48歳の中年オヤジ 柔道を始める

48歳の中年おやじが柔道に挑戦!と思ってたら、いつも間にか黒帯になりました。中学生相手に老骨鞭打って稽古をしております。

アニソン歌いながら奥矢作湖を一周する

2016年10月17日 23時55分47秒 | 矢作川全制覇ラン
10月16日 奥矢作湖を一周する

豊田に行く用事がありましたので、ついでに「矢作川全制覇ラン」の続きをしに行ってきました。
今回の目的は、奥矢作ダム湖の一周です。ダム湖だけだと一周12キロなんですが、出来ればもっと先の岐阜県恵那市上矢作町小田子集落まで行ってみたい。
豊田市内の道路では、あちこちでジョギングされておらえれる方と沢山すれ違いました。豊田市の市街地から山間部に入ると、ロードレーサーが凄い数。200~300台ぐらいとすれ違ったかなあ。1台30万として9000万かあ!うははは。
ダムほとりの展望スペースの駐車場に車を置かせてもらいました。そこからまずは、ダムを渡って愛知県側の道を西上します。写真はダムから見た湖です。天気が良いのでむちゃ綺麗です。
さすがにここまで来るとロードは少ないです。かなりヒルクライムしないと来れません。逆にオートバイがものすごく多かった。
ダムの南側の県道は、地元民もほとんど使われない道なので、やたらコーナーを責めるローリング族(古いなあ)がおりました。
「うわあ、いやだなあ。こんな奴らが通る道でジョグするのかよ」
と嫌々走り出したのですが・・・。
駐車スペースでたむろしてるローリング族は・・・30~40代のおっさんばかりであった(笑)。おっさんが多いので、私の横をバイクで駆け抜ける時は、スピードを落として通ってく。
おっさん歩行者に気使ってんじゃん(笑)。
若い頃はブイブイ言わせてたバイク野郎も、年取ると丸くなるんだなあ(笑)。
ある記事で読んだのですが、最近の若い人達のバイク離れが凄いらしいですね。我々が若い頃なんて結構皆乗ってましたが、今ではそうでもないようです。
支流を跨ぐ橋を渡って、矢作湖をてくてく進んで行きます。奥のほうは路面がつぎはぎなのでローリング族も来なくなりました。適度なアップダウンがあるのですが、それを目当てのロードバイクの兄ちゃんがダンシングしております。
のどかだねえ。気温もちょうどよい。湖を挟んだ反対側の道は生活道路らしく、車の通る音が時折聞こえてきます。でもこっち側は時々オートバイとすれ違うくらいです。
突然同じウエアと同じバイクのお揃い5人が、これまたお揃いのカラーリングのワンボックスと、ダムに向けて駆け下りて行きました。ロードバイクの実業団チームの練習みたいです。速すぎて写真撮れなんだあ!
矢作湖に注ぎ込む支流を利用した、水力発電の導水トンネルです。こういうのが幾つもありました。
そのままどんどん進んで行きます。1時間半ほど走ったところで、集落にぶつかりました。愛知県豊田市押山という集落なんですが、細い川(矢作川)を挟んで向こう側の集落は、岐阜県恵那市小田子集落。山間の小さな集落の真ん中に、県境が横たわっております。面白いです。
その真ん中の橋の下には、「押川大滝」がありました。観光客が2人ほどいた。この滝も半分は愛知県、半分は岐阜県です。
まあここが折り返し地点ですね。
集落から橋を渡って北側を行く予定でした。地図上にある細い道を1キロほど進んで行くと、藪で道が塞がれ落石がごろごろ転がっておった。100メートルほど藪漕ぎで進むが、全く前が見えないようになったので撤退。ちくしょう!負けた!
折り返して県道から川沿いに進んで、再び矢作湖を東進していきます。
時刻も3時を越えてきました。だんだん日差しが弱くなっていきます。結構肌寒くなってきた。
この頃になると疲れが出てきたので、アニソンを歌いながら走ってました。バイクと車しか通らないので、音痴の私でも堂々と歌えます。
「♪YOU ARE SHOCK!」・・・北斗の拳であった。
「♪オーラロードが開かれて~」・・・ダンバインである。
「♪倒れたら立ち上がり~、前よりも強くなれ~」・・・宇宙刑事シャリバンである。
「♪行け荒野を、おいらボクサー」・・・力石徹のテーマソングだ(←皆知らんやろ)
「♪光る海、光る大空、光る大地~」・・・エイトマンは永遠である。
「♪俺は涙を流さない、ダダッダー!」・・・言わんでもおっさんはわかる。
「♪きゅーんきゅーん♡きゅーんきゅーん、私の彼はパイロット~」・・・リンミンメイ・・・あほかあ。
先日の海底トンネルランでは、距離が短かったのでたった2曲しか歌えなかったのだが、本日はたっぷり歌えた。
出発して3時間20分でぐるっと1周してきました。距離にして23キロでした。
こんなルートです。「奥矢作湖一周」で検索すると、ロードバイクは結構出ますがジョグはありませんでした。たぶん少数ですが何人かの方が一周ジョグをされていると思いますが、記事は私が一番最初(笑)。
古いアニソン歌いながら矢作ダムを走ったのも私が一番(笑)。
これで茶臼山の源流までの3/4を走ったことになります。ただしここからは傾斜がきついので、1回に走る距離が少なくなる(笑)。果たして今年度中・・・は無理か。

ランキングに参加しております。よろしければ、下の柔道バナーをクリックしてね。
にほんブログ村 格闘技ブログ 柔道へにほんブログ村
『格闘技』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 顔面有り状況下での蹴り足キ... | トップ | いつもマラソン大会の時には... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。