岩淸水

心を潤す

両候補、最後の訴え=米大統領選、きょう投票

2016年11月08日 07時38分00秒 | 保管記事



  記事の紹介です。

両候補、最後の訴え=米大統領選、きょう投票

 【ワシントン時事】米大統領選が翌日に迫った7日、民主党候補ヒラリー・クリントン前国務長官(69)と共和党候補ドナルド・トランプ氏(70)は激戦州を駆け足で回り、最後の訴えに全力を挙げた。大統領選はクリントン氏が一歩リードを保ったまま、投開票日に突入する。
 クリントン氏をめぐっては、連邦捜査局(FBI)が私用メール問題で訴追しない方針を6日に議会に報告し、逆風が収まった。しかし、メール問題の再燃は既に各地の情勢に影響を与えており、クリントン氏は7日、接戦州に加え、民主党の牙城とされるミシガン州を回る日程を組んだ。
 クリントン氏は接戦となっているペンシルベニア州からこの日の遊説をスタート。トランプ氏を「気質の面でも経験の面でも大統領に不適格だ」とこき下ろし、「暗く敵対的なビジョンは必要ない。あすは希望に満ち、懐が深く、心の広い米国に投票しよう」と自身への投票を呼び掛けた。
 クリントン氏はミシガン州で演説した後、再びペンシルベニア州に戻り、オバマ大統領夫妻とそろい踏みの集会に出席。歌手のブルース・スプリングスティーンさんやジョン・ボンジョビさんからも応援を受ける。さらにノースカロライナ州に飛び、深夜の集会で選挙戦を締めくくる。

  猛追するトランプ氏は、フロリダ、ノースカロライナ、ペンシルベニア、ニューハンプシャー、ミシガン5州を1日で巡る強行日程。クリントン氏の訴追見送りを各地で「体制は腐敗している」と批判し、「正義の裁きを下すかどうかは国民の判断に委ねられた」と自身の選出を訴えた。
 トランプ氏は「腐敗した既成勢力にわれわれの声を聞かせよう。あすはわれわれが勝利し、沼地を大掃除する」と宣言。聴衆からは「彼女を投獄しろ」などとシュプレヒコールが上がった。
 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、一騎打ちを想定した支持率の平均値は7日午後現在、クリントン氏47.2%、トランプ氏44.3%。前日の1.8ポイント差から2.9ポイント差に広がった。選挙人獲得見込みはクリントン氏203人、トランプ氏164人で、2人とも過半数の270人に届いていない。(2016/11/08-07:38)
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110800088&g=use

  記事の紹介終わりです。

 アメリカ合衆国 アメリカ合衆国 各国情報

 

 

 

 ■ Site Information

■ 2009年7月9日
  「我が郷は足日木の垂水のほとり」 はじめました。
  本稿はその保管用記事です。

■ 2010年3月2日
人気ブログランキングへ   人気blogランキング(政治)にエントリーしました。

人気プログランキングに戻るには、ここ クリック して下さい。

 

 

 

 

わたしの里の美術館【索引】「ことばの説明」 見出し映像による 記事検索【記事索引】
美術館の索引     わが郷 HOME 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TPP法案、賛成多数で可決 | トップ | 米、TPP承認見送りへ 「... »
最近の画像もっと見る

保管記事」カテゴリの最新記事