ニートのゼニ感情、投資勘定

社会参加はスルーできても、四方八方からの請求書からは逃れられません。マネー・リテラシーを鍛え、対峙します。

ゴールド・金が動く 10月15日2016年

2016-10-16 22:32:01 | 日記
□ 米国金利の動きを見ておきます。

2年物利回りは、

10月10日(米国時間)の始値0.834%を皮切りに、高値0.899%(12日)、安値0.806%(14日)、

そして、14日終値0.843%でした。

10年物利回りは、

10日始値1.722%、高値1.804%(14日)、安値1.722%(10日)。

そして、14日終値1.801%でした。

7日終値は、2年桃0.834%、比べますと0.009%高くなりました。1.08%の上昇率です。

10年物は1.722%、でした。比較しますと0.081%、こちらは4.48%の上昇率でした。

□ LIBOR3ヶ月レートは、0.87%でした。

□ ドル指数は、始値96.54ポイント(10日)、高値98.13ポイント(13日)、安値96.46%(10日)

。そして、終値は、98.09ポイント(14日)でした。

7日終値96.63ポイントに比べ、1.46ポインㇳ上昇しました。

5月3日終値93.87ポイントを底に上昇して、ついに98ポイントを上抜けてきました。

□ 米国ダウ30は、始値18,282ドル(10日)、高値18,399ドル(10日)、安値17,959ドル(13日)、

そして、終値18、138ドル(14日)でした。

7日終値18,240ドル(7日)に比べ、102ドルの下落でした。

□ ゴールド先物(COMEX)は、始値1858.5ドル(10日)、高値1263.9ドル(13日)、安値1246.9ドル(14日)。

そして、終値1255.5ドルでした。

7日終値1251.9ドルから、3.6ドルの上昇でした、

7月8日終値1358.4ドル、続いて7月29日終値「1357.5ドルから続く下落調整局面が、1250ドル台で決着をみるかどうか、

後数週間で分かります。

相対力指数(14日)は、10月4日に30ポイントを割り込みました。

4日28.36ポイント(ゴールド先物終値「1269.7ドル)。

6日24.55ポイント(同1253.0ドル)。

7日24.33ポイント(同1251.9ドル)。

10日29.51ポイント(同1260.4ドル)。

11日28.4ポイント(同1255.9ドル)。

12日27.89ポイント(同12253.8ドル)。

14日29.77ポイント(同「1255.5ドル)。

直近で、7回の30ポイント割れです。

米国利上げ報道にも下落しなくなる価格レベルの把握が、今後重要となります。

ちなみに、昨年は利上げ織り込み済みとなったのは、正式発表の2週間前でした。












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京金先物 10月11日2... | トップ | 東京金先物 10月17日2... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。