48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

たまにはミット打ちしないと飽きるでしょ

2017年06月16日 03時30分22秒 | 空手
6月14日 たまにはミット打ちしないと飽きるでしょ

というぐらい、基本ばっかりやっております(笑)。でもまあ基本は絶対に手を抜かない主義なので、飽きるぐらいやり倒しております・・・って言ってみたいなあ。
人数が少なくて初心者が多い水曜教室は、基本稽古は必須です。2時間という長い練習時間のある土曜教室は、基本をほぼ毎回行います。
でもこれは初心者・少人数だから出来る事であって、人数が多くなるとまた違ってくるでしょう。正規の練習でもある木曜日はいつも大人数なので、指導される代表は大変だと思います。

空手を始めた頃は、「基本なんて組手(スパーリング)の役に立たない」なんて大口叩いておりましたが、実際経験を重ねてみますと、基本をみっちりやっといて良かったなー、って思う事があります(そのくせ下手ですが)。
基本で体の使い方を覚えないと話になりません
他の流派の先生たちの話などを、ネットでよく読むのですが、やはりどこの先生も基本を重視されておられる方が多いです。

という訳で、先日入会されたY本さんを主に、基本をゆっくりと説明しながら行いました。
本日の出席者は、Y本さん・N井さん親子・K井さんに私の5名です。
1回で覚えるのは不可能なので、当分の間Y本さんが来られた時は、ほぼ基本稽古中心にします。
受けるかどうかを決めるのは御本人で、私が決める事ではないのですが、Y本さんN井さんが次回の昇級試験を受ける前提で、当分の間基本技の稽古をします。他の初心者の方も是非練習に来て下さい。

ただそればっかりだと飽きが来ちゃいます。基本技をやった後の残りの時間(10~20分ぐらい)は、ちょっと背伸びして空蹴りやミット打ちで、実戦の感覚を少しだけ味わってもらいました。
今日も15分だけ空蹴りとミット(中段廻し蹴りとジャブの基本)を行いました。ただし真性マゾ人間の私が行うミット蹴りミット打ちですので、
「ミドルキック10回連続蹴り」
「1から増えていく回数増加連続ミット蹴り(と名前を勝手につけた)」
「3・3・7拍子×10セットの連続ジャブ」
など、そりゃあもうチアノーゼになる息上げ稽古(笑)を、全員で汗ダクダク。
「しっ、しんどい!」
「腕が上がらん!」
という悲鳴が上がる。
でも流石スタミナに自信のあるK井さんは、ほとんど息が切れる事がありません。新しく入られたY本さん・N井さんは驚いておられました。という息上げ稽古で本日の練習は終了です。
水曜日・土曜日の練習会に参加して下さる人が、少しずつ増えてきました。20分30分でも参加して下されれば、非常に嬉しいです。皆さまのお越しをお待ちしております。

格闘技が好きでハマってしまった中年の同志の方は、下のバナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寝技の日、私は亀取りの練習... | トップ | 練習後の外の風は気持ち良い... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。