48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年が柔道に挑戦!と思ってたら、何とか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古です。もう体がボロボロ。

「道着を掴んでフック」は有りか?

2017年02月12日 01時30分49秒 | 空手
2月11日 「道着を掴んでフック」は有りか?

雪が降りそうで降らなかった。良かった良かった、道場に行けます。
南部公民館に到着したら、N村さんの上のお姉ちゃんが来ておりまして、何と机の片付けもして下さってました。いやーこの娘良い子やわあ。
「ありがとう!準備してくれたんだね!」
と言うと、恥ずかしがってました。性格が良くて美少女さんなので、将来はモテるだろうなあ。

その後小学1年生二人組が来てくれたので、準備運動から基本を続けました。
少年部のメニューは、小学1年生に合わせて基礎体力作り。何しろ腹筋が1回も出来ない子たちなので、足腰の鍛錬を集中的にやってみました。
四股立ちを何秒耐えられるか(笑)。前は全然出来なかったのですが、今回は50秒成功です。
最後に腹筋をやってみましたが、二人とも自宅で練習しているのか、8~10回出来ました。
「良くできたなあ!」
二人とも大喜びでした。二人と話してたのですが、二人とも運動が苦手なようです。ちょっとでも基礎体力がついて自信が出来れば良いと思います。

後半はNちゃんとのコンビネーションの練習を中心に行いました。Nちゃんは女子にしてはパンチ力が絶大でして、特に右ストレートが武器になっております。
右ストレートを、普通のワンツーだけではもったいないので、カウンターとして使えるようにしようと考えました。
「カウンターのミット打ちってしたことがある?」
「無いです」
最初はカウンターのタイミングの取り方が難しかったようですが、さすがは天才少女だけあって、あっという間に合わせれるようになりました。凄いよなあ。

残りを掴みからのサバキの練習をしてましたが、ここでNちゃんの質問が。
「掴んでパンチを入れるのはダメなんですか?」
顔面はともかく、ボディへはOKだと思うよ。僕もやった事無いから試してみよう。
上の写真は、普通の廻し投げの時の要領で、袖を掴んで崩してから、みぞおちにフックを入れるパターン。おおおお、これは使えるぞ!廻し投げよりずっと使いやすい。
この写真は、左手で対角線の襟を掴んで引き寄せて崩し、右フックをリバーにぶち込むパターン。柔道の組手からのパンチです。これはもっと使える!
うちの会は試合目的ではないので、こういう新しい試みはOKです。実戦でも使える技術かも。

「掴む→パンチ」というパターンは、まだまだ沢山あると思うので、いろいろ研究してみようと思います。今思いつくのは、「襟と掴んでの膝」「袖を掴んでのロー」・・・うーむ面白そうです。「帯を掴んで・・・」というバリエーションも考えられます。

ここで練習時間が終了。残念ながら私の研究は次回で(笑)。
Nちゃんは今度弓道の試験を受けるそうです。弓道少女かあ。カッコいいだろうなあ。
頑張れ!Nちゃん!

ランキングに参加しております。よろしければ、下の柔道バナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へにほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新しい空手着が欲しい | トップ | エンドレス山仕事は辛くて楽... »

コメントを投稿

空手」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。