非正規のゼニ感情とマネー術

41歳の厄前までニート、非正規をやっていました。
銭金の凹みがカバーできる市場は、学歴コネ親⑦光が不要で稼げます。

ミセス・クリントン、前門の機密メール、後門の3千億円財団

2016-10-31 09:11:15 | 日記
 □ FBIがクリントン氏調査再開 私用メール問題 (WSJ;10月29日)

 ー連邦捜査局(FBI)は新たな証拠を発見。

 -FBIはこの問題を巡る調査を今夏終了していた。コミー長官はクリントン氏と側近の訴追を見送った。

 クリントン氏はどのようにこの問題のもみ消しを図ったかは、推測記事が出ていた。

 FBIにも司法省にもぬかりなく手を回して後、効果あって訴追を免れた、

 これで、「はい、シャンシャン。」とクリントン氏は思ったに違いなかったであろう。

 「FBIは、証拠をすぐに公開づべきだ。」と、クリントン氏は鬼の形相で雄たけびを上げている。

 クリントン氏は、リビアのカダフィー大佐の死について、「我々が来て、彼が死んだ。」と、得意げに意味深な発言をしています。

 今回はもしや、「彼らが再びきて、私が死んだ。」と、なるのでしょうか?

 □ 65万通のメールがアンソニー・ウエイナー氏のデスクPCから見つかった。司法省はクリントン財団の調査をブロックした。

 (ゼロ・ヘッジ;10月30日)

 クリントン財団は3千億円集めているわけです。


 □ FBI長官は何故再調査に踏み切ったのか? 怒ったFBIエージェントの山積みの離職願いによる。

 (ゼロ・ヘッジ;10月30日)

 オクトーバーサプライズは、15日頃にスノーデン氏がもたらすと伝えられていたが、月末にFBIが仕掛ける形になりました。

 英国のEU離脱もマスコミ論調からは完全に番狂わせで、大きくマーケットを揺さぶりました。

 クリントン敗北、すなわちトランプ勝利も、マスコミ論調からは大きな穴馬券として、大きくマーケット揺さぶるにちがいありません。

 アメリカの大手マスコミはこぞってクリントン氏を支持しているのは報道姿勢から明白です。

 大金持ちの連中はもちろんクリントン氏支持です。

 共和党のなかにも民主党クリントン氏支持が出ています。
 
 ちなみに、

 日本のテレビもたランプ悪役、クリントン善役で追随しています。

 ここまでくると、トランプ氏の支持利は、20%以下でもよさそうなものですが、ところがどっこい、

 彼の支持率は40%を超えています。

 そして、この支持率さえトランプ氏が低めに操作されているという人がいのです。おいおい!

 この健闘を支えているのは、いったいどこの誰それなのでしょうか?

 いずれにしろ、「ゲスの極み候補」の対決ではありますが、マーケットへの大きな影響があらわれます。

 トランプ氏が買ったら、ゴールド価格は100ドル上がると言う人もいます。

 余談になりますが、

 私が個人的に興味があるのは、これまで男の政治家が、女の問題や金銭の問題で指弾をあびて失脚する姿をたくさみてきました。

 昨今は、国のトップに女性が座ることも多くなってきています。

 当然、政治の世界ですから、一寸先は闇です。

 では、女性トップは失脚理由はどういった傾向を示していくのでしょうか?

 金銭問題での失脚は、男女ともにあるかとおもいますが、女性トップが男性問題で失脚する、これももちろんありかもしれません。

 お隣韓国の女性大統領は、今、機密漏洩で指弾を浴びています。

 クリントン氏の国家機密の取り扱いについての問題が今次のメール問題です。

 

 

 

 
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京金先物 10月30日2... | トップ | ゴールド・月次の動き 11... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。