48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

目指せ!シックスパック!(←無理に決まってる)

2017年05月18日 00時06分11秒 | 柔道
5月16日 見学柔道

右足大腿二頭筋臀部肉離れという状態なので、本日は見学するつもりで道場に立ち寄りました。着替えていつも乱取りして下さるY崎先生・N野先生に状態を説明。本日は見学しながら柔軟や筋トレしますと報告。
「残念ですね~。今日も足払いをしようと思ってたんですが(笑)」
とにこやかに言われるのはY崎先生であった。いや先生、完治したら逆に私が足払いをくらわせます。それまでしばしお待ちあれ。

練習が始まるとK谷師匠が来られまして、
「T岡さん、どう?状態は?」
かくかくしかじか、こういう診断が出まして、半年前の全く歩けない時に比べると、今回はかなり軽いほうです。でも用心のために乱取りはパスして、柔軟・筋トレですわ。
「じゃあ影響のない範囲で練習しよう。僕も付き合うよ」
ありがたい御言葉である。んでもって腕立てをしました。もちろん先生と一緒です。しかも息継ぎをほとんどしない「高速プッシュアップ」(←どんなんだ?)
私は30回でギブアップ。乳酸とチアノーゼで上半身はプルプルです。酸素が足らん、ゼイゼイ。
はっとして前を見ると、師匠は30回を超えて37回までしてからギブアップ!
負けた!76歳の老人(失礼!)に完敗した!
これが76歳かー!
唖然としてると、いち早く回復した師匠は、
「T岡さん、次は何をしよう?」
師匠すんません、もう少し休ませてください。私ついていけません。

さて上半身を鍛える筋トレメニューをぞろぞろ書いても仕方が無いので、端折ります。
後半は師匠の提案で、超軽めの打ち込みをさせていただきました。師匠はほぼ全力で100回、私は軽めなのでフォームチェックをしながら150回させていただいた。これだとほとんど痛くない。
ここで注意を受けたのが、
「あなたは背が高いから、しんどいけどもう少し低く入ってみて。そうすると当たりの場所も低くなるから、相手を崩すのも楽に出来るよ」
で5センチ低く入ってみたら、足に痛みが走った。師匠すいません、低く入るフォーム矯正はもう少し治ってからお願いします。
残りは柔軟と体幹トレーニングをしながら、乱取りを見学させていただきました。

更衣室で話題になったのが、シックスパック。
「下半身の運動が出来ない私は、腹筋を鍛えてシックスパックを目指したいです」
と、冗談半分にY崎先生に言いますと、先生は指をさして、
「あの子のようにですか?」
そこには練習に来た西尾○高校柔道部員が着替えており、見事に6つの割れた腹筋であった。
「先生、信じられないと思いますが、私も高校時代はあんなんだったんですよ(←ほんまかいな)。でもこの年で腹筋割れたらかっこいいでしょうね」
かつてスポーツマンだった中年男性は、今や見る影もありません。私も横腹がベロンと垂れ下がっております。どんだけ運動しても横腹が出る。しくしく。
シックスパックが出来るぐらいの体脂肪は、多分10%切ってると思いますので、逆に受け身が出来ずに苦しくなると思います。
そう考えると、横腹が出てるのは正しいのだ!・・・言い訳。

格闘技が好きでハマってしまった中年の同志の方は、下のバナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へ
にほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 軽めの大腿二頭筋肉離れでした | トップ | 生の三味線を聞きながら空手... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。