非正規のゼニ感情とマネー術

41歳の厄前までニート、非正規をやっていました。
銭金の凹みがカバーできる市場は、学歴コネ親⑦光が不要で稼げます。

ビットコイン他 6月18日2017年

2017-06-18 06:15:47 | 日記
◆ドル指数(DXY)は、始値97.24ポイント、高値97.56ポイント(15日)、安値96.32ポイント(14日)、

 終値97.14ポイントでした。

 前週末9日終値97.28ポイントに比べ、0.14ポイント低下しました。

 96ポイントのレベルは維持できています。

 ドル円は、始値1ドル110.33円、高値1ドル111.42円(16日)、安値1ドル108.85円(14日)、

 終値1ドル110.88円でした。

 前週末9日終値1ドル110.33円に比べ、0.55円のドル高円安でした。

 Fedの利上げは、ドル高傾向をみちびきます。

◆米国債2年物利回、16日終値は、11.315%でした。

 前週末終値1.315%に比べ、0.024%下落しました。

 米国債10年物利回、16日終値は1.315%でした。

 前週末終値2.201%に比べ、0.048%低下しました。

 米国債30年物利回、16日終値は2.777%でした。

 前週末終値2.856%に比べ、0.079%低下しました。

 2年物と30年物の利回りの差は、1.462%でした、

 前週末の1.517%から狭まりました。

◆ビットコイン(BTC/USD)は、12日に高値3000ドル(小数点以下省略)に達し、新値どりの後、

 15日安値2050ドルまで急落しました。

 16日終値は、2486ドルでした。

 17日終値は、2467ドルまで回復してきています。

 上昇短期間で急激であるために、調整も短期間で急落となる傾向にあります。

 しかしながら、この現代のチューリップ・バブルはまだ終焉しはしません。

 暗号通貨(クリプト・カレンシー)全体での時価総額は増え続けていますし、また総額自体が現在微々たる金額です。

 取引所のアプリで、他の暗号通貨の値段もチェックしてみてください。

 金市場に比べても1.5%程度でしょう。さらに、株式市場や債券市場に比べてみれば、その規模が蟻さん以下でしょう。

 そして何より、暗号通貨はかつてこの世に存在しなかったモノで、まだその正体には未知の魅力、あやしげではあるが、

 魅力満載です。

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴールド・金が動く 6月1... | トップ | サウジ危うし 6月22日木曜日 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。