ワカメと銭婆との喜怒哀楽

年式'00のビーグル犬ワカメと'51の妖怪!銭婆が俺を困らせ悩ませる 痛快娯楽な毎日

やじきた珍道中 (親子編) 六

2010-05-05 05:02:38 | 母ちゃんと珍道中

10分近く走って ようやく着いた 民宿 「 くじら 」


民宿に着きますと 「 お疲れさまでした~ 」 と言って、先程 してくれたオーナーの オジサンが 迎えてくれました。

中に入ると ふっくらした 奥さんが コーヒーを入れてくれました。

このコーヒーの味が とても美味しくて こういう一杯ってば 疲れが吹き飛ぶもんだな! って、初めて感じましたね、



ここのオーナーは 何年か前に 会社を定年してから 昔からの夢であった民宿を始めたそうで

福岡弁たっぷりで いろいろ喋ってくれました(^^) あぁ、人が好きな人って、こういう人の事を言うんだな♪ と思いましたね(*^_^*) 


「 温泉に浸かっとる間に 食事の準備をするばい、 それまで 今日の疲れを取りんしゃい 」

と言ってくれたのに、オジサンは 続けて言いました。

「 ここにはお風呂はなかとです! しかしすぐそこに 日本一の 炭酸温泉があるから そこに案内するト 」

と言って、さっきの軽自動車に乗せられて そこの温泉の説明を聞きながら走ります。



ここは日本一の炭酸温泉で 水温が38℃と かなり低いですが 我慢して一時間ずっと入っていると

身体の芯から温まり どんなに疲れていても 一発で治るそうです。

オマケに糖尿病とかも 恐ろしく利く温泉で 湯治にくる人もたくさんいるとか(*^_^*)


オイラにはピッタリの温泉ですね^^  数か月前に テレビ撮影で ビートたけしがここに来て この温泉に入ったそうで

あまりにも良いので 絶賛したところ、客がたくさん来て 待っている人も出る程だとか!

でも、この日は 日曜日で人はいないでしょう! という事で 安心していいと言われました。





その場所に着くと すぐそこにある別の温泉に行って 炭酸温泉のカギをもらいました。

入るヒトに風呂の入口の鍵を渡して 中に入ったら、中から鍵を閉めます。

中に入って 浴場を見ると 三人くらい入ると いっぱいの湯船です。





三人入ると 満員になって、一人が一時間以上入っていたら 4人目以降は 待つのは大変だろうなぁ、


最初はお湯の温度が低くて 寒いような感じでしたが 40分位しますと ようやく身体の芯が温まってきたらしく

体中に小さな泡が付きだしてきて、面白いくらい 泡だらけになってきます(*^_^*)

手で身体を撫でるとその泡が 一斉に身体から離れて その泡が上がってきて 浴槽中真っ白になります。

でもすぐにまた身体中が泡だらけになります(^-^) ちん○んの毛のトコなんて、まるで樹氷みたいですよ!

写真にして見せてあげられないのが残念です。 



母ちゃんの女湯の方は 他に人が来たらしく、お喋りを始めました。 声がが大きいので 一語一句聞こえます。

気が付くと、一時間なんて あっという間でした。 民宿のオジサンが 「 上がる頃にきて待っとるとよ 」 と言っていたので

母ちゃんに 「 上がるぞー 」 と言ってみると、 「 何を言いよる! まだ寒いのに 」と返されましたが

無理やり 上がるように言いました。 外に出ると 民宿のオジサンが 「 えろー長かったとね! 」 とか言われてしまいました。



あぁ、本当に身体がスッキリしたー! ホントにホントに 身体のダルいものが消えました!

「 そうじゃろう、そうじゃろう^^ 」 とオジサンは 満足顔です。


民宿に戻りますと、食事の用意が出来ていました。 テーブルに座ると ステーキが出てきてビックリ!

「 地元の黒毛和牛の4等の肉を 使っとります。 」 一口じゃなくて200gあるそうです。

その他にも 川で取れたという魚とか野菜とか すごく豪勢でした。


この日は、オイラ達以外は客もなく オーナーのオジサンが 横に付いて 母ちゃんとずっと喋っていました。

新潟にいる時 母ちゃんは 「 最近はご飯なんかほとんど食べれんようになってしまって。

小さな茶碗に少しだけで充分やで 」とか言ってたのに えらく食べます。しかもビールもグビグビ飲みます。

オジサンが 「 ここのドブロクだけんど、サービスたい^^ 」 と、持ってきた コップ一杯のドブロク、

母ちゃんと順番に飲みましたが これがまた旨かった! 

