる訳ですから

自転車に乗れないと困ってしまう訳でして、

こんな結果になるとは思ってもみませんでした。

オイラも母ちゃん本人も 乗れるもの前提として考えてましたから、

 

これからどうする(;O;)

高い買い物ですが アシスト自転車を買う事にしました。

今やらないと ずっと歩きのままとなってしまい本人も大変でしょうからね

自転車屋さんにあったのは色がイマイチだという事で取り寄せでまた後日取りに行きます。

 

どうしても乗れない場合は銭婆さんが乗る事になります。

 

帰りの車の中で 「 おかしいなぁ、乗れると思っとったんやが 」

と、何度も言ってましたが やはりかなりショックそうでした。

 

「 今日はアリガトさん、煮物作ったから持ってき 」

 

と言って 袋に入った煮物を貰いました。

 

 

 

別れる時、幾分 寂しそうな母ちゃんの後ろ姿を見ました。

 

 

 

 

 

「 アタイも最後は動けなくなったから婆ちゃんの大変さは理解出来るよ 」

 

 

 

 

 

 

 

コメント (22)
この記事をはてなブックマークに追加

江の島に行って生シラス丼食べて来るどー! その8

2017-05-12 03:23:28 | Weblog

 

 

ついにこの江ノ島シリーズも今回で最後となりました。

 

 

鶴岡八幡宮から歩いて何とか鎌倉駅の交差点まで辿りついた銭婆さん、

「 行く時は心配したけど無事に駅まで歩いてこれたよ~ ♪ 」

と、喜んでましたが、オイラにしたら 江の電で江の島駅から江の島までどうしようかと

考えっぱなしでありまして、

 

そんな時、駅前のバスロータリーに来た時に

『 江ノ島 』って表示されたバスを発見!

もしかして、これに乗れば直接 江ノ島まで行ってくれるんだ!

 

オイラが「 多分、このバスに乗れば歩かなくてもいいんじゃない? 」って、言うと

銭婆さん、「 えっ? それじゃこれ乗った方がいいじゃん!」

って事でこのバスに乗って江ノ島まで行く事にしました。

 

そうなると、来ると時に江の島から江ノ島駅まで自転車に乗って来なくて正解になる訳でして

こういう運とか、銭婆さんは昔から強いんですよね^^;

自転車、車に積んだままで良かった~(*^_^*)

 

で、バスの中はすでに満席、乗ろうとしたら、乗車券が出てるとこに券が出ていない、

あれ? どうやったら乗車券がでてくるの?

って、二人で少しの間、悪戦苦闘しましたが分かりませんでした、

と、銭婆さんが突然大きな声で、「 どなたかここの乗車券の出し方を教えてくださーーい!」と、言いだしました。

しかし、満席にも関わらず誰も何もいいません、ほとんどの人がお婆ちゃん達でしたが

皆、固まって振り向きもしませんでした(+_+)

 

何度か声を張り上げてましたが、誰も何も言いませんでしたので

近くのお婆さんに 「 ねぇ、知りませんか? 」と、尋ねると

まるで四の字固めされてギブアップして、早く解いてくれとアピールする外人プロレスラーのように

手と首を振って 「 私は知りません(半泣き) 」と、言います。

 

他のお婆さんを捕まえて訊き直す銭婆さん、すると

「 始発だから券は出ないんですぅ 」と、教えてくれました。

何だ、始発の停留所では乗車券は出ないのか、

もう、バスなんて乗った記憶が無いほど乗ってないので乗り方さえ知らない二人です、

 

さすが銭婆さんです。こんな時は非常に心強い^m^

「 江ノ島までいくらなんだろう 」と言って運転手さんに訊いたら「 310円です 」と、答えてくれましたが

江の電より50円ほど高かったですが直接 江ノ島まで行ってくれるのだから絶対にこちらの方がいいです(^^)

しかし、混み過ぎて座れないので前方に来たまま

手すりに、おっ掛かる状態で体重をかけて立つしかありませんでした。

この体勢でいると 銭婆さんはまた足が痛いとか言うんだろうなと、思い、

『 やっぱり江の電の方が良かったのかな… 』などと考えていたらバスが発車しました。

 

そしたら何と! ふたつ目の停留所で 銭婆さんの横に座っていた人が下りるじゃありませんか!

銭婆さん、早くも座席をゲット!

 

 

他はまだ何処も空かなかったのに、やっぱり銭婆さん、スゲー強運の持ち主でした!

