非正規のゼニ感情とマネー術

41歳の厄前までニート、非正規をやっていました。
銭金の凹みがカバーできる市場は、学歴コネ親⑦光が不要で稼げます。

一粒一万倍 5月18日2017年

2017-05-18 13:16:52 | 日記
□「仮想通貨で一体何が起きているのか?」(SRSrocco Report:5月16日)

 by wolf Richter

16ヶ月で10,000%上昇? チャートが我々の狂騒の時代をまさに描いている。

 「イサリウムについてどう思うか? 一月から10倍だ。」
 
 これは仮想通貨が1月16日から四ヶ月で10倍になったことを意味しています。

 実際は10倍どころの話ではありません。

 2015年末には0.9ドルでした。

 これを執筆中には91.30ドルになっています。

 2015年末に買っていた人は、2016年1月16日に10倍を手にし、

 そこから4ヶ月で10倍になったので、16ヶ月全部でみると100倍、1万%の値上がりという訳です。

 合法的に使用できる通貨ではないし、価格は明らかに狂ったような不安定さではありますが、

 価格が上昇する限りはなんら問題ではないのです。

 イサリウムは時価総額が二番目で、その額84億ドルとなっています。

□「トランプ相場終焉、ついに株価までも」(WSJ日本版:5月18日)

 トランプ相場は終わった。たとえ主要株価指数がまだそのことを十分示していないとしてもだ。

 諦めようとしないのは、株式投資家だけだ。

 他の多くの市場は大きく反転している。

 原油、米ドル、金の相場はいずれも、大統領選投票日の昨年11月8日時点と同じか、ほぼ同水準に戻っている。

 主要株価指数は今朝までこうしたことを反映していなかったが、
 
 株式市場にも崩壊の兆しが見えている。

 S&P小型株600種指数は年初来で1%下落しており、

 トランプ氏の政策に極めて敏感に反応するエネルギー株と金融株にも影響が出ている。

 エネルギー株は完全に上げを消し、金融株は年初来で0.3%下落している。

 問題は他の銘柄がどのくらいまきこまれるかだ。

□「ゴールド、1250ドルに迫る。トランプの騒ぎで安全逃避の買いが増え、

  カギとなるテクニカル抵抗レベルを超える。」(ZeroHedge:5月17日)

 


 

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2日次チャート 5月17日2... | トップ | 2日次チャート 5月19日2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。