母ちゃんが感激して 「 これ持って帰りたいんやけど 少し譲ってくれんやろか? 」って言いますと

「 はいよ! 売ってあげるから持って行きんしゃい^^ 」 と言って 2本しか無いのに 2本売ってもらいました。

ビールも3本も飲んだし、超ご機嫌の母ちゃんでした(^-^)


何とか 初日の日が暮れました。 まだまだ続きます。我慢してね!

 





「 お酒って そんなに美味しいの? アタイは飲んじゃダメなの? 」



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やじきた珍道中 (親子編) 五 | トップ | やじきた珍道中 (親子編) 七 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (M島)
2010-05-05 10:18:52
“くじら”って、気に入りましたよ~(^^)/
また、風呂も無いってところが…
うちの嫁の実家の方は、家に風呂があっても、入りません。
だって、温泉地帯で、入浴場がゴロゴロしてますんで…
こんにちは ()
2010-05-05 14:16:40
そうそう、
そういう御もてなしって
大手ホテルや旅館では味わえない
人間味溢れるものなのよね。。。

今日はほんわかしたぁ~♪
Unknown (ROUGE)
2010-05-05 14:37:26
お母様、本当に嬉しかったのね。
普段、食が細い人が
そんなに食べるって・・・
食べないと弱るからね。
沢山食べさせてあげられただけで
凄い事なのかも知れないわ(*^_^*)
M島さんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 16:12:40
くじらの名前の由縁は 住所の最後が有氏と書いて (くじら)と読むらしいです。
九州は何処に行っても温泉がありますねぇ、さすが火山が多いだけの事はあります(*^_^*)
九州バンザイです!
姫さんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 16:16:39
民宿だから マニュアルもない 誠意を込めたおもてなし、
変にペコペコしないし 人が食べてる横にきて
対等に喋るなんて 良い所でした
こんな事 民宿ならではですよね(*^_^*)
昔からの友達のように喋ってました(^^)
ROUGEさんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 16:19:25
母ちゃんは3年前から うつ病になったらしく
薬を飲んだりしています。 体重も8キロやせたそうですが
今回の食べっぷりで 体重もかなり戻ったのでは?
なんて思います(*^_^*)
Unknown (93yz250)
2010-05-05 19:25:15
チューリップめちゃスゴイっすね~!!
美味そう!!w

良いですね~、人が好きな人がやってる民宿!
行きたいですw
で、下手な「ラムネの湯」の字はビートたけしが書いたの?(笑)
93yz250さんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 21:06:41
チューリップは美味しくないと思いますよ^^;

こういう民宿に巡り合えたのは かなりラッキーだったと思います(*^_^*)

でも。疲れて一人にしてほしい人とかには ちょっとキツイかもです^^;

意外にホントに たけしが書いてたりして(^^)
Unknown (erimi)
2010-05-05 21:56:43
あ、貸切に出来る炭酸温泉は良いなぁ❤
浴槽に入っていると身体に気泡が付いて
くるのが嬉しいですね。
新潟の近く?では磐越道を使うと3時間位で
福島県金山町・玉梨温泉共同浴場が炭酸泉です・・・
この温泉は口に含むと炭酸を感じる事ができます。

ここは・・・  男女混浴なので男性が居ないとき
に入浴しないと駄目なんです@@
昨年、主人と平日に行って誰も居なかったので
2人で入浴していましたが・・・
地元のオジサン2人が入って来ました(=**=)
大、大!パニックでした~@@@
完璧に見られちゃた!!!!!!!

ステーキ食べたくなちゃた~❤

☆凹凸”
Unknown (いしまり総統)
2010-05-05 23:12:52
ラムネの湯に興味シンシンです。
炭酸の温泉、近場にないかしら・・・

私も樹氷になってみたい(^u^)
erimiさんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 23:20:52
オイラも少し飲みました(^^)/
やっぱり ちゃんと炭酸の味がしましたよ、

erimiさんが入っている時に 後からきたオジサンふたり、
何の罪もないのに 騒がれて さぞかしビックリした事でしょうね、

オイラもステーキを また食べたくなりました(*^_^*)
いしまり総統さんへ (ワカメパパ)
2010-05-05 23:25:08
もしも、ラムネの湯、あんなのが東京にあったら
軽く一か月待ちに なっているでしょうね、
何やら炭酸温泉も 場所によって濃い薄い!ってのがあるそうですよ^^;

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。