 

これで、銭婆さんは家まで足に負担のかかるような事はありません

安心しました~。自転車は車から出さなかったので良かったし、

良い事づくめですぅ(*^_^*) 

 

ほほう、ここが大仏さんの停留所か(^_^)

 

こうやってみると 鎌倉とかは路線バスで移動した方がいいのかもと思った次第、

これで少し利口になりました。

何せ 車で来ると、車しか頭がないのでねぇ^^;

 

 

満足そうに 景色など眺めている銭婆さん^^

 

オイラも銭婆さんの心配とか無くなってすごく気が楽になりました^^

こうやって考えると、小さな子供連れのパパとか何処に行くにも大変なんだなぁって、思いました。

yzさん、毎週毎週ご苦労様( ^^) _U~~

 

 

いよいよ終点の江ノ島です(^^)/

 

終点近くになると あれだけ混雑していたバスの中が

ほとんどいなくなってました(*^_^*) 

 

 

 

「 バスもいいねぇ ♪  すごく楽だよ~ 」

 

お気楽で楽しめて何よりですが、

テレビで恵比寿さんと同行している太川 陽介の気持が分った気がします^^;

本当は江ノ島水族館にも行きたかったのですが

それよか早く帰りたいという気持の方が大きかったのでパスしました。

 

 

弁財天と世界女性群像噴水池

 

弁財天を中心にオリンピックの五輪をあらわす5体(西洋・東洋の女性像)の世界女性群像が池の中に建っています。

江ノ島は1964年の東京オリンピックのヨット競技の会場となったために整備された島です。

 

あとは帰るだけだね

さてと、行きましょうかね、って、時計を見ると丁度4時でした。

 

その前にこの大昔のナビ、来た道を綴って出てくれないかな、

使い方がイマイチ分かりません、ナビが古くて圏央道は表示されてませんので

どうしようかと思いましたが 取りあえず藤沢インターに乗ってしまえば何とかなるだろうって思いまして。

目的地を藤沢インターにセットしました。

 

 

江ノ島を出てすぐに

ン? 親子で二人乗りかな?

 

 

 

 

釣り道具が満載で沢山釣れたのかな?

って、よく見たら お爺さんとお婆さんでした(*^_^*)

ダッコちゃん人形のようにシカと隙間なくくっ付いている婆ちゃん、

何故かホッコリ^ ^

こういう風景って、オイラ大好きなんですよねぇ(*^_^*)

 

藤沢インターに乗って、最初の分岐でさっそく道を間違えた!

分岐点の際で間違いに気付きましたが車線変更出来ずに真っ直ぐ行ってしまい次のインターでUターンして戻ってきました^^;

 

それからは順調に走ってましたが 出発した時からガソリンを補給して無いので  

関越道に入ってすぐにサービスエリアに入り燃料補給、

ついでにチョイと休憩、

 

休憩が済んで出発しようとする時に「 トイレ! 」とか言う人がいるし(`´)

 

トイレが長いので車でトイレの近くまで行って待っていると

やがて銭婆さんがやってきて、「 おまちど~ 」とか言って入ろうとした時に

「 あれ? 私の帽子がない!」 って、傘の次は帽子ですか(-_-)

 

その辺にあるんじゃないの? って、車の中を探したけど無い、

トイレに忘れて来たんじゃないの? と言っても トイレに行く時は被って無かったと言ってますが

一応、見て来いと命令して身に行かせましたが やはり無かった。

「 もうあの帽子は いらない!」と言ってましたが、何処かにあるはずだと

最初に停車した場所に戻ってみると、その駐車した場所に落ちていました。

 

 

「 あ~良かった~ ♪ 」

 

まったく何やってんだか・・・

それからも頑張って走りましたよ、

しかし、歳取ると 長距離は目がかすみますね、帰りは特に時々休憩を入れなきゃ危ないです。

 

 

三国トンネルを越えると見慣れた雪山が顔を見せます。

 

おお、帰ってきたぞー!

って、思いますね

そして、事故も無くちょうど8時に家に無事に到着しました^^

 

 

全走行距離は719キロ 日帰りはキツかったですが楽しかったです(^^)

 

疲れたはずの銭婆さんですが その夜は楽し過ぎて興奮して寝れなかったそうです^^;

本当に子供みたいなやつです(^^)

歩き疲れたのか翌日はオイラ、足や腹など筋肉痛でしたが

肝心の銭婆さんは 全く元気そのものだったそうで

とても不思議な妖怪であります(+o+)

 

買ってきた二つのダルマさん、

 

大きさを気にして買ったわけでは無いのですが

丁度、同じ大きさのダルマさんでした(^^)

 

「 何だか私たちのようだね 」などと言っておりますが

ノホホンとした左の銭婆ダルマと それを監視するオイラのダルマ! ってか? 

 

 

ダルマさんは 飾り棚に仲良く飾って置く事にしました(*^_^*)

 

そろそろ歳も取って来たし、

これからは少しくらいは人生を楽しんで生きなきゃです(*^_^*)

 

何とかやっと江ノ島シリーズが終了しました。

こんな長編になるとは思いもしませんでしたよ、

皆さま、お付き合い本当にありがとうございました(#^.^#)

 

 

「 人間ばかり長生き出来ていいなー!」

 

ワカメさん、今度生まれ変わったら人間に生まれてきて欲しいな^ ^

 

 

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加