岩淸水

心を潤す

与野党、解散へ準備加速…首相25日表明へ

2017年09月19日 15時00分00秒 | 保管記事


 

  記事の紹介です。

 与野党、解散へ準備加速…首相25日表明へ
 
    2017年09月19日 15時00

  安倍首相が28日の臨時国会召集日に衆院解散に踏み切る意向を固めたことを受け、与野党は「10月10日公示―22日投開票」と見込まれる衆院選に向け、準備を本格化させている。

  自民党は小選挙区の6減に伴って区割りが変更される選挙区を含め、候補者調整を急ぐ。民進党は野党共闘の見直し方針が定まらないなか、候補者の擁立作業に追われている。

  米ニューヨークで国連総会に出席中の首相は22日夜に帰国する。週明けの25日、公明党の山口代表らと会談したうえで、同日中にも記者会見を開き、衆院解散の意向を表明する方針だ。

  自民党の二階幹事長は19日午前、党本部で記者会見し、首相から早期解散を検討していると告げられたことを紹介し、「来たるべき選挙に自民党が全員当選できるような気概で、戦いに臨む」と強調した。

  次期衆院選は、小選挙区定数が6減され、小選挙区は289になる。自民党はこのうち269選挙区で候補予定者を決めている。減員対象の6県では、衆院青森1~3区、奈良1~3区、熊本4区の計7選挙区で調整が終わっていない。9選挙区では公明党を支援する方針で、残る4選挙区が空白区となっている。

  公明党も19日午前、党本部で緊急常任役員会を開き、選挙準備を急ぐ方針を確認した。山口代表は党本部で記者団に「党としては常在戦場の構えで(解散準備の)検討を始める」と語った。

  民進党は19日午後、前原代表や大島幹事長らが出席して党本部で執行役員会を開き、衆院選に向けた準備を加速させる。党本部によると、289小選挙区のうち78選挙区で候補者擁立のメドが立っていない。

  野党共闘の行方も焦点だ。前原氏は共産党との選挙協力には否定的だが、民進党を離党した細野豪志・元環境相らが結成を急ぐ新党との協力には含みを残している。同一選挙区で野党候補が乱立すれば、共倒れは避けられない。

  民進党は19日午後の常任幹事会で、離党届を出した鈴木義弘、笠浩史りゅうひろふみ、後藤祐一の3衆院議員への対応を決める。3氏は細野氏に合流し、新党に参加する意向。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170919-OYT1T50064.html

   

   記事の紹介終わりです。

 自由民主党【わが郷・政党】 自由民主党 【政党】

 2017 09 20 黒革の手帳。【わが郷・日記】 黒革の手帳。  わが郷

 

 

 ■ Site Information

■ 2009年7月9日
  「我が郷は足日木の垂水のほとり」 はじめました。   本稿はその保管用記事です。

■ 2010年3月2日
人気ブログランキングへ   人気blogランキング(政治)にエントリーしました。 => ランキングを見る 

人気プログランキングに戻るには、ここ クリック して下さい。

 

 

 

 

  わたしの里の美術館【索引】我が郷は足日木の垂水のほとり【HOME】岩淸水
わたしの里 美術館       わが郷 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民共、候補一本化が課題=「... | トップ | 北朝鮮外相、「太平洋上での水... »
最近の画像もっと見る

保管記事」カテゴリの最新記事